« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

やってしまった、肉離れ

無理は禁物といいながら、やってしまいました。肉離れ。

おととい、走っていて、時間があるし、調子もいいものだから、もう少し走ろうと距離を延ばしたのが失敗でした。

3kmほど走ったところで、右のふくらはぎに痛みが。

あと1.4kmほどは走ることができず、歩いて家まで帰ってきました。

痛めていたところが本格的に肉離れになったようです。

程度は、3日間は、運動禁止。その後はリハビリ徒歩を続けて、全治2週間というところでしょうか。

無理をすると長引いてしまうので、大人しくしているしかないですね。

あれだけ走りたくないと思っていたのに、不思議なもので、走れないとなると走りたくなる。

ネットを見ていると、肉離れの予防として、運動前に十分ストレッチをすることとありました。

めんどうなので、少しのウォーキングのあとランニングに入っていました。

あと、低温もけがをしやすいということで、マイナスの中を走っていますから、あまり体によくなかったですね。

2月も終わり、あと1ヶ月ほどで自転車に乗れそうな感じです。そのためには、急がないことにしました。

3日の完全休養、その後のリハビリウォークにあせらず取り組みたいと思います。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2014年2月26日 (水)

肉離れなのか?

先日の土曜日のポイント練習の時、右ふくらはぎがピキと言いました。

ポイント練習とは、週1回のスピード練習。今持てるスピードで走ります。で、ちょっと無理しすぎたみたい。

まあ、軽い肉離れかなと思い、その後の練習は中止し、歩いて帰宅。

昨年は、ふきだまりの中を走り、左のふくらはぎを痛めていまい、2か月くらい走れなかったので、今年は、大事を取りました。

歩くときに多少痛みを感じますが、それほどのけがではない様子。

肉離れの時は、完全休養するのがいいとは思いますが、そうすると運動不足になって、体重現状維持も難しくなります。

ということで、その後もゆっくり走っています。だいたい12分/kmくらい。

3.4kmを34分くらいで走っていましたが、現在は38分くらい。

だんだん痛みもなくなってきましが、無理は禁物。

このままゆっくりジョギングで回復を図りたいと思います。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2014年2月24日 (月)

東京マラソン参加の可能性

2月23日(日)3万5千人以上が参加して東京マラソンが開催されました。

TV関係者ではフリーアナウンサーの宮根誠司さん(50歳)が4時間15分、美脚のフリーアナウンサーの山岸舞彩さん(27歳)が5時46分で見事完走しました。

東京マラソンは、たいへん希望者が多く、倍率10倍だそうで、申し込んでも走れる可能性は低いのですが、今現在出たら走る力があるのか考えてみました。

現在、朝練で3.4kmをほぼ毎日走っいます。これくらいだとあまり疲れないので、もう少し長い距離でも走れるかもと思ったのです。

現在は34分ほどかかっていますので、キロ10分ですね。10キロだと100分。

40キロだと400分。6時間40分ほどでしょうか。あと2.195kmあるので、トータル7時間くらいかかりそうです。

参加資格が6時間40分以内に完走できるものとありますので、現状では無理ですね。

まずは、5kmをキロ8分くらい、トータル40分くらいで走れるようにすることが必要だなあ。

東京マラソンへの道は遠いということがわかりました。宮根誠司さん、山岸舞菜さん、すごいなあ。尊敬します。

始めたばかりのランニングの道、もう少し修業したいと思います。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2014年2月23日 (日)

本 『FUN RiDE』 4月号

Img00988

『FUN RiDE』 4月号紹介です。

今回のオススメ記事は「目覚めよ背中のサボリ筋」

一言で言うと、腕や脚の筋肉だけでなく、背中の筋肉を使おうということです。

背中の筋肉を使えないと、すぐ疲れてしまいます。

長い距離を乗ったり、レースなどで最後まで余力を残すためには、大きな筋肉を有効に使うことが必要です。

このことは、私も普段から実感していて、普段のロードの時や、室内でローラーしているときに意識して練習しています。

でも、本当に使えているかどうかはわからないんですけどね。

ランニングなども共通点があるような気がします。脚だけで走っているとすぐ筋肉痛になってしまいます。

できるだけ背中からお腹にかけての筋肉を使うように意識していますが、これまた出来ているかは不明です。

具体的には、増帽筋と広背筋を使おうとあります。

これまた、どこのあたりの筋肉かわかりませんが・・・。

とにかく、背筋を意識してこれから練習していきたいと思います。

その他は、名物店長 徹底インプレッションでは、私が興味がある「ロングライドモデル」の紹介があります。

今回の店長は、スポーツバイクファクトリー北浦和本店 鈴木卓史店長です。

参考のために、紹介してみます。値段は完成車です。

① FELT Z4 344,400円(シマノアルテグラ11速完成車)

