« FF13-3 ライトニングリターンズ | トップページ | 本 『FUN RiDE』 2月号 »

2013年12月26日 (木)

練習タイプは犬派?

今回のサイクリストの「栗村修の”輪”生相談」は、練習法でした。

栗村修の”輪”生相談<12>

練習には、「正のトレーニング」と「負のトレーニング」があり、「正のトレーニング」をすべきだということでした。

心も体もリフレッシュして質の高い練習をすることが大切であると述べています。

でも、これがなかなか出来ないんですよね。

私の場合、やる気を待っていると、いつまでもぐずぐずして始められない。

ですから、やる気がなくてもノルマを課し、毎日こなすことが必要なんです。

この方法だと、いやいや練習することもあるわけで、それでもやらないよりましだと思っています。

だいぶ前に栗山さんの本を紹介しました。

『栗村修のかなり本気のロードバイクトレーニング』 

この本によると、人間のタイプには、猫派、犬派、オウム派に分けられ、そのタイプによって練習法が違うということでした。

栗村修さんは、猫派だということで、上記のような練習法が適しているようです。

でも、私自身は犬派だと思います。

規律に忠実なタイプですね。だから、気分が乗らなくても、毎日決まったことをやるということが合っているようです。

今は、冬季となり自転車を使っての練習はできなくなり、ランニングで体力作りに努めています。

まあ、3キロ程度なんですが、最初は全然走れなかったのですが、ほぼ毎日やっていると走れるようになってきました。

決して楽になることはないのですが、毎日やることで確実に進歩していると感じています。

走るのはつらいし、最近はとにかく寒いし、朝は暗いし・・・。

決して楽しい練習ではありませんし、質の高い練習法とは言えませんが、犬派として毎日こつこつがんばっていきたいと思います。

昨年は、この時期にふくらはぎの肉離れをしてしまい、2ヶ月ほど走れなくなったので、今回は無理せず来春までこつこつと距離を伸ばしたり、タイム短縮を目指して行きたいと思っています。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

« FF13-3 ライトニングリターンズ | トップページ | 本 『FUN RiDE』 2月号 »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587287/58826540

この記事へのトラックバック一覧です: 練習タイプは犬派?:

« FF13-3 ライトニングリターンズ | トップページ | 本 『FUN RiDE』 2月号 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

日本ブログ村

無料ブログはココログ