ブルベ

2017年8月 6日 (日)

BRM729釧路湿原400kmに参戦 おまけ

一応参戦記終わりましたが、その他のことも記録しておきます。

まずは、納沙布岬のモニュメント。

Dsc_0465


写真でよく見たことあるモニュメントです。望郷公園の中にありました。

これで、日本の北端と東端を制覇しました。(南端、東端に行く予定はありませんが・・・)

ブルベ終了後の行動。

9時頃、旅館八芳園に帰着。

さっそく、お風呂に入り、汗を流しました。(最初シャワーだけという話でしたが、お湯も入ってました。温まりました。ありがとうございます。)

その後、部屋に帰り、ぐっすり睡眠。

12時前に出るはずでしたが、起きたら12時30分でした。

3時間熟睡しました。600kmブルベでも、熟睡できる自信がつきました。

もう、疲れていたらどこでもどんな環境でも寝れる気がします。

旅館の方にお礼を言ってチェックアウト。

それから、釧路市内で昼食。

初めての街では、カレーを食べることにしています。

住吉町の黒魔術さん。

Dsc_0472


スパイスが効いていておいしかったです。

満足して、帰路につきます。

6時頃着いて、夕食。その後また、ぐっすり眠りました。

今後の参考のため、走行データも記録しておきます。

□ガーミン走行データ

走行距離  402.96km

走行時間  21時間3分43秒

経過時間  25時間20分3秒

        (停止時間 4時間16分20秒)

平均速度  19.4km/h

消費カロリー 12,476 kcal

高度上昇値 2,903m

最低気温 13℃

最高気温 23℃

以上です。自分としては、おおいにスキルアップできた遠征ブルベでした。

次回の出場時に役立てたいと思います。

参加を考えている方にアドバイスとしては、釧路ブルベは、真夏であっても春、秋のイメージで準備したほうがいいかもしれませんね。

また、霧対策(濡れる、ライト点灯期間長い)が必要です。

お薦めは、寂寥感あふれる風景。写真などが上手だと伝えらえるんですけどね、まあ、自分で味わってみるのが一番ですから、機会がありましたら、ぜひとも参加してみてください。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2017年8月 5日 (土)