② FOCAS CAYO EV 2.0CP 309,750円(アルテグラ完成車)

③ SPECIALIZED S-WORKS ROUBAIX SL4DA 880,000円(デュラエース完成車)

88万円ってすごいですね。3台目は、まだまだ買えないのでいろいろと研究してみようと思います。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2014年2月20日 (木)

フロントバッグのルクセンカウル化

先日モンベルのフロントバッグを購入したことをお知らせしましたが(モンベルのフロントバッグを買いました)、このバッグをつけると、ハンドルとの間隔が狭くなり、リラックスモードでハンドルが握れないことがわかりました。

また、ベルトだけだと不安定な気もして、フロントバッグをリクセンカウル化することにしました。

ルクセンカウル化とは、ドイツのリクセンカウルから出ているアダプター類を使ってワンタッチでバッグを脱着できるようにすることだそうです。

やり方は、Kyokazu Saito さんのブログを参考にさせていただきました。

必要な部品は二つ。

Img00972

アマゾンで注文しました。

Img00974

バッグにアダプタープレイートを取り付けるためドリルで穴をあけます。

Img00973

バッグにプレートを取り付けます。

Img00976

フロントアタッチメントをハンドルに取り付けます。ワイヤーもあって(さらにしっかりと固定するため)、取り付けにちょっととまどいましたが、なんとか取り付けることができました。

Img00977

バッグをワンタッチで取り付けることができました。

Img00978

バッグとハンドルとのスペースもできたので、ハンドルを握るのにも支障がありません。

バッグと同じくらいのお金がかかりましたが、しっかり固定できていい感じです。

これで長距離ライドが楽しみです。

でも、ライトがバッグに隠れてしまいそうです。これ、どうしたらいいのかな?

まあ、走れるまでまだ間があるので、ゆっくり検討してみたいと思います。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2014年2月19日 (水)

自転車保険のおまけ

先日、自転車保険「あ・う・て じてんしゃばいくる」に加入したことを紹介しましたが(保険加入の記事 )、その後、保険会社から次のような文書が送られてきました。

Img00968

一つは、保険に加入したらダウンロードできるスマホのアプリ「自転車の日」です。

さっそくダウンロードしてみます。

Dsc_0338

機能は、次の通りです。

「施設検索」 ~地図でもよりの自転車関連施設やコンビニなどを検索できる。

「ルールとマナー」~自転車に乗るうえで必要なルールとマナーをわかりやすく紹介。

「困ったとき」~困ったとき役に立つマニュアルを掲載。

「自転車ロードサービス要請」~いざというとき、GPSで自分の位置を特定して、自転車ロードサービスの要請が可能。

「MY自転車」~自分の自転車の情報を記録できる。

「困ったとき」や「自転車ロードサービス要請」は、できれば使いたくありませんが、本当にもしものときには、役立つまもしれませんね。

「施設検索」は、実際使ってみないと役立つかなんとも言えませんね。コンビニ検索はありがたいかも。

「MY自転車」は、いいかもれない。自転車のサイズなど記録しておくと、いろいろ備品を買うときに便利かも。あと、自転車の写真も登録できるので、たくさん持っている人は、眺めてみるのもいいかもしれない。

おまけのもう一つは、スマホ用アームバンドプレゼント。

スマホをケースに入れて腕の装着することができるバンドです。こちらもさっそくインターネットから申し込み。

先着10,000名に当たるということなので、そのうち送られて来るのではと思います。

送られて来たらまたレポートしますね。

これらのサービスは、保険に入るときにまったく知らなかったので、ちょっとお徳感を感じました。

今回は、これから保険加入を考えているローディの皆さんの参考に書いてみました。

自転車保険には、おまけがついてきますよ~。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2014年2月16日 (日)

葛西選手やりました!

スノーボードの平野選手15歳、平岡選手18歳、そしてフィギア羽生選手19歳と10代の選手が大活躍ですが、中高年の星、葛西紀明選手がやりました!

