« 本 『「弱虫」でも強くなる! 一つ上のロードバイク<プロ技>メソッド』 | トップページ | おひさしぶりです »

2016年8月 3日 (水)

ロードバイクは骨盤を立てて乗れ!

ロードバイクの乗り方について書いてある本には、よく「骨盤を立てて乗れ」と書いてありますが、これ初心者にとってわかりづらい表現ですよね。

日常生活で、骨盤を意識することないですし、むしろ立てるってどういうこと?普段は寝ているの?という疑問がわきます。

で、自己流で乗っているうちになんとかなるんで、忘れてしまう言葉なんですよね。

でも、最近、「あ、こういうのが骨盤を立てるということなんだ」とわかったことがあったので、ここに記録しておきたいと思います。

このブログでも、何回か話題にしていますが、この1年間で、いろいろとステムの交換をしてみました。

その変遷を追ってみると、

100mm→110mm→130mm→110mm→100mm。

だんだん長くして、最近は、もとの100mmに戻しました。

Dsc_0199

最近110mmから100mmにステムを買えた図。

長い距離を乗ると、お尻の痛みが出るので、なんとかならないものかといろいろポジションを試してみて、ステムを長くして行き、それなりにいい感じだと思って乗っていたのですが、やはり長い距離になると疲れるのです。

ま、多少疲れるのはしょうがないのですが、400km、600kmを走るとするとどうも走れる気がしません。

ということで、今度はステムを短くしていきました。

で、最近もとの100mmに戻してみて、先日乗ってみました。

ステムの位置が手前になるので、サドルには、立った姿勢で座ることになります。

当然ブラケットを握るためには、それなりに前傾姿勢となるのですが、おしりの位置は垂直方向になるのです。

そのとき、「あ、これが骨盤が立っている状態なんだ」と実感することができました。

いままでの、長いステムだと、体全体を前傾して、相当に手の部分に荷重がかかります。

体も腰の部分から折り曲げていたので、骨盤はいわゆる寝ている状態になっていました。

ステムを短くすることにより、骨盤が立つことを実感できました。

この場合、手には荷重をかけないように注意します。軽くブラケットを握るように意識しながらペダリングします。

この時、横から見ると背中がかるくカーブを描くようになっているのではないかと思われますが、自分の姿を横から見ることは出来ないので、果たして出来ているかどうかわからないのですが・・・。

とにかく、本に書かれているようなフォームってこんな感じなのかなと実感出来ました。

ロードバイクに乗り始めて5年目のシーズンで、初めて基礎の基礎を実感するのって遅いんですけどね・・・。

でも、試行錯誤の末にたどりついた結果なので、けっこう嬉しかったです。

で、現在は、このフォームは練習中でして、まだ朝練習の20kmほどしか走れていません。

本当に、50km、100kmとロングライドをしたときに、楽な感じで乗れるのか、お尻は痛くならないのかは不明です。

これから試していきたいと思っています。

このフォームを身に付けたら、優游も中級ライダーになれるかもと、明るい希望を抱いております。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

« 本 『「弱虫」でも強くなる! 一つ上のロードバイク<プロ技>メソッド』 | トップページ | おひさしぶりです »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587287/64006957

この記事へのトラックバック一覧です: ロードバイクは骨盤を立てて乗れ!:

« 本 『「弱虫」でも強くなる! 一つ上のロードバイク<プロ技>メソッド』 | トップページ | おひさしぶりです »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

日本ブログ村

無料ブログはココログ