BRM729釧路湿原400kmに参戦 その3

釧路湿原ブルベ、最終回となります。

午後7時に納沙布岬を後にして、再び根室市街地へ向かいます。

ここからナイトライドになります。

Dsc_0466_3

ガーミンくんは、モバイルバッテリーをつないで、明るく光っております。

ナイトライドに欠かせないのは、ライト。

今回は、キャッツアイVOLT1600と、単三電池6本使用のライトを搭載。

しかし、電池式のライトはダメダメでした。ほんのりしか明るくならず、夜道を照らしてくれません。結局ほぼ使わず。

本体の6本の電池と予備で持っていった6本の電池の重さは無駄になりました。まあ、数十グラム、いや数百グラムのことなんですが、なんか悔しいです。

VOLT1600のほうは、LOWモードにして使用。一晩使っても、電源切れになりませんでした。

でもさらにもう一晩となると厳しいようです。第2ライト導入については、また考えねばなりませんね。

午後8時に再び根室市街へ。コンビニで水分補給、ついでにでかプリンで糖分補給。

次のPCポイントまで31.5km。また夜道を走ります。

Dsc_0467

このへんから霧が濃くなり、視界不良。

「じり」と言うのですか。霧と霧雨の中間みたいな状態。

走っていると視界の隅に亡霊のようなものが現れます。それがだんだん範囲が広がり、おおわれていく感じ。

立ち止まって眼鏡を見てみると、水滴がびっしりついています。

おまけに道のわきには、たくさんの動物が潜んでいるような気がします。

まあ、実際潜んでいて、きつねやタヌキやシカにも遭遇しました。

出来れば集団で走りたいところですが、周りにブルベライダーさんは、見当たりません。

不安な気持ちで走り、午後10時18分。セブンイレブン厚床店に到着。

Dsc_0468


ここでは、いなりすしとカップみそ汁を補給、オールナイトライドに備えます。

ここで、リカンベント集団(5~6台)さんが追いついて来ました。根室で夕食休憩をしていたみたいですね。

わずかな休憩で、また夜の暗闇に消えて行きました。遠ざかる赤いテールライトが印象的でした。

出来れば付いて行きたいところですが、スピードが違うので自重します。

ゆっくりマイペースで行くことにしました。

またまた夜道の単独行です。

霧多布では、通過チェック3ポイントがあります。

深夜の街に入り、看板撮影。

Dsc_0469_2


ルパン3世。

モンキーパンチさんは、この町の出身らしく、ルパン関係の看板が他にもあるそうです。

霧多布は、名前の通り、霧に覆われていました。

ここまで、ちょうど300km。あと100kmとなりました。

私にとって、未知の距離になります。

つらいだろうなあと思いましたが、やっぱりこの辺はつらかったですね。

次は、昼間通った海岸沿いの道を厚岸まで戻ります。

海岸沿いといってもほぼ山ですから、アップダウンの繰り返しです。

ここで、お尻と手の痛みがピークに。

スタンディングならなんとか出来るので、スタンディング多めにして坂を登ります。

でもずっと続けることもできないので、痛いお尻をがまんしてペダルをこぎます。

この辺、下り坂の記憶はほぼないのですが、登り坂の記憶だけが残ってますね。

坂の途中の公共トイレがあったので、立ち止まり、トイレでお尻にクリームを塗りました。

でも、結局我慢してお尻感覚を麻痺させるしか手段がないんですよね。

かなり時間がかかりましたが、その魔の数十キロを乗り越え、再び厚岸町へ。

市街地を抜け再び国道44号線に戻ってきました。

ここで夜が明けて来ました。たぶん午前4時か5時くらいかな?

今度は眠い。一晩中走ってきて疲れから眠気が出てきたようです。

夜じゃなくて明るくなってから眠くなるもんなんだなと思いました。

スピードは極端にダウンし、平地でも10キロ~15キロほどだったように思います。

「おぼろ」というところから、国道44号線を南下。

釧路市街まで海岸線を行きます。

海岸線と言っても山ですから・・・。

海抜0メートから、どんどん登って行きます。まあ、数十メートルは登るだろうと思っていましたが、この道、延々と登りです。

後で調べてみたら200mくらいあるんですね。

ここコースで一番の高低差がありました。知ってたら覚悟もしたんでしょうけど・・・。

心が折れました。「登り坂で足がついたら負け」と思っていましたが、とうとう負けました。

歩きましたよ。それも何回も。

歩いてみると、無理して登っているスピードとそれほど変わらない。

歩くのもありかなと思いました。

この第一の坂がつらさのピークだったかもしれません。

頂上まで登ってダーと下って、最後のチェックポイント。

Dsc_0470


「オシャマップ」の看板撮影。ここまで365km。時間は記録していないので不明です。

さらに海岸線(山です)を何度も上り下りし、昆布森に到着。

ここからは、ほぼ平坦だったと思います。

釧路市街地に入り、あと15キロほどとなり元気も出てきました。

市街地をさっそうと走ります。余力ないものと思っていても、ゴールが見えると力が出るものですね。

Dsc_0471

午前8時22分、ローソン釧路北大通店に到着。

25時間22分で、ゴールです。400kmを走り切ることが出来ました。

ばんざーい!

このあと、牛乳、からあげなどを食べてから、ホテルパコのゴール受付へ。

Dsc_0473

スタッフさんから、完走メダルをいただきました。昔は送られてくるまで時間がかかりましたが、今はすぐもらえるんですね。

スタッフの皆さん、一緒に走ってくれた皆さん、お蔭で400km走り切ることができました。ありがとうございました。

走っているときは(時に登り坂が続くとき)、もうブルベ走りたくないと思うんですが、時間が経つと、また走りたくなるもんですね。

来年は、還暦を迎えます。今年の経験を生かして60歳の記念に600kmを走ってみたいななんて思っています。

今年のブルベは、200km、300km、400kmと走ってきて、おしまいにしたいと思います。

また、来年新たな挑戦をしたいと考えてますので、ブルベ仲間の皆さん、よろしくお願いします。

このシーリーズ完了です。

ご愛読ありがとうございました!!