ラージヒルで銀メダル!41歳でのメダリストは冬季五輪最年長となるそうです。

W杯などの実績はあるものの、個人では今までメダルに届かず。とうとう7回目のオリンピックでメダル獲得です。

ジャンプは、実力があっても必ず勝てるというものでもなく(高梨選手の試合のように)、風も味方につけなくてはなりません。そんな中で、しっかりと2位になったのは、すばらしいことだと思います。

彼の出身地である下川町は、大喜びです。

Img00969

昨日、所用で名寄に出かけた際に、下川町を通りました。街では応援の幟がいいぱいありました。

Img00970

ちょっと反転して読みづらいですが・・・。「ンモ」じゃなくて「ソチ」です。

「金メダル目指し ソチの空を飛べ!!」

男子団体戦は、18日(火)2時15分からラージヒルで行われます。

日本選手が、10位以内に3人入っていることから大いに期待できます。

金メダルをとって、本当にレジェンドとなるようがんばって欲しい!

また、超早起き作戦で応援したいと思います。

↓まったく関係ありませんが、よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2014年2月13日 (木)

ソチ五輪観戦記

日本選手もメダルを取り盛り上がってきたソチオリンピック。

4年に1回とういうことで、超早起き作戦で応援しています。

備忘録的に応援した種目について記録しておきます。

□2月8日(土) 

3時起床  開会式

入場行進は見られませんでしたが、開会宣言、聖火点灯を観ることが出来ました。いよいよ開幕です。

17時45分 男子スノーボード スロープスタイル決勝 8位 角野 友基

初めて見る競技でしたが、なかなか面白かったです。角野選手もがんばりました。

□2月9日(日) 

3時起床 女子モーグル決勝 4位 上村 愛子

前回4位の悔しさからメダルも狙うも、惜しくも4位!でも、さわやかな笑顔。愛子ちゃん、よっかたです。

17時 女子アイスホッケー 日本 0 VS 1 スェーデン

スマイル日本の初陣。僅差で敗退。それにしてもアイスホッケーって点数入らないんだなあと思う。

□2月10日(月)

2時起床 男子ノーマルヒル決勝 8位 葛西 紀明

期待の葛西登場。100mジャンプをそろえるも、メダルには届かず。ラージヒルにかけます。

この日は、飲み会が入っていたため以下の観戦はなし。次の日も早起きはできませんでした。

□2月11日(火)

14時 女子カーリング 日本 7 VS 12 韓国

カーリング初戦。勝負どころで相手に得点を許す。皆、表情が固かった。残念な敗退。

18時 女子 フリースタイルスロープスタイル決勝

初日のスノーボード スロープスタイルと同じコースをスキーで行います。くるくる回って観ていて面白い競技でした。

□2月12日(水)

2時30分起床 女子ジャンプ ノーマルヒル決勝 4位 高梨 沙羅

いよいよ金メダル大本命沙羅ちゃん登場。しかし、風は味方せずメダルを逃す。絶対本命と言われても、オリンピックは勝てるとは限らない。真面目に対応する沙羅ちゃんに心打たれる。

2時30分 男子スノーボード ハーフパイプ決勝 2位 平野 歩夢 3位 平岡 卓

ジャンプと同時進行、チャンネルを替えつつどちらも観る。15歳の中学生がやりました。日本初メダル。18歳の高校生も第3位。あの絶対本命ショーン・ホワイトは精彩を欠き第4位。オリンピックに絶対はない。そこが面白いところかも。

19時 女子カーリング 日本 8 VS 4 ロシア

前回とはうって変わって笑顔が見える。日本ペースで試合は進行するも、ミスショットからロシアにせまられる。しかし、最後はつきはなし勝利。これで2勝1敗。ロシアチームが美人ぞろいで驚く。ロシアの女性はきれいだなあと改めて思う。

21時30分 男子ノルデック複合 ノーマルヒル決勝 クロスカントリー 2位 渡部 暁斗

カーリングのあとチャンネルを切りかえると、ゴールまであと1km地点。優勝者とのデットヒート。最後は力尽きたが、みごと銀メダル。五輪メインキャスターの荻原次晴氏が20年ぶりのメダルに号泣。感動的でした。

□2月13日(木)

連日の早起き作戦のため、疲れが出て、起きたら5時30分。ぐっすり寝ました。

後半戦の注目は、調子が上がってきたカーリングです。フィギアも楽しみですね。これからもできるだけ念を入れて日本チーム応援していきたいと思います。また、多くの感動を味わいたいと思います。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2014年2月 9日 (日)

