« 2号ガヌー号をフラットペダルにしてみた | トップページ | やったー!日本ハム、日本一!!! »

2016年10月29日 (土)

アルテグラDi2ってどうなの?


Dsc_0280_2

3号トレック号の最大の特徴は、電動変速器が搭載されていること。

電動変速ってどうなのと思っている方に説明していきたいと思います。

Dsc_0270_2


右のシフトレバー。

右のぎざぎざ部分に触れると、リアのシフトダウン。(ギアが軽くなる)

左の部分に触れると、リアのシフトアップ。(ギアが重くなる)

左のシフトレバーは、フロントの変速。

右と反対になっていて、外側に触れるとシフトアップ(ギアが重くなる)

内側に触れると、シフトダウン。(ギアが軽くなる)

電動じゃないときは、どっこいしょという感じの変速でしたが、電動は軽く触れるだけで、変速しますので、すごく楽です。

特にフロントは、すごく軽く感じますので、こまめに変速できます。

坂道などでは、今までは、面倒なので重いギアのままでいいやと思うことが多いのですが、電動だとすぐに変速していまます。

根性は身につかないかもしれませんが、長距離を走る場合、こちらのほうが楽だと思います。

Dsc_0271_2


シフトレバーからの電線は、ステムの下のこの小さな機械につながっています。

そして電線で、ディレイラーにつながっています。

ゴムバンドでとめてあるだけなので、ちょっとこころもとない感じなんですが、振動あってもとれないところをみると、これでもいいのかもしれません。

シフトレバーを長押しするとバッテリー状態が表示されます。

Dsc_0278_2


写真のように、緑色は正常。バッテリーが減ってくると、緑色の点滅、さらには赤色に変わるようです。

Dsc_0276_2


バッテリー充電は、このようなコードを使います。

コンセントに差して、片方を先ほどの機械の接続します。

Dsc_0274_2


バッテリーは、ダウンチューブの中に内蔵されています。ボトルケージとその下のふたを外して取り出します。

ここははずしたことがないので、形状は不明です。

で、1回の充電でどれだけ走れるかと言うと、わかりません(笑)

買ってから今まで1回充電しただけなので、たぶん1000km以上は走ると思われます。

Dsc_0275_2


ハンドル周り。

ブレーキワイヤー2本以外は、細い線になっています。

今までと比べるとすっきりしています。

Dsc_0272_2


フロントディレイラー。

Dsc_0277_2


リアディレイラー。11速です。

リアに大きなギアがついれいるので、プーリー間は幅広くなっています。

ワイヤーではなく細い電線でつながっています。

以上、簡単な説明でしたが、イメージつかめたでしょうか?

電動で注意す点。自転車屋さんが言っていたことです。

イベントなどで出かける時に車の後部に寝せた状態で自転車を積むときがありますが、何かのはずみでシフトレバーが押された状態になってしまうことがあるそうです。

そんな時、いざ走り出すと、バッテリー0で、まったく変速できないということになるとのこと。注意しなくちゃいけませんね。

まとめると、電動変速はいいですよ~。

今回は、アルテグラDi2の紹介でした。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

« 2号ガヌー号をフラットペダルにしてみた | トップページ | やったー!日本ハム、日本一!!! »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587287/64414167

この記事へのトラックバック一覧です: アルテグラDi2ってどうなの?:

« 2号ガヌー号をフラットペダルにしてみた | トップページ | やったー!日本ハム、日本一!!! »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

日本ブログ村

無料ブログはココログ