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2017年8月 2日 (水)

BRM729釧路湿原400kmに参戦 その2

PC1標茶町を出発して、釧路湿原を南下、厚岸町を目指します。

今回は、車検が早い方だったので、4番目くらいで出発しました。その後、速い方にどんどん抜かされていくという展開。

起伏のある坂をアップダウンしていると、後ろから福岡からいらっしゃったリカンベントさんたちが追いついてきました。

リカンベントは、あおむけに座り前方のペダルをこぐ自転車で、初めてブルベで走っている姿を見ました。

これがなかなか速いのです。登り坂では、少々苦労するみたいですが、平地では、ノーマルバイクよりかなりスピードが出ます。

やはり空気抵抗がだいぶ軽減されるようです。登り坂でやっと追いつくという感じで、リカンベント自転車の優秀を十分感じることが出来ました。

厚岸の町まで、リカンベント集団は、さらに増え、5台くらいの集団になって進みました。

当初、厚岸の街で昼食と思っていたのですが、まだ11時前だったので、次のPCまで止まらずに行くことにしました。

厚岸の大橋を渡り、街中に入り、さらに海岸沿いの道を行きます。で、海岸沿いと言ってもかなりのアップダウンが続く道でした。

海じゃない~、山だ~、という道です。

この道、実は40年ほど前高校生の時に自転車旅行で通ったことがある道です。でもあまり見覚えがなく、こんな道だったかなあと思いながら進みました。

たしか、40年前は、舗装されてない部分が多く、パンクを3回もしたことを思い出しました。

さて、リカンベント集団さんは、歴戦の勇士たちなので、このままついていっては、後半脚がもたないと判断して、別れてゆっくり行くことにしました。ここからほぼ単独行に。

ここは、天気が良いと太平洋が見渡せる良い場所のようですが、この日は、雨は上がりましたが曇り空。霧が立ち込めるような天気で、眺望はさっぱりでした。

Dsc_0461

このような人気にない道をひたすら前に進みます。

坂道と格闘すること数時間。12時40分、PC2センコーマートいしばし店に到着。

ここまで121km。

Dsc_0460


近くに大きな町もないようなので、昼食はコンビニ飯で。ホットシェフのカツ丼をいただきます。まあ、これはこれでおいしかったですけどね・・・。

休憩もかねて30分以上ゆっくりしていました。

さあ、あとは根室半島一周の旅です。

根室までの道は、北太平洋シーサイドラインというんですね。

霧も深くなり、寂しげな情景が続きます。

根室本線と平行しているところも多く、ぽつぽつと無人駅が現れます。

う~ん、寂寥感満載ですね。旅の写真集などに出てきそうな風景です。

そんな中を進み、16時00分、172km地点、根室半島の付け根の落石町に到着。

懇親会でも話題になりましたが、この町は、あの有名なTVドラマ『北の国』において、大人になった看護婦の蛍ちゃんが、不倫相手の医師と逃避行の末、落ち延びてくるところ。

まさにイメージにぴったりな感じのところでした。遠くまで来たんだな~としみじみ感じさせてくれます。

ここはチェックポイントになっていて、「落石岬」の案内板を写真に撮ることなっています。

Dsc_0462


パチリ。

この後、近くの自販機で水分補給。

ここから20kmほどで根室市街地へ。納沙布岬先端まで行って帰ってくるとさらに40kmかかるので、ここで夕食休憩することにしました。

17時30分頃、コースをはずれて、適当なラーメン屋さんへ。

全然調べてなかったので、飛び込みで入りました。

Dsc_0463


写真を撮ろうと思ったときには、ほとんど食べてしまってました(笑)

お客さんがほとんどいなかったので、お店のご主人と談笑。

まずは、ブルベとは何かから説明しましたよ。根室のブルベ理解者を一人増やしました!

夕暮れせまる中、ここからはライト点灯!

走ること1時間あまり、19時00分、215km地点、やってきました!本土最東端、納沙布岬!

ここのチェックポイントは、「望郷岬公園」の門碑を撮ること。

Dsc_0464

パチリ。

ここでも、観光で来てきた方と談笑。

「ブルベとは・・・」とまたまた説明。またブルベ理解者を増やしましたよ。

地味に普及活動しています(笑)

ここまでだいぶ来て、200kmも走ったので、もういかあな~と一瞬思いましたが、帰る術もないので、帰路につくことにしました。

いざ、釧路へ。

ナイトライドの始まりです。

まだまだ旅は続く・・・。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2017年7月31日 (月)

BRM729釧路湿原400kmに参戦 その1

今年3回目のブルベに参加して来ました。

200km、300kmと来て、今回は400km!