ひさびさローラーを回しました

2日間、特に予定がなく、運動不足を感じたので、ひさびさ固定ローラーを回しました。

ローディの皆さん、DVDやTVなどを見ながら回していますが、そのような環境になく、ただひたすら回すだけです。

今日は、鏡が近くにあったので、たまたまフォーム確認しながら回しました。

練習内容は次の通り。

アップ 5分 (25km/hくらいで)

    10分×3本 (30km/h以上、休憩3分)

ダウン 5分 (25km/hくらいで)

わずか40分ばかりですが、これがつらいんですよね。

1本目で、汗が吹き出します。

こんなに汗をかけば、かなりやせるのではと思うのですが、やせません。

まあ、思い出したように2週間に1回じゃやせませんよね。

せっかく買ったローラーですので、暇がある時は、もっと活用していこうと思っています。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2014年2月 8日 (土)

-19℃の中を走ってみる

昨日の天気予報では、朝6時の気温がなんと-20℃!

かなり厳しい朝ランニングを覚悟しました。

そのせいか、朝、3時に目が覚めました。普段は2度寝するのですが、「ソチオリンピックが始まっているだ」と思い、開会式ライブを観ました。

この超早起き作戦いいかもしれませんね。

午前4時、無事聖火が点灯して、気温をネットで確認すると、まだ-15℃。

5時半頃、再度確認すると-16℃。

どうせなら-20℃のランニングを体験したいと思ったのですが、そこまでいかないみたいなので、ランニング開始。

本日はポイント練習の日。

『マラソンはゆっくり走ると3時間を切れる!』をバイブルとしてランニングに取組んでいます。(週1回はスピード練習、その他の日は、ゆっくり走ります。週1回は休養日を設けます。)

本日は、1km×3本で3分のジョギングでつなぎます。

最初は、すごく寒かったのですが、全力に近いスピードで走っるので、1本目から身体が汗ばみました。

なんとか3本こなしました。

タイムは、だいたい1本、6分くらい。

これから練習を積んで5分くらいで走りたいなあと思っています。

3本終わって、1kmほどジョギングで帰ってくる時に、頬がかなり冷たく感じました。

帰ってから、NHKのデータ放送で確かめると-19℃!!

残念ながら-20℃はいかなかったみたいです。

ランニングは、自転車に乗れるまでの体力づくりでやっていますので、あと7週間くらい取組みたいと思っています。

この厳しい寒さは、あと1週間くらいかなあ。それを過ぎると春を感じることができると思います。

あと少し、がんばります!!

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2014年2月 7日 (金)

本 『じこまん 2』

Img00946

『じこまん 2』 玉井雪雄著 日本文芸社

『かもめ☆チャンス』が終わってしまい、寂しい思いをしていましたが、出ました『じこまん 2』。

『かもめ☆チャンス』は、フィクションですが、『じこまん』は、ノン・フィクション。

玉井さん及び玉井さんアシスタントの自転車生活がリアルに描写されています。

今回面白かったのは「佐渡死闘編」。

佐渡ロングライドというイベントがあり、玉井軍団が参加した記録。

参加者を気持ちを盛り上げるため、完走できないものには罰ゲームを課します。

その罰ゲームとは・・・。

ここではとても書けないので、気になる人は実際に読んでみてくださいね。

佐渡ロングライドは、佐渡の海岸線を1周するのですが、それがちょうど200km。

大きな島なんですねえ。ちょうど走ってみたい距離です。

滋賀県の琵琶湖1周も、ちょうど200kmあるみたいで、こちらもライダーにとって魅力的な距離ですね。

ところで、『じこまん』の表紙。1もそうですが、2も裸の男性。

女性はちょっと買いづらいですね。男のロマンを描いたマンガなので、これはこれでいいのかな?

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2014年2月 6日 (木)

ソチオリンピック開幕

いよいよ本日からソチオリンピックが開幕しました。

優游の注目種目は、ジャンプ!!

