ロードバイク

2016年10月29日 (土)

アルテグラDi2ってどうなの?


Dsc_0280_2

3号トレック号の最大の特徴は、電動変速器が搭載されていること。

電動変速ってどうなのと思っている方に説明していきたいと思います。

Dsc_0270_2


右のシフトレバー。

右のぎざぎざ部分に触れると、リアのシフトダウン。(ギアが軽くなる)

左の部分に触れると、リアのシフトアップ。(ギアが重くなる)

左のシフトレバーは、フロントの変速。

右と反対になっていて、外側に触れるとシフトアップ(ギアが重くなる)

内側に触れると、シフトダウン。(ギアが軽くなる)

電動じゃないときは、どっこいしょという感じの変速でしたが、電動は軽く触れるだけで、変速しますので、すごく楽です。

特にフロントは、すごく軽く感じますので、こまめに変速できます。

坂道などでは、今までは、面倒なので重いギアのままでいいやと思うことが多いのですが、電動だとすぐに変速していまます。

根性は身につかないかもしれませんが、長距離を走る場合、こちらのほうが楽だと思います。

Dsc_0271_2


シフトレバーからの電線は、ステムの下のこの小さな機械につながっています。

そして電線で、ディレイラーにつながっています。

ゴムバンドでとめてあるだけなので、ちょっとこころもとない感じなんですが、振動あってもとれないところをみると、これでもいいのかもしれません。

シフトレバーを長押しするとバッテリー状態が表示されます。

Dsc_0278_2


写真のように、緑色は正常。バッテリーが減ってくると、緑色の点滅、さらには赤色に変わるようです。

Dsc_0276_2


バッテリー充電は、このようなコードを使います。

コンセントに差して、片方を先ほどの機械の接続します。

Dsc_0274_2


バッテリーは、ダウンチューブの中に内蔵されています。ボトルケージとその下のふたを外して取り出します。

ここははずしたことがないので、形状は不明です。

で、1回の充電でどれだけ走れるかと言うと、わかりません(笑)

買ってから今まで1回充電しただけなので、たぶん1000km以上は走ると思われます。

Dsc_0275_2


ハンドル周り。

ブレーキワイヤー2本以外は、細い線になっています。

今までと比べるとすっきりしています。

Dsc_0272_2


フロントディレイラー。

Dsc_0277_2


リアディレイラー。11速です。

リアに大きなギアがついれいるので、プーリー間は幅広くなっています。

ワイヤーではなく細い電線でつながっています。

以上、簡単な説明でしたが、イメージつかめたでしょうか?

電動で注意す点。自転車屋さんが言っていたことです。

イベントなどで出かける時に車の後部に寝せた状態で自転車を積むときがありますが、何かのはずみでシフトレバーが押された状態になってしまうことがあるそうです。

そんな時、いざ走り出すと、バッテリー0で、まったく変速できないということになるとのこと。注意しなくちゃいけませんね。

まとめると、電動変速はいいですよ~。

今回は、アルテグラDi2の紹介でした。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2016年10月22日 (土)

2号ガヌー号をフラットペダルにしてみた

3号トレック号がメイン機種になったので、2号をガヌー号をどのように活用しようか考えました。

考えた結果、街乗り自転車にしてみようと思い、ペダルをSPD-SLペダルからフラットペダルにしてみました。

Dsc_0262

Dsc_0263


フラットペダルlをアマゾンで購入。

MADE IN JAPAN 三ケ島製、お値段1800円ほどです。

Dsc_0264


ペダルを取り外すには、ちょっと注意が必要です。

右側はみぎねじ、左側は左ねじになっています。

つまり右側をはずすには左に回す。(通常と同じですね。)

左側をはずすときは右に回す。(通常と反対です。)

