« 本 『流』 | トップページ | ハンドル位置に思い悩む »

2015年8月15日 (土)

クリート交換などなど

300kmブルベの時から、クリートがはまりづらいなと思って見てみると、

Img02160


かなり劣化していました。1年以上使用していると思います。

で、amasonで注文。

Img02161


前と同じ、SHIMANO SPD SL CREAT SET SM-SH12。

青いやつ。遊びが少しあります。

Img02164


古いのと新しいのを比べてみます。古いのは、色もあせているし、形も崩れています。

で、取り付け。

Img02165


ピカピカしています。はまりもいいです。

消耗品なので定期的に替える必要がありますね。

で、ついでにもう一つ注文したのが、こちら。

Img02162


ロックタイト ねじロック 222 低強度タイプ。

300kmブルベの時に、サドルのねじがゆるみ苦労したので使ってみることにしました。

あまりに強いと、とれなくなったら困るので、まずは低強度タイプを。

粘度の高い液体でねじにつけて使用します。

今のところ、ねじがゆるむことなく快調です。

あと、今回のこととは関係ありませんが、先日の朝練で、後輪のパンク体験しました。

20kmコースの14km地点を走行中、自転車から「パン」と破裂音がして、路面の振動が伝わってきました。

後輪を見ると空気が抜けて、パンクです。

今まで自然と空気が抜けるパンク体験が何度かありますが、破裂のパンクは初めて。

家まで2kmほどだったので自転車を押して帰りました。

後日、調べてみると、タイヤ、チューブともサイドにカッターで切ったような傷がありました。

タイヤの路面に接する部分は、ゴムが厚いのですが、サイドは薄いんですよね。

自家用車でも同じような目にあったことがあります。この時は、タイヤを買い替えるはめになりました。

自転車のタイヤも使用不可なので、過去の中古のタイヤを代りにつけました。

何か踏んだつもりはないのですが、そういうこともあるんですね。

これからは、路面を気をつけて見て、踏まないように気をつけたいと思います。

自転車を押して帰るとき、歩いていた人に「パンクですか」と話しかけられました。

「はい」と答えると、「今、自転車屋さんもなくなって、どこでパンク直すんですか?」と聞かれました。

「自分で直します」と答えると、「へー」と感心されました。この時、ちょっと得意な気分になりました。

ちなみに、優游は、パンク修理(正確にはチューブ交換)があまり得意でなく、いつも30分以上時間がかかります。(なかなかタイヤがはまらない!!!)

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

« 本 『流』 | トップページ | ハンドル位置に思い悩む »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587287/62085930

この記事へのトラックバック一覧です: クリート交換などなど:

« 本 『流』 | トップページ | ハンドル位置に思い悩む »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

日本ブログ村

無料ブログはココログ