生まれて初めての400kmです。

Photo

コースは、こんな感じです。釧路湿原を走ってから根室へ、海岸線を走って釧路に帰って来きます。

ランドヌール札幌さんが主催です。

400kmというと、まる1日いやそれ以上寝ないで走らなければなりません。

優游にとって、とってもハードルが高いのですが、ぜひ出てみたいと思っていました。

さて、釧路市は住んでいるところから3時間くらいで行けるのですが、出発が釧路駅ということで、ホテルで2泊としました。

でも、ホテルを探しても前日の金曜日から満杯。

観光まっさかりですからね。ないですよね。

で、駅近くの旅館をあたる。

ありました。旅館八芳園さん。駅まで徒歩5分くらい。

昭和感たっぷりの旅館でした。(写真は撮り忘れました)

おかみさんは、「自転車(のイベント)で行く」と言っていたので自転車で釧路まで来ると思ってたみたい(笑)

説明して、無事車を泊めることが出来ました。

「釧路から根室まで400km走る。2日目はほとんどいない。朝帰って来て、風呂に入って寝たい」と説明。

ブルベって一般の人には浸透してなくて、説明するのに一苦労しましたが、風呂も寝るのもOKということになりました。

「私、日曜日にはいないと思うけど、勝手にやってて・・・」だって。おおらかな八芳園さんでした。安いし、今度釧路に行くときには、また泊まろうと思います。

駐車スペースも何台分かありますし、場所もいいですよ。

さて、7月28日(金)、懇親会も参加しました。

このような自転車関係の懇親会に出るのも初めてです。

雨の降りしきる中、釧路の繁華街にある「ちゃりんこ」さんへ。

ちゃりんこって、ここも自転車に関係あるのかしら?

Dsc_0456


参加は、10名ほどでした。九州から参加の方が3名ほど。

あちらは、毎日気温35℃、夜も気温下がらず、湿度も90%を超えるとか。とにかく北海道は天国みたいなところだとのことでした。

途中から、東京から来た若い女性の方が参加。雨の中を釧路市内まで自走して来たとか。

すごいですね~。

あとは、ランドヌール札幌関係の方々。

飛び交う話が、1200kmとか2400kmとか、ちょっと次元が違う・・・と思いました。

でも、コース設計者さんの話とか聞けてよかったです。

とにかくこのコースは、寂寥感満載ということでした。

「ぜひ霧を味わって欲しい」とのこと。

そんな話を聞きながら、釧路のおいしいものを食べて、ビール、焼酎などを飲み、9時頃お開きに。

コンビニに寄り、明日のものを買って、旅館へ。

この後、旅館にあったマンガ「軍鶏」が面白くて、ついつい4巻から12巻まで読んでしまいました。

(1巻~3巻はなぜかなかったのよ)

格闘マンガなんだけど、圧倒的に実力差にあるチャンピオンに臨むとい話で、優游が400kmブルベに臨む心境と同じでしたね~。(まあ、主人公は手段を選ばすというこれでもかというくらいクズなんですねどね・・・)

