« 『清須会議』を観に行く | トップページ | 豊平区を散歩する »

2013年11月14日 (木)

これから読む本

昔から本屋さんが好きで、よく寄ります。

本と運命的な出会いというものがあり、その場合、迷わず買うことにしています。

後で買おうとと思っても、二度とめぐりあえないということもあるので。

あと、本はネットでも買えるのですが、なるべく本屋さんで買うことにしています。

そうしないと、町から本屋さんがなくなっていくことになるので。

このごろ運命的な出会いが多く、未読の本がこんなになってしまいました。

Img00857

『昼田とハッコウ』 山崎ナオコーラ 講談社

・ナオコーラの新刊。ナオコーラには早く芥川賞とってもらいたいと思っています。

『獅子の城塞』 佐々木譲 新潮社

・『天下城』の続きか。我が北海道在住の作家佐々木さんの歴史物。主人公が石工というのが面白い。

『黒書院の六兵衛 上・下』 浅田次郎 日本経済新聞出版社

・間違いなくうまい作家、浅田次郎。上・下巻とボリュームたっぷり。

『内田樹による内田樹』 内田樹 140B

『寝ながら学べる構造主義』 内田樹 文春新書

・『街場の教育論』を読んでから内田樹さんのファン。世の中のあらゆることにコメントすることの出来る人。尊敬してます。

『宇宙はなぜこのような宇宙なのか』 青木薫 講談社現代新書

・宇宙には興味があります。なぜ私たちはこの世にいるのか答えがわかるかも。

『世界一退屈な授業』 適菜収 星海社新書

・ニーチェについての初心者解説書を書いている人。その流れで買いました。

『炭水化物が人類を滅ぼす』 夏井睦 光文社新書

・炭水化物は大好きなので、実践はできないと思うけど・・・、興味があって買いました。

『ヤノマミ』 国分拓 新潮文庫

・アマゾン奥地の未開民の生活のルポタージュ。我々が忘れた豊かな生活が残っていた。太宅壮一ノンフィクション賞受賞作。面白そうと思い買いました。

こんなに未読本がたまったのですが、このごろの読書時間は、寝る前の数十分。すぐ眠りに落ちてしまいます。これらの本を読破するのはいつになるんだろう。

でも、本を読み終わっても、まだ読んでない本があるというのは幸せなことです。

秋の夜長(もう冬でした)、自転車も乗れないし、読書の日々を過ごしたいと思います。

↓自転車と関係ないけど、よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

« 『清須会議』を観に行く | トップページ | 豊平区を散歩する »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587287/58575744

この記事へのトラックバック一覧です: これから読む本:

« 『清須会議』を観に行く | トップページ | 豊平区を散歩する »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

日本ブログ村

無料ブログはココログ