« 釧路湿原400kmブルべDNSのお知らせ | トップページ | 本 『「弱虫」でも強くなる! 一つ上のロードバイク<プロ技>メソッド』 »

2016年7月24日 (日)

迷走、ポジション探しの旅

ロードバイク乗り始めて5年めですが、いまだに理想のポジションにたどり着いていません。

私の考える理想のポジションとは、速く走れて疲れないポジション。

昨年の十勝岳300kmブルベでは、かなりアップライトなポジションで出てみたましたが、楽ですがスピードが上がらず、後半大幅に失速してしまいました。

そこで、よい方法はないものかとたどり着いたのは、堂城賢さん提唱の「やまめ乗り」。

『自転車の乗り方』を参照に次のポジションにたどり着きました。

ここからは、具体的な数字が並びますので、興味のない方は、読み飛ばしてくださいね。

まず、私の身体データ。

身長 168cm

体重 70kmオーバー

又下 76cmくらい(計り方によって多少変わる)

で、「やまめ乗りでたどりついたポジション」

サドル高 65.5cm(66.88cm)

SB値 (サドル先端-ブラケット間) 66.5cm(64.20cm)

サドルハンドル高低差 2cmくらい

( )の中の数字は、比較のために表示した標準値です。

やまめ乗りポジションは、サドルが低めで、ブラケットまでの距離が長くなり、高低差はあまりないポジションとなります。

これで、昨年の日高200kmブルベに参加しました。

スピードはまずまずかなと思いましたが、疲労感はあり、やはり後半は失速しました。

ということで、さらにベストポジションはと考え、自転車屋さんに相談したところ(当初の考えではさらにステムを伸ばしてSB値を大きくしようと思っていました)、自転車屋さん曰く。

自転車屋さん「そのポジション、疲れないですか?」

私「疲れます。でもスピードを出してそれだけ早くゴールすれば、結果疲れないと思うのですが・・・」

自転車屋さん「やまめのポジションだと思うのすでが、合う人もいますが、合わない人もいます。」

私「う~ん、そうですか・・・」

というような会話があり、もう一度ポジションについて考えてみました。

で、標準値に近い現在のポジション。

サドル高 66.0cm(66.88cm)

SB値  65.0cm(64.2cm)

サドルハンドル高低差 3.5cmくらい

やまめ乗りの傾向は残して、かなり標準値に近い値です。

サドル高は、もう少し大きくしたいところですが、66.5cmにすると、股間にかなり圧迫感があり、66cmが一番しっくりきます。

SB値、高低差は、いまのところいい感じに思いますが、もっといいポジションがあるかもしれません。

このポジションは、練習で走っているだけなので(長くて100km程度)、長い距離を走るとどのような感じなのかわかりません。

たった、5mm~10mm程度の差なのですが、変えることによって乗りごごちや乗り方が変わってくるので、ポジション出しは、本当に難しいと思います。

その日の体調や、ペダリングの技術などとも関連してきますし・・・。

ということで、速くて疲れないポジション探しの旅は続きます。

同じような身長の方、どのようなポジションで乗ってますか?教えていただけるとありがく思います。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

« 釧路湿原400kmブルべDNSのお知らせ | トップページ | 本 『「弱虫」でも強くなる! 一つ上のロードバイク<プロ技>メソッド』 »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
私の身長170cm、股下73~74cmくらいで

サドル高さ 62cm
サドル先端~ハンドルバー 54cm
サドル先端~ブラケット 66~67cmくらい
ハンドル落差 0cm (サドルと同じ高さ)

になってます。
ハンドルはもっと下げてみたこともあるのですが、手の荷重が増えて逆効果でした。
高めにセットして肘を曲げるようにしたほうが結果が良かったです。

雀空さん、こんにちは!

ポジションデータありがとうございます。サドルが低くて、SB値が大きいですね。
やまめ乗り、おじぎ乗りと言えますね。
これは、タルタルーガのポジションでしょうか?
普通のロードバイクだと、大きなサイズでは、なかなかこのサドル高出せません。(低くならない)
小さなサイズだとSB値がこれだけ取れないので、なかなか難しいと思うのですが、ロードバイクも同じポジションで乗っているのでしょうか?

タルタルーガとロードバイク、どちらも同じ設定にしてます。

ご指摘の通りロードバイクは設定に苦労しました。

トレックのサイズ56(シートチューブ長53.4cm、水平換算TT長56cm)なのですが
ステムを120mmにしてSB長を確保。

サドルは一番下げても64cmだったのですが、その状態でシートポストが2cmくらい出ていました(シートポストの先端がボトルケージを止めるボルトにぶつかって下げられません)。
それでシートポストの先を5cmくらいカットしたところ、目いっぱい差し込めるようになり62cmまで下げられました。
これが限界です。シートポストは全く出てなく、シートチューブの上にサドルが乗っている感じです。見た目恰好悪ですが…

雀空さん、こんにちは!

やはりロードバイクは、このポジション出そうとすると厳しいですよね。
やはり、足の長い外人さん向けに設計されているみたいですね。
日本人向けセッテングのロードバイクもあってもよいのではと思います。
私は、タイトル通りいろいろ迷って、標準に誓いポジションでやってみようと今のところ思ってます。
うまくいけばいいのでが…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587287/63958953

この記事へのトラックバック一覧です: 迷走、ポジション探しの旅:

« 釧路湿原400kmブルべDNSのお知らせ | トップページ | 本 『「弱虫」でも強くなる! 一つ上のロードバイク<プロ技>メソッド』 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

日本ブログ村

無料ブログはココログ