とそんなこんなで11時過ぎてしまいまして、あわてて寝ました。

当日29日。4時30分頃起床。いろいろ準備して6時ちょっと過ぎに釧路駅に。

6時半受付開始。30名くらいエントリーしていましたが、参加は20名ちょっとくらいだったかな。

Dsc_0457

汽車の車輪がある釧路駅。

Dsc_0458

本日の装備。ボトルは1本。フロントバッグ+サドルバック。

天気は雨。そんなに強くない。1時間くらいで上がる予想。気温は17℃くらいだったかな。

ということで、着替えなどを減らして、できるだけ軽量化を図りました。

雨なので上だけレインウエアを着たのですが、多くの方は、雨が上がるのを見込んで、レインウエアなしの方が多かったですね。

後でわかりましたが、レインウエアを着ていると、雨が上がっても、中のウエアがなかなかか乾きません。なので、いつまでもじめじめした感じで走ることになります。

今のウェア速乾性があるので、走りながら乾かすのがいいんですね。勉強になりました。

で、6時45分頃、ブリーフイング。車検の後、釧路駅を出発します。

南風に乗って、標茶町に向かって快調に走り出します。

1時間ほど走ったところ、ブルベ名である、釧路湿原が開けます。

とってもきていな河だなあと思ったんですけど、これらは湖や沼だったんですね。

停まって写真を撮るゆとりなくて通り過ぎましたが、今度ゆっくり来て風景を楽しみたいなあと思いました。

で、9:04センコーマート標茶店に到着。ここまで47.3km。

この区間。いちばん平均時速が速かったと思います。

まだ元気だったのと、南風が背を押してくれたからでしょう。

Dsc_0459


カレーパンとコーヒー牛乳で補給。

雨は止みました。レインウェアを脱いで、いよいよこれからが本番です。

次回に続く・・・(3回くらいに分けて報告します)

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2017年7月22日 (土)

BRM716北海道300km北見に参戦 後半

弟子屈町を出発して、中標津町の開陽台を目指します。

なかなか調子が上がらず、平均速度の10km/hちょぼちょぼ。

雨も降り出し、だんだん激しくなってきます。

レインウェアを着こみ、開陽台の坂を登ります。

最後は10%以上の坂を登り、やっと頂上へ。ここまで145.5km。

ここは、360°のパノラマがみられるところですが、雨でまったく見えず。

また、疲れ切って見る気力もありませんでした。

ここは、有人チェックポイント。スタッフに方のチェックを受けます。

聞いたところ、走っている中で最後尾とのこと。

完走できるか、不安になります。

ということで、この後、写真も撮る気力もなく、文字のみになってしまいますが、ご容赦ください。

坂を下って、ガーミン君の指示通り進みます。どっちの方向に進んでいるのかわかりませんが、とにかく前に進んでいます。

16時6分、PC2中標津町セイコーマート計根別店に到着。ここまで165.8km。

緑のたぬき、ツナマヨのおにぎりで栄養補給。

その他、チョコレート、塩アメなどを補給。

ここからは北上。裏摩周展望台を目指します。

この辺もやけにきついなあと思っていたのですが、改めてデータを見てみると、500mくらい登ってます。

登っても登ってもまだ登りがある感じ。

清里峠を過ぎて左に折れて2kmほどさらに登り。

途中2度ほど休憩を取り、やっと着きました。裏摩周展望台!

Dsc_0436


雨のため、何も見えず(泣)

