« そうだ、釧路まで行ってみよう その1 | トップページ | カセットスプロケットを交換する CS-5700 »

2015年6月 7日 (日)

そうだ、釧路まで行ってみよう その2

6月6日(土)、1日時間があったので、先日の続きで釧路を目指しました。

Img01926


朝6時出発。気温なんと6℃です。

小雨もぱらついています。

すき屋で朝食を食べて津別へ。津別町市街から出発する予定でしたが、小雨がやまず。

雨の中を走る気にならず、さらに車で南下。

相生まで来ると、雨があがってきて、道路もドライになってきました。

Img01927


相生道の駅から自転車で出発。

240号線を南下します。

Img01928


数キロいきとなにやら赤い建物が。

シゲチャンランド。相生に住み着いた芸術家シゲちゃんの美術館です。

面白い作品がいっぱいあります。

オホーツクのキャラクターつくつくオホーツクくんの作者です。

Tukutukukunn


興味のある方、ぜひ一度ご覧ください。

さらに10kmほど進みます。

オホーツクと釧路との境界。釧北峠です。標高620m。

車だとそれほどでもないのですが、自転車だとそれなりの峠です。

Img01930

10km下って阿寒湖温泉街に到着。

Img01931


湖畔で1枚。

ゆっくりしたいので、とにかく寒いので先を急ぎます。

Img01933

阿寒町市街まで、ここから40kmほどあります。

同じ阿寒なのですぐ近くにあるのかなと思いますが、実はすごく遠いです。

20kmほどは森林地帯。そこを抜けると平野が広がります。

40kmほど走って、11時頃、阿寒丹頂の里(道の駅)に到着。

ここで昼食にしたいと思いましたが、屋内で食べるところがなかったので、阿寒町市街まで行くことにしました。

この日、とにかく気温が上がらず寒かったので、屋内でゆっくり昼食にしたいと思ったのです。

Img01936


市街地をしばらく行くと、東家さんがありました。

Img01935


卵丼とかしわそばのセットを中もしました。あたたかいおそばがおいしかったです。

ここから釧路市街まで30kmほどですが、釧路市街には、次回満を持して行きたいと思います。

ということで、来た道を引き返します。

例によって内陸に向かうので、登り基調かつ向い風で往路よりかなりきついです。

10kmほど行くとばてるので小休憩を取りつつ、阿寒湖温泉街までやっとたどり着きました。

コンビニ(セブンイレブン)で小休憩。イートコーナーがありました。

Img01938


朝買ったアンパン(右上)を食べるつもりでしたが、アメリカンドッグもおいしそうなので買っちゃいました。

さて、栄養補給を済み、ラスト20kmです。

10kmほどがんばり釧北峠を越えます。

あとは下り坂。快調に飛ばし、相生の道の駅へ。

Img01941


無事たどり着くました。

Img01940


走行距離126kmでした。

車の温度計を見ると朝と同じ6℃!!

朝と変わりませんでした。

とにかく寒い日でした。寒いとかなり体力消耗するらしく、家に帰って熟睡しました。

家は、6月というのにストーブが着いていました。極楽です。

次回は、暖かい日にサイクリングしたいなあ~。(強い願望)

Photo


走行コースです。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

« そうだ、釧路まで行ってみよう その1 | トップページ | カセットスプロケットを交換する CS-5700 »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

私も2年前に仕事で北見に1年間だけ住んでいたことがあり、
開成峠を越えて相生道の駅まで行ったことがありました。

道の駅で「シロクマ」を食べて帰ってきた記憶が…笑

当時はクロスバイクだったので、今度はロードで走ってみたいなぁと
思うのですが、いかんせん札幌から遠いのがネックで…。

garneauさん、こんにちは!

北見にいらしたことあるんですね。
「シロクマ」は未確認でした。けっこう道の駅にぎわっていましたよ。
私は、手作りとうふをおみやげに買って帰ってきました。
津別町市街-相生は未踏破なので、今度走って「シロクマ」も確認してきます。

私は、洞爺湖、支笏湖、羊蹄山あたりの風景が大好きなのですが、なかなか遠くて行けません。
札幌からだと近いですよよね。今度その辺を走ったら、レポートお願いしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587287/61706668

この記事へのトラックバック一覧です: そうだ、釧路まで行ってみよう その2:

« そうだ、釧路まで行ってみよう その1 | トップページ | カセットスプロケットを交換する CS-5700 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

日本ブログ村

無料ブログはココログ