ということで、頭の中で確認しながらはずします。

けっこうがっちりしまっているので、力技が必要でした。

ペダルってくるくる回るし・・・。

普通のスパナでもばずせるようですが、工具の中にけっこう丈夫そうなスパナがあったのでこれを使用しました。

苦労しながらも、なんとか取り外し成功。

で、フラットペダルを取り付けます。

シャフトの部分に「R」、「L」と表示がありますので、間違えないようにします。

Dsc_0265

黒のクランクに銀色のペダルということでちょっと違和感ありますが・・・。

乗ってみると問題なし。

普通の靴で乗れます。まあ、自転車としてはあたりまえの形なのですが、いつもSPD-SLパダルで乗っていたので新鮮です。

これで、ちょっとコンビニに、ちょっと郵便ポストにって思ったとき、気楽に自転車で行けます。

最近は、早朝ランニングしているのですが、その後にゆとりがあるときは、この2号に乗っています。わずか3kmほどですが・・・。

まだまだ2号も活躍させようと思っていますよ~。

とうとう初雪が降りました。今年の自転車スーズンも終了ですね~。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2016年10月16日 (日)

サドル交換 プロロゴ

3台目トレックくんの、サドル交換しました。

乗り心地は良くなったのですが、やっぱり長い距離乗るとお尻が痛くなるのは変わりません。

お尻通は、フォームと体重増が影響していると思うのですが、やはり痛みがあると楽しくないので、思い切って交換してみました。

Dsc_0255


買ったのは、プロロゴ ナゴ エボPAS ハードブラック/141mm。

Dsc_0254


Dsc_0259


最初からついてきたサドルは、BOMTRAGER AFFINITY ELITE。

上の写真だと右側です。

比べてみるとデザイン的に似ています。

違う所は、真ん中にみぞがあるところと、サドルのお尻が触れる部分が若干柔らかいところ。

あと幅が、138mmから141mmとなっています。

たった3mmなんですけど、いくらか違うのかしら?

Dsc_0256


横から見たとこと。

Dsc_0257


裏面。

Dsc_0258


後ろから。

Dsc_0261


取り付けたところ。

車体が差し色が青なので、本当はサドルも青がいいのですが、なかなか青が入っているサドルってなかったものですから、これにしました。

で、乗り心地の変化はというと、まだ30kmほどしか走っていないのでわかりません~。

100kmほど走ってみなければ、良さはなかなかわかりませんので、評価は来年度になりそうです。

でも、そんなにおいそれとは買えないものなので、当面はこれで行きたいとは思います。

サドル沼にはなるべくはまりたくないので・・・。

ロードバイクって、いろいろ部品の交換がきくところにも、楽しみがありますね。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2016年10月11日 (火)

紋別センチュリーランに参加して来ました

10月9日(日)、今年最後のイベント、紋別センチュリーランに参加してきました。

ハーフの部(85km)参加は、今年で4回目になります。

Dsc_0247


トレック号、イベント初参加です。

今年は、ほとんど練習が出来なかったので、のんびり走れればいいやと思ったのですが、さすがにたくさんの方が参加していたので、そうもいきませんでした(汗)

Dsc_0250


開会式。空はいい天気です。気温は10℃~15℃くらい。

会長さんのご挨拶。「このコースは、全部追い風です。」って嘘ばかり言っている(笑)

この日は、本当に風が強く、全コース向かい風に感じました!!

Dsc_0251


今年は、第3グループ。9時2分にスタートです。

スタート直後は、下り坂プラス体が元気でそれなりにがんばります。

滝上方面へ16~17kmほど進み、左折して坂道。

降り切ってから右折し鴻之舞方面へ。

ここから40km地点までが、登り勾配プラス向い風でめちゃくちゃつらかったです。

鴻之舞から、折り返して60km地点までは下り基調。

35km~40km位くらい出て、気持ちよく走れます。

60km過ぎから右折。紋別空港の裏を走ります。ここがまたアップダウンがけっこうあって、ここでエネルギー切れになりました。

ほぼここでは単独行となり、気力もなく・・・。

最後の国道も登りが多い。どんどん抜かれます。

へろへろでやっとゴールです。一応85km完走!!

Dsc_0252

12時31分!!

ゴール後1分ほど経っているので、タイムは、3時間28分というところでしょうか。

残念ながら、今までで一番遅いタイムでした。

参考に書いておくと、

2013年 3時間11分53秒 平均26.6km/h

2014年 2時間53分18秒 平均29.4km/h

2015年 2時間47分2秒  平均30.5km/h

Dsc_0253


2016年 3時間29分00秒  平均24.8km/h?