おまけに霧の摩周湖というだけあって、視界も不良。

ここでライト点灯。いったん上がった雨もまた降り出してきました。

ここから国道を通って清里町、さらに小清水町へ。

やっと下り基調になり、スピードも上がってきました。

しかし、雨はけっこう激しくなってきました。

雨中のナイトライドを続けること数時間。

最初のほうは、気温高めで、雨に濡れても大丈夫でしたが、夜になり気温も下がり、寒く感じてきました。

道の途中で止まり、持ってきたウェアに着替えます。

国道244号線に突き当り、あとは網走まで26km。

普段なら1時間あまりのなんということない距離なのですが、疲れていると遠く感じます。

海岸線をぐるっと周り、22時29分、PC3網走大曲店に到着。ここまで259.8km。

もう夜もふけて来ています。ブルベ仲間も誰もいませんでした。皆様、だいぶ先行しているようです。

この時、体が冷えてきていたので、暖かい飲み物、ジョージアエメラルドマウンテンがとてもおいしく感じられました。

その他、クロワッサン、から揚げ君などを補給。

ここから国道39号線を女満別方面へ。

美幌の町道を走っている時、メインライトのキャッツアイVOLT1600の電池が尽きてしまいました。

ちなみにこのライト、明るくてすばらしいです。

でもモードが間違えてしまったのかゴールまでは持ちませんでした。

途中、充電もできないようなので、ライトについてはまた考えねばなりませんね。

美幌から津別へ入り、活汲で右折。

朝来た道を戻ります。

登り基調ですが、あともう少しということでがんばります。峠を越えてあとは下り。

日付をまたいで1時21分にゴールです。

時間は、19時間21分。20時間が制限時間なので、ぎりぎりでした。

受付でチェックをして、無事終了。

この後、頼んでおいた「オツカレー」を食べました。

あまり量は食べれなかったけど、とってもおいしかったです。

この後、お風呂上りの土屋さんと再会。

聞くと11時頃ゴールとのこと。2時間くらい差が開いてしまいました。

今回のブルベ、思うように走れず苦しかったですが、夜の雨のライド等、貴重な体験をすることができました。

雨でもけっこう走れるものだと実感しましたので、今後に生かせそうです。

次回は、ランドヌール札幌さん主催の7月29日釧路400kmに参戦予定です。

こんな調子では、走り切れるか不安ですが、なんとか今回の経験を生かして完走したいと思います。

参加の皆様、主催様、またよろしくお願いしますね~。

□ガーミンデータ□

平均速度   18.8m/h

高度上昇値  2,471m

最高高度   752m

消費カロリー 9,205kcal

最高気温   35℃

最低気温   15℃

Dsc_0438

ブルベ後のQシート。

雨でほとんど読めなくなっている。

激走の様子がわかります。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

BRM716北海道300km北見に参戦 前半

7月16日(日)に、地元北見300kmブルベに出場しました。

今年2回目のブルベです。

Kitami300km

最初は、前日に行われた200kmに出場しようと思っていたのですが、お友達の土屋さんから「新しいコースの300kmの出よう!」とのお誘いを受け、こちらに参加することにしました。

朝4時頃起きていろいろと準備。5時過ぎに車で出発会場の若松自然休養村へ。

20分あまりで着いてしまいます。これが地元開催のいいところですね。

Dsc_0429

受付をして5時30分から、ブリーフィング。その後、車検、出発となりました。

でも、一緒に参加するはずの土屋さんが来ない!

出発間際になって、やっと来ました。聞いてみると、7時出発と勘違いしてたのこと。

ブルベは、7時出発が多いですからね。でも確認しましょうよ~。

土屋さん、まだ準備がかかりそうなので、ゆるゆると先に行くことにしました。

若松から活汲峠を越えて津別町へ。

活汲からは、国道240号線を南下。阿寒へ向かいます。

240号線に出たところで土屋さんが追いついてきました。土屋さん、今回はDi2搭載のニューマシンで参加です。

なんか、毎年1台買っている~。うらやましい限りです。

私の方も、ささやかにニューアイテム導入。

Dsc_0437

ガーミン520Jです。ブルベのルートラボデータをコピーして入れると、現在どの地点に居るか示してくれます。

使ってみて、とっても便利でした。電池持続時間が12時間だったかな。でもモバイルバッテリーで途中充電して、最後までしっかり持ちました。

400kmでも600kmでも、たぶんモバイルバッテリー1本でなんとかなりそうです。

津別市街をぬけ、相生からは徐々に登り。

Dsc_0430


釧北峠。ここからやっと下り基調。

8時56分、61.7km、阿寒湖セブンイレブンに到着。

Dsc_0431


これから、今回の最高標高750mの山越えがあるので、アンパンで補給。

このあと、土屋さんには「追いつくから、先に行っていて」と言って、ライトのホルダーが簡単に緩んでしまうので、調整をしました。

ライトがかなり重かったので、今回選択したのホルダーは役不足でした。次回はライトの固定について考えねばなりません。

さて、弟子屈町へ向けて峠越えです。

けっこうがんばって登りましたが、土屋さんに追いつけず。

結果、この後一度もゴールまで土屋さんの姿を見ることはできませんでした(泣)

Dsc_0432


双岳台。標高750m以上です。雌阿寒岳だったかな?

写真では、わかりずらいですが、かなりいい景色です。

このあと下って弟子屈町市街へ。ここまで約100km。

145kmの開陽台を目指しますが、ペースが上がらず。

この日は、かなり気温が高く、熱中症みたくなってしまいました。

前日も、北見は猛暑で最高気温は36℃!

この気温の中で昼は野球観戦、夜は前の職場のメンバーが集まり飲み会とけっこうハードなスケジュールでした。

加えて、気温が高い中の山登りと、疲れが一挙に出たようです。

ということで、前に進む気力をなくして、弟子屈市街の道の駅で休憩することにしました。

水をたくさん飲み、屋台で売っていた「焼き鳥」と「焼きそば」で栄養補給。

Dsc_0433

近くに足湯もあったので、足だけ温泉でまったり。

Dsc_0434

この足湯、けっこう温度が高いです。

と、しばし休憩して、40km先の開陽台へ出発。

でも、体調回復せず。登り基調になってきたこともあり、時速10km/h少ししか出ません。

おまけに、天気予報通り雨も降ってきます。

あと2/3もあるのに大丈夫だろうかと不安になります。

引き返す距離でもないので、ペースは速くなくても前に地道に進むことにしました。

大丈夫か、優游・・・。

後半に続く・・・

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2017年7月 2日 (日)

