« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月24日 (日)

迷走、ポジション探しの旅

ロードバイク乗り始めて5年めですが、いまだに理想のポジションにたどり着いていません。

私の考える理想のポジションとは、速く走れて疲れないポジション。

昨年の十勝岳300kmブルベでは、かなりアップライトなポジションで出てみたましたが、楽ですがスピードが上がらず、後半大幅に失速してしまいました。

そこで、よい方法はないものかとたどり着いたのは、堂城賢さん提唱の「やまめ乗り」。

『自転車の乗り方』を参照に次のポジションにたどり着きました。

ここからは、具体的な数字が並びますので、興味のない方は、読み飛ばしてくださいね。

まず、私の身体データ。

身長 168cm

体重 70kmオーバー

又下 76cmくらい(計り方によって多少変わる)

で、「やまめ乗りでたどりついたポジション」

サドル高 65.5cm(66.88cm)

SB値 (サドル先端-ブラケット間) 66.5cm(64.20cm)

サドルハンドル高低差 2cmくらい

( )の中の数字は、比較のために表示した標準値です。

やまめ乗りポジションは、サドルが低めで、ブラケットまでの距離が長くなり、高低差はあまりないポジションとなります。

これで、昨年の日高200kmブルベに参加しました。

スピードはまずまずかなと思いましたが、疲労感はあり、やはり後半は失速しました。

ということで、さらにベストポジションはと考え、自転車屋さんに相談したところ(当初の考えではさらにステムを伸ばしてSB値を大きくしようと思っていました)、自転車屋さん曰く。

自転車屋さん「そのポジション、疲れないですか?」

私「疲れます。でもスピードを出してそれだけ早くゴールすれば、結果疲れないと思うのですが・・・」

自転車屋さん「やまめのポジションだと思うのすでが、合う人もいますが、合わない人もいます。」

私「う~ん、そうですか・・・」

というような会話があり、もう一度ポジションについて考えてみました。

で、標準値に近い現在のポジション。

サドル高 66.0cm(66.88cm)

SB値  65.0cm(64.2cm)

サドルハンドル高低差 3.5cmくらい

やまめ乗りの傾向は残して、かなり標準値に近い値です。

サドル高は、もう少し大きくしたいところですが、66.5cmにすると、股間にかなり圧迫感があり、66cmが一番しっくりきます。

SB値、高低差は、いまのところいい感じに思いますが、もっといいポジションがあるかもしれません。

このポジションは、練習で走っているだけなので(長くて100km程度)、長い距離を走るとどのような感じなのかわかりません。

たった、5mm~10mm程度の差なのですが、変えることによって乗りごごちや乗り方が変わってくるので、ポジション出しは、本当に難しいと思います。

その日の体調や、ペダリングの技術などとも関連してきますし・・・。

ということで、速くて疲れないポジション探しの旅は続きます。

同じような身長の方、どのようなポジションで乗ってますか?教えていただけるとありがく思います。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2016年7月20日 (水)

釧路湿原400kmブルべDNSのお知らせ

7月30日出発の釧路湿原ブルベに向けて、いろいろ準備をしていたところですが、諸事情によりDNSとすることにしました。

真に残念ですが、またチャンスあるかなと思います。

参加宣言をしていたので、この場を借りてDNSをお知らせします。

また条件が整いましたら、チャレンジする予定です。

それまで、走力アップ、体重減を目標に練習に励みたいと思います。

(これ、いつも言っているような気がしますが...)

2016年7月18日 (月)

海岸線を行く 斜里-知床峠

ロードバイクに乗り始めてから、走ったコースを地図に記録しています。

Dsc_0167


で、海岸線は、北は豊富町から斜里町までを走破。

月末は、釧路湿原ブルベがあるので、釧路ー根室間を走ることになるので、そこまでつなげてしまおうと思いました。

で、今回はとりあえず斜里から知床峠まで走ってみました。(黄色のコース)