1972年、札幌オリンピックでのノーマルヒル、笠谷の金、今野の銀、青地の銅のメダル独占の感動をもう一度味わいたい。(たぶん中学生だったなあ)

今回のソチでは、やっぱり高梨沙羅ちゃん(17歳)。天才ジャンパーが世界の予想通りに金メダルが取れるか注目されます。

と同時に男子は、レジェンド葛西紀明(41歳)。今回なんと7回目のオリンピック。

念願の金メダルをとったら、感動するだろうなあ。

実際の金メダル獲得確率は、沙羅ちゃんは80%くらい、葛西選手は20%くらいかなと思っています。

ということで、ジャンプの日程を調べてみました。時間は日本時間です。

2月9日(日)  1:30  男子ノーマルヒル 予選

2月10日(月) 2:30  男子ノーマルヒル

2月12日(水) 2:30  女子ノーマルヒル

2月15日(土) 2:30  男子ラージヒル 予選

2月16日(日) 2:30  男子ラージヒル

2月18日(火) 2:15  男子団体

うわー、真夜中なんですね。規則正しい生活を旨としているので、真夜中まで起きているのはちょっと・・・。

早く起きてという方法もありますが、それもちょっと難しそうですね。

2月10日は、次の日が休みなので起きていられるかも。12日も見てみたいですね。

後は寝ている状態で応援かな。

がんばれ!日本!

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2014年2月 5日 (水)

表現の自由について考えたり

YAHOO!ニュースに次のような記事を見つけました。

<村上春樹氏>小説に「屈辱的表現」

村上春樹氏の小説「ドライブ・マイ・カー」の中で、中頓別町出身の専属運転手みさきが火のついたたばこを運転席の窓から捨てた際、主人公の感想として「たぶん中頓別町ではみんなが普通にやっていることなのだろう」との記載があるそうです。

この記載について、中頓別町の町議さんが、「中頓別町では、ポイ捨てが普通であるということはない。この表現は屈辱的表現だ。」として、文芸春秋に真意を尋ねる質問状を送ることを決めたというものです。

私は、この小説は読んでいないので、その他にどんな表現がされているかわからないのですが、記事を読む限り、主人公が運転手の行動を見て、「普通にやっていることなのだろう」と感じたというだけで、「中頓別町ではポイ捨てが普通だ」と言っているわけではないと思いました。

まあ、自分の住んでいる町について、そのように小説で紹介されて気分が良くないのはわかりますが、小説の中の表現であるということを考えなければならないと思います。

ルポタージュとかノンフイクションとかで、事実と違うことを書かれては、大いに抗議されてしかるべきですが、小説表現としては、あり得ると思います。

主人公は、作家とイコールではありません。作家は、登場人物にいろいろなことを語らせますし、場合によっては、真実ではないことも語らせることもあります。

中頓別町と表現しないで、N町と表現する場合もありますが、実生活では、N町なんてないわけで、どうしてもリアリティを出そうとすれば、実際の町名を使用することもあります。

まとめとして、「これは小説の中のことなのだ。実際には中頓別町でポイ捨てをする人はいませんよ。」とにっこり笑って読み流す、聞き流すということだけでいいのではと感じたのです。

今は、TVでも表現方法が問題にされ、抗議を受けて内容が変えられたり、場合によっては途中で打ち切られることもあります。

こういうことが続くと、表現する側が抗議を恐れて、どんどん自主規制をしていくことになります。小説でも実際の市町村名を書くと、抗議が来ると困るから、A市、B町、C村にしようとか・・・。そうするとどんどん表現がやせ細っていく気がします。

「まあ、小説だからとかお話だから」というゆとりの姿勢が社会に必要なんじゃないかと思ったので、ちょっと書いてみました。

違う意見の方もいると思いますが、個人的な意見なので、読み飛ばしていただければと思います。

↓関係ないけど、よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2014年2月 3日 (月)

本 『FUN RiDE』 3月号

Img00961

ちょっと遅れましたが、恒例『FUN RiDE』3月号の紹介です。

今回のメインの記事は、「あなたが知らない チューブラーの世界」ということで、8ホイール、8タイヤが紹介されています。

優游は当面クリンチャーで行こうと思っているので、今回の記事は、あまり興味がわきませんでした。

でも、チューブラー購入を考えている人には役立つ情報が満載なんじゃないでしょうか。

今回の注目記事は、たった2ページしかありませんが「新城幸也直伝!ペダリングトレーニングで速くなる!」。

固定ローラーでの練習のポイントが書かれています。

どんなトレーニングもそうですが、実際より遅いスピードでやってみることと実際より速いスピードでやってみることが効果的です。

STEP1 「重いギアでゆっくりペダリング」では、3つのポイントが示されています。

①上支点と下支点でペダルをきれいに動かす。

②上半身と下半身を連動させる。

③アンクリングしない。(かかとを上下しない)