練習不足でも、3時間ちょっとくらいで走れると思っていたのですが、全然ダメでしたね。

やはり、それなりに練習しなければ走れないようです。

また、トレック号は、タイヤが28Cを履いているので、スピードを出すには不向きかなと思いました。

来年は、そこそこ練習してガヌー号でのぞみたいと思います。(こちらは23C)

さて、最近の朝の気温は、どんどん0度に近づいています。

自転車も乗れなくなる季節ですね。

体重も過去最高に近づいてきたことから、これからはウォーク&ランでダイエットに努めたいと思います。

「痩せるぞ!」と強く誓う、秋の暮れでした。

(いつも言っているって言わないでね。)

↓ダイエットがんばれという方はポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2016年9月25日 (日)

1号は売られていった、ドナドナ

我が家にロードバイク3台目が来たことを紹介しましたが、問題になるのは置いておく場所です。

よく何十台もガレージに並べているブロガーさんの写真を見ますが、我が家にそんな広いガレージはありません。

ましてや転勤族。物を増やせない事情もあります。

ということで、ロードバイクの楽しさを教えてくれた1号車なのですが、手放すことにしました。

Dsc01824

ルイガノCEN。

5年前に購入。たった1年間だけ乗ったに過ぎませんが、ロードバイクってすごいなって思わせてくれたバイクです。

人に譲るという方法もありますが、無理に押し付けても悪いので、リサイクルショップに売ることにしました。

ショップにロードバイクは売れるか聞いてみたところ、防犯登録を解除したものは引き取れるとのこと。

では、どうしたら防犯登録が解除できるのか調べてみると、防犯登録した時の紙と自転車の保証書を持って警察に行くと書いてあります。

で、いろいろと探してみたのですが、5年前の書類などいっさい見つかりません。全部ごみとして捨ててしまったらしい。

しょうがないので、近くの交番に連絡してみたところ、自転車本体を持っていけば、解除できるとのこと。

それなら、最初から交番へ行けばよかった...

で、近くの交番へ。

お巡りさんが、自転車の防犯登録の番号と車体番号を調べてくれて、交番の電話からある場所へ問い合わせ。

しばらくしたら、折り返し電話があって、これで防犯登録解除できましたとのこと。

住所、氏名など書類を1枚書きましたが、あっさり防寒登録解除できました。

全国的には、こう簡単に行かないところもあるようですが、北海道の警察は親切でしたよ。

それから、リサイクルショップに持って行き、防犯登録解除しましたという書類を書いて(自己申告制)、みごと売ることができました。

値段は3千円。かなり手間暇かかったわりには、お金にはなりませんでしたが、粗大ごみとして捨てるよりはいいですよね。

ルイガノCENが、誰かの手に渡り、また活躍することを願っています。

以上、1号は売られていった、ドナドナの顛末でした。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2016年9月19日 (月)

3台目

ブログを休んでいる間に、このブログで言えばかなりの重大ニュースがありました。

それは、3台目が我が家に来たこと。

買っちゃいました。ロードバイク3台目。

Dsc_0223


TREK DOMANE SL7

サイズは520だったかな。たぶん。

注文したのは、新シリーズが発表された6月ごろだったでしょうか。

来シーズンのモデルなので、乗れるのは来春かなあと思っていたのですが、自転車屋さんに来たのは8月末。

それからセッテングしてもらって、9月最初に我が家に来ました。

けっこう早かったです。

Dsc_0227


コンポはアルテグラ。

Dsc_0231


Di2です。電動というのに乗ってみたかった。

Dsc_0226


フロントもリアも Isospeed というものが採用されていまして、路面からの衝撃を和らげるシステムだそうです。

Dsc_0225


リアのギヤは11速。たぶん32-11.。

急な坂でも大丈夫。

Dsc_0229


タイヤは700×28。

23Cと比べるとかなり太いです。これも乗り心地重視です。

Dsc_0228


フロント周りのワイヤーは、電動なのですっきりしています。

いろいろばたばたして、まだそんなに乗っていませんが、

乗り心地はマイルドです。

電動は、タッチするだけでギアチェンジが出来るのでワンダフルです。

これからの後半のロードバイク人生、この3号機と共に歩んで行きたいと思います。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2016年8月 3日 (水)

ロードバイクは骨盤を立てて乗れ!

