« 3本ローラー買いました | トップページ | ランドヌール札幌主催のブルベについて »

2014年11月 6日 (木)

『田舎でロックンロール』

奥田英朗さんの最新エッセイです。

Img01713


『田舎でロックンロール』 奥田英朗著 角川書店 ¥1,200+税

奥田さん、同じ世代くらいかなと思っていましたが、1959年生まれということで私より1年下でした。

この本は、岐阜県各務原市在住の奥田少年が、中1でロックンロールに目覚め、さらに高3までのめりこんでいく様が書かれています。

ちなみに中1で、ラジオを買ってもらって、奥田少年がその当時聞いていた音楽が、アメリカ、C.C.R(クリリーデンス・クリア・ウォーター・リバイバル)、シカゴ、スリー・ドッグ・ナイト、ポール・サイモン、ポールマッカートニーとウイングスなど・・・。

懐かしいですねえ。同世代に北海道の片田舎で同じようにラジオ聞いていました。

その後、奥田少年は、どんどんディープな世界に入って行き、知らないロックスターもたくさん出てくるのですが、その気持ちは共通のものがあり、共感できました。

ラジオの次に買ってもらったステレオ、初めて買ったアナログレコード、ロックスターのコンサート初体験(クイーンの名古屋でのコンサートを2回見ています)・・・。

巻末には、管理教育に対抗する中学1年生4名を主人公とした短編小説が掲載されています。お昼の放送に、初めてロックを流そう企てるのですがが・・・。その曲が、T・レックスの『メタル・グルー』。懐かしいですねえ。

私の場合、成長するに従い、ロックよりはフォークの方向に行ってしまったので、後半は、よくわかりませんでしたが、同時代のロック少年、少女にはぜひ読んでもらいたい本です。

また、ロックじゃなくても、同世代の空気を味わうことができと思いますよ~。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

« 3本ローラー買いました | トップページ | ランドヌール札幌主催のブルベについて »

」カテゴリの記事

コメント

情報にあふれた今の時代の人たちにはわかりづらいかもしれませんが、
あの当時の頃の不自由感が甦ってきました。
今は本当に音楽に恵まれていると思います。
トラックバックさせていただきましました。
トラックバックお待ちしていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587287/60608511

この記事へのトラックバック一覧です: 『田舎でロックンロール』:

« 3本ローラー買いました | トップページ | ランドヌール札幌主催のブルベについて »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

日本ブログ村

無料ブログはココログ