« 初めてのブルベ BRM505十勝200km まとめ・感想 | トップページ | 『FUN RiDE』 6月号 »

2014年5月14日 (水)

西へ(石北峠に挑戦)

留辺蘂町へ引っ越してきてはや1ヶ月あまり。

毎日の朝練習コースも決まり、週末は、南は置戸町、北は常呂町、東は美幌町までのライドを決めたところですが、西だけは10kmほどしかない温根湯までにとどまっています。

実は、西に行くには大きなためらいがあったのです。なぜなら、標高1050mの石北峠がそびえているからです。

車では何回も通っている峠ですが、自転車では、未踏破。

かなりの急坂のイメージだったので、つらいんだろうなあと思ってなかなかふんぎりがつかなかったのす。

でも、いつかは行かねばならない。ということで5月11日、石北峠まで行ってきました。

距離は片道45kmほど。往復90kmです。

Img01095

体調は最高が5だとしたら2くらい。少々疲れが残っていましたが、まあ、90kmくらいなので大丈夫だろうと、8時頃家を出発しました。

出発して10kmほど。左奥に雪が残る大雪の山々が見えます。

基本的に峠までは登り。向い風もあってスピードは20km以下です。

出発してから20km過ぎくらいから本格的な登り。そんなに勾配はありませんが、下りがないのでかなりきついです。

Img01096

度々休みながら登って行きます。

Img01097

あと10kmくらいからこのような看板が。この数字が増えていくことだけが心の支え。

ダンシング、シッテングを繰り返しながら登っていきます。

あと2kmくらいから本格的な登り。

Img01098

このようなつづら折りの道路が続きます。

心拍数が上がり、筋肉がぱんぱんになりながらひたすら登ると、着きました!!

石北峠!!標高1050m!!

Img01099

自転車で来た最高高度です。

Img01100

到着時間は、11時00頃。3時間登ってきたことになります。

峠には、お店屋さんがあって、フレンチドッグで補給。さらに足りなくてあげいもも追加しました。

しばし休憩して、11時30頃下山。

ためた位置エネルギーを一挙に放出します。かなりブレーキングしないと降りれないので、ブレーキシューは大丈夫かなと少し心配になりました。

急坂を降りても、ずっと下り基調なので、今までにないようなスピードで走れます。その上、追い風でしたので、だいたい40km/h巡航。

これまで1時間で走った距離の最高記録かもしれません。気持ち良かったです。

苦あれば楽ありですね。

温根湯で一休み。生牛乳があったので注文しました。地元の牛乳かなと思ったら興部牛乳でした。

のどが乾いていたので、とってもおいしかったです。

10kmほど走って13時に自宅に帰着。

3時間登って1時間半で帰ってきたことになります。同じ道でも全然違うものなんですねえ。

今回は、体調あまりよくなく苦しいクライムでしたが、今度元気な時にまた行ってみたいと思います。

クライマーじゃないので、なかなかその気にならないんですけどね~。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

« 初めてのブルベ BRM505十勝200km まとめ・感想 | トップページ | 『FUN RiDE』 6月号 »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

北海道の山はまだまだ寒いんじゃないですか?
上りはいいんですが、下りは体が硬くなってバイクコントロールがままならないので、長い下りは苦手です(^^;
しかし達成感はありますね!

アラーキーさん、こんにちは!

この日は、暖かくて登りはサイクルジャージだけでした。
下りはさすがに寒いので、ウインドブレーカー着用しましが。

本日は、天気雨ですが、峠では雪だそうです。夏タイヤでは越せないので、冬タイヤに替えなければなりません。
さすがに今後は降らないと思いますが・・・。
10月には、雪降る可能性があります。
短い夏だからこそ、思いっきり自転車楽しみたいと思います!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587287/59642560

この記事へのトラックバック一覧です: 西へ(石北峠に挑戦):

« 初めてのブルベ BRM505十勝200km まとめ・感想 | トップページ | 『FUN RiDE』 6月号 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

日本ブログ村

無料ブログはココログ