« ひさびさのロングライド 陸別-池田往復156km | トップページ | 関寛齋について »

2014年8月28日 (木)

『FUN RiDE』 10月号

雑誌の紹介です。

Img01571

8月号、9月号も買っていたのですが、時期が過ぎてしまって『FUN RiDE』を紹介するのはひさしぶりです。

今月号の特集は「ロングライド快走術」ということで、今の私にぴったりと思い買いました。

内容は、準備編で、「パンク修理の4点セットを持つべし」、「余分な荷物を減らそう」、実走編で、「ダンシングを上手に使いましょう」、「自分のペースを守りましょう」とのこと。

う~ん、残念ながら目新しいことはないですねえ。その他のことを知りたかったのですが・・・。やはり雑誌は、情報が命。おっ、と思う目新しいことを書いておいて欲しかったです。

あと、ダメだ出しばかりで申し訳ないのですが、ずいぶん薄くなりました。ニューリアルということでカラーページを増やしたみたいですが、その分ページ数が少なくなりました。

調べてみたら140Pほどから100Pと40Pも薄くなっています。雑誌はいろいろな情報が載っていてこそと思うので、ちょっと残念な感じです。値段も770円で変わらないですし。

今回役に立ったのは、「勝手に自転車ラボ」。ライトの紹介で、明るさの違いがレポートされています。

キャッツアイ「VORT300」と「VOLT1200」が紹介されています。

VORT1200は、充電式で、ダイナミック 約2時間 1200ルーメン、ノーマル 約5時間 450ルーメン、オールナイト 約17.5時間 150ルーメンということです。

今まで明るさを意識していなかったのでどのくらいの明るさかわからないんですけど。

よさげなライトですが21,600円と高いんですよね~。

今後いろいろと検討したいと思います。

『FUN RiDE』も長らく買ってきましたが、他の雑誌も検討しようかな~と思っています。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

« ひさびさのロングライド 陸別-池田往復156km | トップページ | 関寛齋について »

自転車本」カテゴリの記事

コメント

,優游さん、こんばんわ。
雑誌というのは1年通して、新製品以外は毎年同じ月では大体同じような記事になるのは仕方がないのかもしれません。
本が売れない昨今、出版社も大変なのでしょうね。(って同情してみる)

さて、ライトはサドルと共に底なし沼にはまるアイテムですね。
特にライトはLEDが出て以来、日進月歩の様相ですものね。
ただ、ブルベをやる人とそうでない人とは求めるものが違うというところを気を付けたいですね。
普通の雑誌社では街灯の無い真っ暗な雨の中、峠を下る事を考えていませんから(笑)
その体験を一度でもすると、明るいのが正義と思うのです(汗)
で、ライト沼に嵌まる、又は、ライト探しの旅に出る事にならないように御注意を。

mugenさん、こんにちは。

>毎年同じ月では大体同じような記事になるのは仕方がないのかもしれません。
本棚で過去の雑誌調べてみたら、昨年5月号に「ロングライド快適宣言」っていう特集やってました。
こちらのほうが内容濃いです(笑)
雑誌、ある程度集めてみると役立つことがあるかもしれませんね。

>ライトはサドルと共に底なし沼にはまるアイテムですね。
なるべくライト沼にはまらないよう気を付けたいと思います。(笑)
夜の峠は、非日常の世界なので、ちょっと想像できないですね~。年々物が見づらくなっているので、急がないとと思っております。

明日からいよいよ山岳ライドですね。無事完走されますこと、またおいしい食事が出来ますことを願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587287/60223382

この記事へのトラックバック一覧です: 『FUN RiDE』 10月号:

« ひさびさのロングライド 陸別-池田往復156km | トップページ | 関寛齋について »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

日本ブログ村

無料ブログはココログ