« ロングライド 訓子府まで 40km | トップページ

2017年5月21日 (日)

雪の石北峠ライド 120km

ネット環境が北見の家しかないので、なかなかリアルタイムで更新できません。

かなり遅れることになるのと記憶があいまいになることをご容赦願います。

ゴールデンウィークの最終日の5月7日(日)に、石北峠ライドしました。

土屋さんと北見駅で待ち合わせ。

6時43分の特急オホーツクで上川町まで輪行です。

Dsc_0358

汽車は、連休にもかかわらず空席があり、自転車は余裕で積めました。

連休最初は、バカ陽気でしたが、この日は曇りで気温も10℃前後。

でも、5月だから峠は大丈夫だろうと思っていましたが・・・

Dsc_0359


2時間ほど汽車の旅で、9時に上川町に到着。

自転車を組み立てて、出発です。基本的に国道39号線をひたすら東へ向かう単純コース。

Dsc_0360


自転車のセッテング。峠があるので軽装です。

層雲峡まで登り基調ですが、追い風もあって順調に進みます。

お昼近かったので、層雲峡のラーメン屋さんで一休み。

Dsc_0361_2

お昼を食べて、これからの石北峠までが山場。

かなりの登りが続くのでがんばらければなりません。

峠に近づくにつれて、天気が悪化。

特にあと2kmくらいになって、雪がちらついてきました。

気温もどんどん下がり、ほぼ0℃。

峠付近は、ほぼ吹雪!!

そんな中で、ひたすらペダルをこいで石北峠頂上です。

Dsc_0363


よく見ると雪が降っているのがわかると思います。

土屋さんより若干早く登ったので、峠の小屋のかげに避難して到着を待ちます。

この時、寒くて震えてました。

土屋さんが到着して、今度は峠からダウンヒル。

いつもは楽しいダウンヒルですが、この日は地獄でした。

指が出るグローブをはめていたのです。完全に選択間違いでした!

ブレーキをかけなければ、なんとかいけるのですが、石北峠ではそんなことは許されません。

常時ブレーキをかけなければならないのですが、、そうすると低温と雪で指先が凍傷になるかとおもうほど、痛い!!

とうとう立ち止まって、坂の途中で指先をさすります。

そんなこんなで、つらい思いのダウンヒルでした。

なんとか坂を降り切ると、雪や雨が止み、通常の天気となりました。

ここから下り基調&追い風10mで、今までにないアベレージで留辺蘂町まで走りました。

たぶん、35km/h~40km/mくらい。

風の力ってすごいですね。

体が冷え切っていたので、留辺蘂の国道沿のはせがわ亭へ。

温かいコーヒーと、ちょっと早い夕食を食べました。

Dsc_0364


はせがわ亭のタコライス。おいしかったです。

北見まで順調に走って自宅に到着!!

Dsc_0365


118.53km。今年初めての100km越えです。

Dsc_0366


雨と雪の中を走ってきたTREK号の雄姿です。

今回のライドで学んだことは、5月の連休と言えども、石北峠はなめちゃいけないということ。

雪が降ります!!

寒い以外は、全コース追い風だったので、天気予報を見ての上川輪行はありだなと思います。

とにかく自分の実力以上のスピードを体感できます。

でも指先までのグローブも忘れずに持っていきましょう!!(体験者からのアドバイスです)

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

« ロングライド 訓子府まで 40km | トップページ

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
あの時はマジ寒かった。
Youyouさん 峠をなかなか降りてこなかったので 「落車か?」と心配しました。

とても記憶に残るライドでしたね。
また行きましょう!

ありがとうございました!
本当によい体験をしました。
峠の下りは、本当に指がちぎれるかと思いました。
エアロバーって言うのかな?威力ありますね。平地ではかなわないなあ。
また、思い出作りに行きましょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587287/65310778

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の石北峠ライド 120km:

« ロングライド 訓子府まで 40km | トップページ

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

日本ブログ村

無料ブログはココログ