ロードバイクの乗り方について書いてある本には、よく「骨盤を立てて乗れ」と書いてありますが、これ初心者にとってわかりづらい表現ですよね。

日常生活で、骨盤を意識することないですし、むしろ立てるってどういうこと?普段は寝ているの?という疑問がわきます。

で、自己流で乗っているうちになんとかなるんで、忘れてしまう言葉なんですよね。

でも、最近、「あ、こういうのが骨盤を立てるということなんだ」とわかったことがあったので、ここに記録しておきたいと思います。

このブログでも、何回か話題にしていますが、この1年間で、いろいろとステムの交換をしてみました。

その変遷を追ってみると、

100mm→110mm→130mm→110mm→100mm。

だんだん長くして、最近は、もとの100mmに戻しました。

Dsc_0199

最近110mmから100mmにステムを買えた図。

長い距離を乗ると、お尻の痛みが出るので、なんとかならないものかといろいろポジションを試してみて、ステムを長くして行き、それなりにいい感じだと思って乗っていたのですが、やはり長い距離になると疲れるのです。

ま、多少疲れるのはしょうがないのですが、400km、600kmを走るとするとどうも走れる気がしません。

ということで、今度はステムを短くしていきました。

で、最近もとの100mmに戻してみて、先日乗ってみました。

ステムの位置が手前になるので、サドルには、立った姿勢で座ることになります。

当然ブラケットを握るためには、それなりに前傾姿勢となるのですが、おしりの位置は垂直方向になるのです。

そのとき、「あ、これが骨盤が立っている状態なんだ」と実感することができました。

いままでの、長いステムだと、体全体を前傾して、相当に手の部分に荷重がかかります。

体も腰の部分から折り曲げていたので、骨盤はいわゆる寝ている状態になっていました。

ステムを短くすることにより、骨盤が立つことを実感できました。

この場合、手には荷重をかけないように注意します。軽くブラケットを握るように意識しながらペダリングします。

この時、横から見ると背中がかるくカーブを描くようになっているのではないかと思われますが、自分の姿を横から見ることは出来ないので、果たして出来ているかどうかわからないのですが・・・。

とにかく、本に書かれているようなフォームってこんな感じなのかなと実感出来ました。

ロードバイクに乗り始めて5年目のシーズンで、初めて基礎の基礎を実感するのって遅いんですけどね・・・。

でも、試行錯誤の末にたどりついた結果なので、けっこう嬉しかったです。

で、現在は、このフォームは練習中でして、まだ朝練習の20kmほどしか走れていません。

本当に、50km、100kmとロングライドをしたときに、楽な感じで乗れるのか、お尻は痛くならないのかは不明です。

これから試していきたいと思っています。

このフォームを身に付けたら、優游も中級ライダーになれるかもと、明るい希望を抱いております。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2016年7月24日 (日)

迷走、ポジション探しの旅

ロードバイク乗り始めて5年めですが、いまだに理想のポジションにたどり着いていません。

私の考える理想のポジションとは、速く走れて疲れないポジション。

昨年の十勝岳300kmブルベでは、かなりアップライトなポジションで出てみたましたが、楽ですがスピードが上がらず、後半大幅に失速してしまいました。

そこで、よい方法はないものかとたどり着いたのは、堂城賢さん提唱の「やまめ乗り」。

『自転車の乗り方』を参照に次のポジションにたどり着きました。

ここからは、具体的な数字が並びますので、興味のない方は、読み飛ばしてくださいね。

まず、私の身体データ。

身長 168cm

体重 70kmオーバー

又下 76cmくらい(計り方によって多少変わる)

で、「やまめ乗りでたどりついたポジション」

サドル高 65.5cm(66.88cm)

SB値 (サドル先端-ブラケット間) 66.5cm(64.20cm)

サドルハンドル高低差 2cmくらい

( )の中の数字は、比較のために表示した標準値です。

やまめ乗りポジションは、サドルが低めで、ブラケットまでの距離が長くなり、高低差はあまりないポジションとなります。

これで、昨年の日高200kmブルベに参加しました。

スピードはまずまずかなと思いましたが、疲労感はあり、やはり後半は失速しました。

ということで、さらにベストポジションはと考え、自転車屋さんに相談したところ(当初の考えではさらにステムを伸ばしてSB値を大きくしようと思っていました)、自転車屋さん曰く。