BRM618北海道200km新十勝に参戦 後半

PC2 上士幌市街を出て北へ向かいます。

目的地はチェックポイントの「ナイタイ高原牧場」。

よく地元の方が、鍛錬の場として登っている場所です。

Dsc_0400

牛がたくさんいます。

7~8kmくらい登りが続くのでさすがにきついです。

登り切った方がさっそうと降りてきます。とってもうらやましい気持ちですれ違います。

いつものことですが、ペダルを踏まなければこの苦しみは終わらないので、頑張って一歩一歩登ります。

13時34分、やっと頂上に到着。ここまで、111.5km。

眺めがいいです。十勝平野が見渡せます。

Dsc_0401

ここでのミッションは、あるアイスの値段を確認すること。380円だったかな?

一休みでアイスをいただきます。バニラ味。

Dsc_0403


おいしいです!

休憩の後は、ビューンとダウンヒル。

ブレーキをかけないと危ないです。坂の勾配かなりきついことを実感します。

後は、平地走行と思いきや、もう一ヶ所登りが用意されています。

士幌高原ヌプカの里。ここも6~7kmの登りです。

こちらに向かう途中で、コースを間違えてしまいました。

つき当たってから7kmほどで到着なのですが、なかなかつき当たらない。

スマホで調べてみると、右に曲がるところで真っ直ぐ来てしまったようです。

しかたないので、道なりに進むと、ヌプカの里まで10kmの標識を見つけました。

かなりの遠回りしてしまいました。余分に走ること10km!!

坂を登るためにとっておいた体力を使い果たし、かなりのスピードダウン。

心が折れてしまいました。

それでも前に進むしかありません。坂の途中で2回ほど休みを入れ、目的地のヌプカの里に到着。ここまで1391.8km。私のサイコンでは150km越えをしていました。

時間は記録していないので不明です。

Dsc_0404


ここでのミッションは駐車場の数字を確認すること。2番ですね。

ボトルの水をすべて飲んだので、ここで水道で水を補給しました。

またビューンとダウンヒルして、その後は広い十勝平野を西へ。10km走った後は南へ。

鹿追町を目指します。

17時15分、PC3 鹿追セイコーマートに到着。ここまで169.8km。

Dsc_0405


あと30kmほどで終わりですが、ブルベはここからがなかなかつらいところです。

帯広へ向かう道々54号線を20kmほど走るのですが、これがアップダウンをひたすら繰り返す道でした。

疲れてくるし、なかなか楽をさせてもらえません。

帯広市街地に入っても帯広の森は遠い。

暗くなってきたので、ライトを点灯して、ゴールを目指します。

そして、19時13分、帯広の森アイスアリーナに到着!!

203.1kmを走り切りました。上士幌でうろうろしたのとヌプカの里で迷ったので、実質走行距離は、220kmくらいになっていました。

Dsc_0406


ゴール受付をしてから、恒例のインデアンカレー。

Dsc_0407

ハンバーグカレーを注文。おいしかったです。

いつ来ても、インデアンさんはにぎわっています。十勝のソウルフードですね。

この後高速に上がり、北見に23時過ぎに到着。

お風呂に入ってぐっすり寝ました。

この日は、22時間くらい活動したことになります。大変疲れましたが、完走したので大満足です。

次回は、北見300kmに参戦予定。地元なので、道を間違えづらいとは思うのですが、中標津町は行ったことがない。どうなることでしょうか。

参加者の皆さん、またよろしくお願いします。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2017年7月 1日 (土)

BRM0618北海道200km新十勝に参戦 前半

お久しぶりです。

赴任先にPCがないと、なかなか更新がままなりません。

でも、時間が経つとブルベに出たことさえ忘れてしまいそうで、だいぶ経ちましたが記録しておきます。

TREK号になってから初めてのブルベ、AJ-北海道さん主催のBRM618新十勝に参戦してきました。

Sinntokati


昨年までは、海ルートでしたが、今回は山ルート。そのうえ見晴らしの良いところから十勝の風景を見せてあげたいとの主催さんの優しい(?)こころづかいからか、やたらに登る時間が長いコースでした。