Dsc_0166


本当は羅臼に下りて、国道244号線を北上してぐるっと1周するのがいいのですが、これだと160kmを越えてしまいます。

遠征ライドとしては、ちょっと距離ありすぎなので、上記のコースとしました。

天気予報では、気温は10℃台の肌寒い予報でしたので、暖かい恰好で出かけましたが、

斜里町についたらよい天気。日焼け止めを塗って、夏用ジャージで8時頃、斜里役場を出発しました。

Dsc_0168


10kmほど、峰浜方面へ走ります。

Dsc_0169

晴れていれば、斜里岳が大きく見目ますが、本日は雲の中です。

Dsc_0170


ここから知床半島に入って、海岸線を走ります。

Dsc_0171
<拡大できます>

海風が気持ちいいです。

Dsc_0172


Dsc_0174


10時過ぎ、35km走って、ウトロに到着。道の駅シリエトクです。

たくさんの観光客でにぎわっていました。

Dsc_0176


港が見える防波堤の上で休息。

Dsc_0175

来る途中、コンビニで買ったホットケーキ食べました。これ、はちみつとクリームが入っていてなかなかおいしいです。

さて、小休止のあとは、知床峠を目指します。

海抜0mから740mまで、14kmほど登るので、けっこう大変。平均勾配5.3%です。

津別峠登れたので大丈夫かなと思ったのですが、その倍くらいのつらさでした。

とにかくの登らなきゃつかないので、レッグカバー、アームカバーをぬいで、本気モードでがんばります。

Dsc_0178


羅臼岳を(1661m)を目指して登ります。

悪戦苦闘、1時間超、やっと着きました!知床峠!

Dsc_0180

Dsc_0181
<拡大できます>

頂上は雲にかくれていますが、いい天気、いい景色です。

しばし休んで、来た道をダウンヒル。

1時間以上かけて登った道のり、たった20分で降りてしまいました。

何人か登攀中のサイクリングストさんがいて、手を振ります。

ウトロ道の駅に戻ってきて、レストランで昼食。

せっかくウトロに来たのだから奮発して、海戦丼を頼みました。

Dsc_0182


どーん。ねた新鮮でとてもおいしかったです。

その他、いろいろねメニューもあったので、こんどは違うものも食べてみたいです。

昼食後、斜里町へ引き返します。もう食べるモチベーションもなく、峠を登った疲れもあり、スピード上がりません。

斜里町に入っても地理不案内から、少々迷って斜里役場に3時過ぎに到着しました。

走行距離104kmでした。

肌寒いライド予想したのですが、やはり夏場のライド。最後はとっても暑くなりました。

今度は、羅臼側から知床峠アタックとなります。いやだな~という気持ちがありますが、これをやらなければ北海道海岸線一周が出来ないので、またがんばろうと思います!

美しい風景と、おいしいものが食べられて、良い夏の一日でした。

知床はやっぱり世界自然文化遺産だなあ~って思いましたよ。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2016年7月11日 (月)

また雨中のイベント 中札内グルメフォンド

7月10日(日)、北見の土屋さんに誘われて中札内グルメフォンドに参加しました。

天気予報は、曇りのち雨ということで、雨覚悟です。

今年のイベントは本当に雨に当たります。

Dsc_0133


前日、雨仕様にしました。

Dsc_0134


後輪にマッドガードをつけてみる。

Dsc_0135


ブルベのQシートのテストのため、地図をつけみました。

Dsc_0136


サイコンやライトはホルダーにつけました。

当日、5時に出発。

Dsc_0138

北見は、雨がぽつぽつ降っていましたが十勝に入ると青空が広がります。

Dsc_0139


8自時頃、中札内農村休暇村に到着。

青空が広がって雨が降りそうにないので、マッドガードをはずして青天仕様に変更です。

8時40分ころから開会式。

その中で、自転車結婚式が行われました。

Dsc_0143

自転車が縁で二人は結ばれたようです。この後、二人も同じコースを走りました。

9時に出発。

今回は、南十勝縄文コース80kmに参加。

コースは、この他に135km、50km、30kmがあります。

80kmコースは次の通りです。

Dsc_0159_2


<拡大できます>

Dsc_0149


広大な十勝平野を走ります。青空が広がり、まったく雨の気配がない!!

この時、北海道中が雨でも、十勝だけは降らないと思っていました。

Dsc_0145


15km地点、幸福駅。

Dsc_0147


駅の中です。

Dsc_0146


ここでは、軽くクッキーで補給です。

Dsc_0150


31km地点。紫竹ガーデン。ハーブティーとスコーン。スコーンおいしくて二つ食べちゃいました。

この辺で、雨がぽつぽつ降ってきて、さらにザーとかなりの雨。

やっぱりこのごろの天気予報は当たりますね。

ずぶ濡れになりましたが、雨雲から抜けたのか、46km地点八千代牧場では、雨が止みました。

Dsc_0152


Dsc_0153


ここではほろほろ丼。柔らかい牛肉をあんけで包んでいます。とってもおいしかったです。

ここから最後のエイドステーションまでは、30kmあまります。

再び雨雲の中に名行ったのか、豪雨!!

ずぶぬれになりながら進むこと30km。74km地点。十勝フロマージュ到着!