自転車屋さん「そのポジション、疲れないですか?」

私「疲れます。でもスピードを出してそれだけ早くゴールすれば、結果疲れないと思うのですが・・・」

自転車屋さん「やまめのポジションだと思うのすでが、合う人もいますが、合わない人もいます。」

私「う~ん、そうですか・・・」

というような会話があり、もう一度ポジションについて考えてみました。

で、標準値に近い現在のポジション。

サドル高 66.0cm(66.88cm)

SB値  65.0cm(64.2cm)

サドルハンドル高低差 3.5cmくらい

やまめ乗りの傾向は残して、かなり標準値に近い値です。

サドル高は、もう少し大きくしたいところですが、66.5cmにすると、股間にかなり圧迫感があり、66cmが一番しっくりきます。

SB値、高低差は、いまのところいい感じに思いますが、もっといいポジションがあるかもしれません。

このポジションは、練習で走っているだけなので(長くて100km程度)、長い距離を走るとどのような感じなのかわかりません。

たった、5mm~10mm程度の差なのですが、変えることによって乗りごごちや乗り方が変わってくるので、ポジション出しは、本当に難しいと思います。

その日の体調や、ペダリングの技術などとも関連してきますし・・・。

ということで、速くて疲れないポジション探しの旅は続きます。

同じような身長の方、どのようなポジションで乗ってますか?教えていただけるとありがく思います。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2016年7月18日 (月)

海岸線を行く 斜里-知床峠

ロードバイクに乗り始めてから、走ったコースを地図に記録しています。

Dsc_0167


で、海岸線は、北は豊富町から斜里町までを走破。

月末は、釧路湿原ブルベがあるので、釧路ー根室間を走ることになるので、そこまでつなげてしまおうと思いました。

で、今回はとりあえず斜里から知床峠まで走ってみました。(黄色のコース)

Dsc_0166


本当は羅臼に下りて、国道244号線を北上してぐるっと1周するのがいいのですが、これだと160kmを越えてしまいます。

遠征ライドとしては、ちょっと距離ありすぎなので、上記のコースとしました。

天気予報では、気温は10℃台の肌寒い予報でしたので、暖かい恰好で出かけましたが、

斜里町についたらよい天気。日焼け止めを塗って、夏用ジャージで8時頃、斜里役場を出発しました。

Dsc_0168


10kmほど、峰浜方面へ走ります。

Dsc_0169

晴れていれば、斜里岳が大きく見目ますが、本日は雲の中です。

Dsc_0170


ここから知床半島に入って、海岸線を走ります。

Dsc_0171
<拡大できます>

海風が気持ちいいです。

Dsc_0172


Dsc_0174


10時過ぎ、35km走って、ウトロに到着。道の駅シリエトクです。

たくさんの観光客でにぎわっていました。

Dsc_0176


港が見える防波堤の上で休息。

Dsc_0175

来る途中、コンビニで買ったホットケーキ食べました。これ、はちみつとクリームが入っていてなかなかおいしいです。

さて、小休止のあとは、知床峠を目指します。

海抜0mから740mまで、14kmほど登るので、けっこう大変。平均勾配5.3%です。

津別峠登れたので大丈夫かなと思ったのですが、その倍くらいのつらさでした。

とにかくの登らなきゃつかないので、レッグカバー、アームカバーをぬいで、本気モードでがんばります。

Dsc_0178


羅臼岳を(1661m)を目指して登ります。

悪戦苦闘、1時間超、やっと着きました!知床峠!

Dsc_0180

Dsc_0181
<拡大できます>

頂上は雲にかくれていますが、いい天気、いい景色です。

しばし休んで、来た道をダウンヒル。

1時間以上かけて登った道のり、たった20分で降りてしまいました。

何人か登攀中のサイクリングストさんがいて、手を振ります。

ウトロ道の駅に戻ってきて、レストランで昼食。

せっかくウトロに来たのだから奮発して、海戦丼を頼みました。

Dsc_0182


どーん。ねた新鮮でとてもおいしかったです。

その他、いろいろねメニューもあったので、こんどは違うものも食べてみたいです。

昼食後、斜里町へ引き返します。もう食べるモチベーションもなく、峠を登った疲れもあり、スピード上がりません。

斜里町に入っても地理不案内から、少々迷って斜里役場に3時過ぎに到着しました。

走行距離104kmでした。

肌寒いライド予想したのですが、やはり夏場のライド。最後はとっても暑くなりました。

今度は、羅臼側から知床峠アタックとなります。いやだな~という気持ちがありますが、これをやらなければ北海道海岸線一周が出来ないので、またがんばろうと思います!