これが出来てきたら、STEP2で素早いペダリングをしていきます。その際にただ速く回すことだけでなく、STEP1でのペダリングを意識することが大切です。

今後、固定ローラーの練習の時、以上を意識して練習したいと思います。

ペダリングは、ただくるくる回すだけなんですけど、いろいろと奥が深いもんなんですね。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2014年2月 2日 (日)

『東京家族』を観る

2013年1月公開、山田洋次監督の『東京家族』を観ました。今回は、レンタルビデオではなく、TVの録画です。

Tokyokazoku

小津安二郎監督『東京家族』(1953年)のリメイクです。この作品は、私の生まれる前の公開で、名作と評判が高い作品ですが、見たことはありませんでした。でも、リメイク版はそれなりに面白かったです。

ストーリーは、広島の離島に住む両親が、東京に出て生活を立てている3人の子どもたちのを訪ねてくるというもので、長男は医者、長女は美容師、次男は舞台美術のアシスタントとして働いています。

でも、毎日忙しい日々を送っている子どもたちは、両親を十分もてなすゆとりもなく、すれ違い、寂しい思いなどを抱くというものです。

子どもたちも悪気はないのですが、肉親だけに複雑な心境が・・・。かえって他人のほうが(次男の婚約者や老夫婦の隣に住む中学生の女の子)優しかったり。

静かな話なんですけど、その中からそれぞれの人間性というものが浮かび上がってきて、そこが名作なんだろうなと思わされました。

その他、登場人物の登場から退場まで丁寧に描かれていたり(ストーリー的にはまったく必要ないカットが多い)、ホテルの食事で夫婦が並んで食べていたり、この辺は小津『東京家族』を踏襲しているのでしょうかね。妙に心に残りました。

見方によっていろいろなテーマが含まれているんですが、人には誰でも寿命があり、その死にどう向き合うのかという重いものも感じさせてくれました。

吉行和子の優しいおばあちゃん、名演です。ぜひ一見の価値があると思いますよ。

初期『東京家族』も機会があったら見てみたいです。

↓関係ないけど、よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2014年2月 1日 (土)

チェーン交換をしてみる

先日、シートポストバッグ、フロントバッグの購入を紹介したところですが、もう一つ買ったものがあります。

「え、まだ買ったの」という声が聞こえて来そうですが、これが最後ですよ。

買ったのは、これ。

Img00950

自転車のチェーン。CN-6701 ULTEGRA です。

ルイガノ2号は購入して1年、4000kmくらいしか乗っていないので、まだいけそうですが、ロードバイクのトラブルで一番多いのはチェーン周りらしいので、交換することにしました。

チェーン交換は、ルイガノ1号での経験済みなので、スムーズに出来ました。

Img00951


チェーン交換には、チェーンカッターという器具を使います。別にはさみのようなもので切るわけではないので、ネーミングがどうかなという気がしますが。(チェーンをつなぐ時も使用しますし・・・)

まず古いチェーンをチェーンカッターを使い、ピンを外します。

そして古いチェーンと新しいチェーンを並べて長さを揃えます。

Img00952

先端をそろえて並べているのですが、後ろのほうはかなりずれていますね。

古いチェーンは、1cmくらいは伸びているでしょうか。かなり伸びるものなんですねえ。

で、見た目で長さを決められないので、ピンの数を数えてみると106ピン。

新しいチェーンは116ピンなので、10ピン分をカットします。

Img00953

で、向きに気を着けて(ロゴが見えるように)取り付け、チェーンカッターでピンをねじ込みます。

ピンは内側に飛び出ていますので、その部分をペンチで折ります。

で、スムーズに接続できているか確認。変速も確認して、チェーン交換完了です。

Img00954

チェーンもスプロケットも新しくなり、いい感じです。

Img00955

使わなかった10ピン、何かの使い道ってあるでしょうか?

携帯のストラップとか・・・。

Img00956

古いチェーンです。これは使い道ありませんね。(昔のマンガでよくけんか用に使用されてましたが・・・)ご苦労様と感謝して燃えないゴミとして捨てました。

理由(わけ)あって、これで自転車は、物置へ。春までお預けです。

元気でね、ルイガノ2号。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

日本ブログ村

無料ブログはココログ