Dsc_0155


Dsc_0154

ここではアイスクリーム。でも体が冷えてぶるぶる震えて食べました。

あとは6kmほど。1時ちょっと過ぎに80kmゴールです。

すぐに車で着替えて、土屋さんご夫妻とと合流。

イベントに参加していた小中学生の同級生とそのお友達と一緒に5人でコンロを囲みました。

これからが中札内の本格的グルメの開始です。

Dsc_0156_2


十勝名物、豚丼。

Dsc_0157


焼き肉。

Dsc_0158


鹿汁、ほたて、チキンなど・・・。

いろいろなものが食べられます。

例年はまだまだ大人数でにぎわっているようですが、雨でだいぶ帰ったみたいです。

雨もひどくなってきたので、3時頃お開き。

富良野に続いて雨のライドとなりましたが、いろいろなものを食べられて楽しくライドすることができました。

でも、次回こそ良い天気で走りたいなあ~。

次回は400kmブルベに挑戦。

あまり走り込めてないので、暇をみつけて練習しなきゃと思っております。

中札内グルメフォンド、初めて参加しましたが、なかなかいいイベントですよ。

村をあげて盛り上げようとしています。

お近くの方、ぜひ参加を検討くださいね~。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2016年7月 2日 (土)

本 『スティグマータ』

Img_uuysh9

『スティグマータ』 近藤史恵著 新潮社 ¥1,500+税

以下、簡単なあらすじです。(最初だけ)

ヨーロッパに来て5年の白石誓(しらいしちかう)、通称チカは、プロチームを転々として、現在は、バイヨンヌを拠点に練習に励んでいる。

そんなチカのもとに、かってのチームメイト、伊庭和実(いばかずみ)が、近くに転居してくる。

伊庭は、いま売り出し中の選手で、ヨーロッパのレースでの優勝経験が認められ、新興のビックチームに引き抜かれたのだ。

伊庭は、ロードレース界のレジェンド、メネンコが自分のチームで復帰するというビッグニュースをもたらす。

メネンコは、数々のツールで優勝をなしとげたが、ドーピングを告発され、出場停止処分を受けた身なのだ。年齢の関係から復帰は無理と考えられていた。また、メネンコは、チカたちの世代にとっては憧れの存在なのだが、一緒に走った選手の中ではすこぶる評判が良くない。(アームストロングがモデルなのかしら?)

そんな、メネンコがチカに会いたいと言う。

憧れのメネンコに会ったチカは、メネンコから驚きの依頼をされる。

かくして、それぞれの選手は思惑を胸に秘めて、ツール・ド・フランスが開催される。

と、ここまで読みました。これからどうなるか気になります。

稀代のストーリーテーラー近藤史恵さんの新刊です。

1~2年したら文庫になると思いますが、それまで待てない人、ぜひ単行本を買ってくださいね~。

『スティグマータ』という意味は、調べてません。まあ、読んでいくうちにわかるだろうと思って...。

自転車小説は、面白いですね~。

話は変わって、アームストロングを題材とした『疑惑のチャンピオン』という映画が公開されるそうです。

でも、こちらの地方の映画館までは来ないんだろうなあ。こちらの映画もチャンスがあれば観たいって思ってます。

自転車映画も面白いですね~。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2016年7月 1日 (金)

BRM730釧路湿原400kmにエントリー

ブルベを始めて3年。

1年目は、200km完走。

昨年は、300km完走。

そして、今年はいよいよ400kmに挑戦します。

この度、ランドヌール札幌さん主催のBRM730釧路湿原400kmにエントリーしました。

Photo


Photo_2


400kmのブルベは、600kmまでのブルベの中で一番、つらいと言われています。

車で行くのもなかなかはばかられる距離なのに、自転車で400kmも走る...。

自転車経験のない人に話すと、信じられなという反応です。

でも、こつこつと前に進んでいくと走れる距離なんですよね。

ぜひとも完走してみたいと思います。

昨年の300kmは、標高1000mを越える十勝岳クライムがあったので、帰路大変疲れて制限タイムぎりぎりでした。

前半200kmでどれだけ余力を残して、後半を迎えるかが勝負だと思います。

寝ないで走り、24時間くらいで完走したいです。

あと、出発が釧路駅だということで、車をどうするかが問題です。

最初は、ホテルで2泊と思っていたのですが、泊まらないのに1泊払うのはどうかなということで、駐車場かなって思っています。

そうすると当日朝出発して、ゴールしてすぐ帰るということで、30時間の車と自転車のデュアスロンになるのかな。

かなり過酷ですが、夏なので、眠くなったら道端でも寝れるかなと思いますので、大丈夫でしょう。

あと、このコースは、まったく走ったことのないコースなので、すごく楽しみです。

参加予定されているブルベライダーの皆さん、ランドヌール札幌の皆さん、よろしくお願いしますね~。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

日本ブログ村

無料ブログはココログ