美しい風景と、おいしいものが食べられて、良い夏の一日でした。

知床はやっぱり世界自然文化遺産だなあ~って思いましたよ。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2016年7月11日 (月)

また雨中のイベント 中札内グルメフォンド

7月10日(日)、北見の土屋さんに誘われて中札内グルメフォンドに参加しました。

天気予報は、曇りのち雨ということで、雨覚悟です。

今年のイベントは本当に雨に当たります。

Dsc_0133


前日、雨仕様にしました。

Dsc_0134


後輪にマッドガードをつけてみる。

Dsc_0135


ブルベのQシートのテストのため、地図をつけみました。

Dsc_0136


サイコンやライトはホルダーにつけました。

当日、5時に出発。

Dsc_0138

北見は、雨がぽつぽつ降っていましたが十勝に入ると青空が広がります。

Dsc_0139


8自時頃、中札内農村休暇村に到着。

青空が広がって雨が降りそうにないので、マッドガードをはずして青天仕様に変更です。

8時40分ころから開会式。

その中で、自転車結婚式が行われました。

Dsc_0143

自転車が縁で二人は結ばれたようです。この後、二人も同じコースを走りました。

9時に出発。

今回は、南十勝縄文コース80kmに参加。

コースは、この他に135km、50km、30kmがあります。

80kmコースは次の通りです。

Dsc_0159_2


<拡大できます>

Dsc_0149


広大な十勝平野を走ります。青空が広がり、まったく雨の気配がない!!

この時、北海道中が雨でも、十勝だけは降らないと思っていました。

Dsc_0145


15km地点、幸福駅。

Dsc_0147


駅の中です。

Dsc_0146


ここでは、軽くクッキーで補給です。

Dsc_0150


31km地点。紫竹ガーデン。ハーブティーとスコーン。スコーンおいしくて二つ食べちゃいました。

この辺で、雨がぽつぽつ降ってきて、さらにザーとかなりの雨。

やっぱりこのごろの天気予報は当たりますね。

ずぶ濡れになりましたが、雨雲から抜けたのか、46km地点八千代牧場では、雨が止みました。

Dsc_0152


Dsc_0153


ここではほろほろ丼。柔らかい牛肉をあんけで包んでいます。とってもおいしかったです。

ここから最後のエイドステーションまでは、30kmあまります。

再び雨雲の中に名行ったのか、豪雨!!

ずぶぬれになりながら進むこと30km。74km地点。十勝フロマージュ到着!

Dsc_0155


Dsc_0154

ここではアイスクリーム。でも体が冷えてぶるぶる震えて食べました。

あとは6kmほど。1時ちょっと過ぎに80kmゴールです。

すぐに車で着替えて、土屋さんご夫妻とと合流。

イベントに参加していた小中学生の同級生とそのお友達と一緒に5人でコンロを囲みました。

これからが中札内の本格的グルメの開始です。

Dsc_0156_2


十勝名物、豚丼。

Dsc_0157


焼き肉。

Dsc_0158


鹿汁、ほたて、チキンなど・・・。

いろいろなものが食べられます。

例年はまだまだ大人数でにぎわっているようですが、雨でだいぶ帰ったみたいです。

雨もひどくなってきたので、3時頃お開き。

富良野に続いて雨のライドとなりましたが、いろいろなものを食べられて楽しくライドすることができました。

でも、次回こそ良い天気で走りたいなあ~。

次回は400kmブルベに挑戦。

あまり走り込めてないので、暇をみつけて練習しなきゃと思っております。

中札内グルメフォンド、初めて参加しましたが、なかなかいいイベントですよ。

村をあげて盛り上げようとしています。

お近くの方、ぜひ参加を検討くださいね~。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

日本ブログ村

無料ブログはココログ