苦労しながら、12時間15分程で完走することができましたので、その概略をお知らせします。

この日は、週末雨パターンから抜け出せて、良いお天気になりました。

北見の自宅から午前3時に出発。出発地点の帯広の森には、受付開始後の6時15分頃着きました。

もう少し早く出たほうがゆとりがあって良かったかな。

Dsc_0394


ブリーフィングの後、7時に出発。帯広特有の、朝肌寒く、その後どんどん気温が上がるパターンの天気。

出発時は、アームカバー、レッグカバー装着。

市街地をぬけて、十勝川温泉へ。7時58分、通過ポイント十勝平野展望台に到着。ここまで22.1km。

Dsc_0397

眺めがよろしいです。ここでは石碑に書いてある人の数字を記録するというミッションがありました。

早々に坂を下り、池田方面へ。このコースは、昨年も走ったことがあるので迷わず池田町へ。

池田駅を通り越して左に曲がり、PC1、有人ポイントに9時03分に到着。ここまで41.5km。

Dsc_0398

ここから田舎道をひたすら走り、本別を経由して上士幌町へ。

気温が上がってきたので、アームカバー、レッグカバーを脱いで、走ります。

Dsc_0399


PC2上士幌セブンイレブンに到着。ここまで95km。時間は記録がないのでわからないのですが、たぶんお昼頃。

いくつかお昼を食べるお店をチェックしていたので、上士幌の街をうろうろしましたが、全部お休み。

ブルベあるあるで、大きな町でないと日曜日はお休みが多いんですよね。ということで、セイコーマートがあったので、地べたに座ってコンビニめしになりました。

こんなことなら、さっきのセブンイレブンで食べとくべきだったと思い、ホットモットのかつどんを食べました。かつどん、十分おいしかったですけど、グルメが出来ずにちょっと残念でした。

さて、距離は半分来ましたが、新十勝コース、これからが本番です。

後半に続く・・・

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2016年7月20日 (水)

釧路湿原400kmブルべDNSのお知らせ

7月30日出発の釧路湿原ブルベに向けて、いろいろ準備をしていたところですが、諸事情によりDNSとすることにしました。

真に残念ですが、またチャンスあるかなと思います。

参加宣言をしていたので、この場を借りてDNSをお知らせします。

また条件が整いましたら、チャレンジする予定です。

それまで、走力アップ、体重減を目標に練習に励みたいと思います。

(これ、いつも言っているような気がしますが...)

2016年7月 1日 (金)

BRM730釧路湿原400kmにエントリー

ブルベを始めて3年。

1年目は、200km完走。

昨年は、300km完走。

そして、今年はいよいよ400kmに挑戦します。

この度、ランドヌール札幌さん主催のBRM730釧路湿原400kmにエントリーしました。

Photo


Photo_2


400kmのブルベは、600kmまでのブルベの中で一番、つらいと言われています。

車で行くのもなかなかはばかられる距離なのに、自転車で400kmも走る...。

自転車経験のない人に話すと、信じられなという反応です。

でも、こつこつと前に進んでいくと走れる距離なんですよね。

ぜひとも完走してみたいと思います。

昨年の300kmは、標高1000mを越える十勝岳クライムがあったので、帰路大変疲れて制限タイムぎりぎりでした。

前半200kmでどれだけ余力を残して、後半を迎えるかが勝負だと思います。

寝ないで走り、24時間くらいで完走したいです。

あと、出発が釧路駅だということで、車をどうするかが問題です。

最初は、ホテルで2泊と思っていたのですが、泊まらないのに1泊払うのはどうかなということで、駐車場かなって思っています。

そうすると当日朝出発して、ゴールしてすぐ帰るということで、30時間の車と自転車のデュアスロンになるのかな。

かなり過酷ですが、夏なので、眠くなったら道端でも寝れるかなと思いますので、大丈夫でしょう。

あと、このコースは、まったく走ったことのないコースなので、すごく楽しみです。

参加予定されているブルベライダーの皆さん、ランドヌール札幌の皆さん、よろしくお願いしますね~。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

日本ブログ村

無料ブログはココログ