« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月24日 (土)

本 『甲子園が割れた日』

Img00598


『甲子園が割れた日 ~松井秀喜5連続敬遠の真実~』 中村 計著 新潮文庫

今年の夏の甲子園は、初出場の延岡学園の優勝となりましたが、これらの試合を見ながら、甲子園にまつわる本を読んでみました。

この本は、副題にもあるとおり1992年の夏の甲子園、明徳義塾対星陵戦において、星陵の松井が5敬遠された事件について、10年以上経った時点で関係者に取材し、真実を追求した本です。

まずわかったことは、当時、明徳の監督が勝つために敬遠を指示し、選手はしかたなく従ったものとの報道のされ方をしましたが、選手と監督の絆はそんなものではなく、勝つために監督が指示し、選手もそれを信じてその通りやりとげたものだったということです。

報道というのは今も昔もそうですが、自分達の筋書きがあり、それにあわせて取材をし、ストーリーを作っていくということ。それを読んだ読者は、それに基づき世論を形成していきます。

「新聞、TVがいつも真実を伝えているのか」という疑いを持って見たほうがいいみたいです。

この5敬遠には、松井に長打を打たせないという作戦なのですが、次の5番、6番に打たれると、かえって大量得点を与えてしまいかねない作戦です。後の選手を確実に押さえることができなくてはならないし、そのための対策も万全に行っていたからこそ実行できたのです。

中村さんは、1犠打4凡退に倒れた星陵の5番バッターにも丁寧に取材しています。大学に進学するものの、1年生で野球部を退部。この出来事が彼に大きな影響を与えたことがうかがえますが、社会人になって、お店を何件も持つなど成功している様子が紹介されています。

松井を5敬遠した選手のその後も紹介されていて興味深かったです。それぞれが社会の中で前向きにがんばっている姿に「ああ、良かったな」という感想を持ちました。

そのほかにも、著者は、両軍の監督(山下監督、馬淵監督)、ヤンキースで活躍していた松井選手にも取材しています。

野球にかけた人々の思いが、一つの試合の中でぶつかり、いろいろなドラマを生むということ、さらにその試合は、その後のそれぞれの人生につながっているということがわかり、興味深く読むことができました。

この本を読んで、なんとなく悪役と思っていた明徳義塾高校と馬淵監督(今も現役)に親近感が湧き、今回の甲子園でも応援していましたが、準々決勝で9回裏に日大山形高校にまさかの逆転を許し、敗退してしまいました。

でも、明徳は甲子園常連なので来年も見られる可能性は高いです。今度は1回戦から応援したいと思います。

甲子園では、地元北海道のみの応援をしていましたが、今後は、他の強豪校の試合も興味を持って見れそうです。

↓自転車と関係ないけど、よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2013年8月16日 (金)

娘とライド

我が家は、私と妻と子ども3人の5人家族です。

このうち、毎日あきもせず自転車に乗っているのは私一人。

何とか同好の士を増やしたいものだと思っているのですが・・・。

妻は、固定ローラーを買ったとき、ダイエットできるかもと思って乗ってみたものの、ひざとお尻が痛いということで1回で断念。

息子は、ランニングと山登りに夢中で自転車には興味ないらしい。下の娘は文系読書少女だし。

ということで、可能性があるのは、上の体育系娘。

このたび、夏休みのため帰省してきたので、「自転車乗る?」と聞いたところ、「乗る、乗る。」ということで親子ライドが実現しました。

物置にしまっておいたルイガノ1号を整備しました。

Img00578

家の近所で、試運転。大丈夫そうだということで、いつもの朝練集コースを案内しました。

Img00581

郊外の直線コースを進みます。

Img00582

坂道を登ります。

娘は、東京の勤務地でも自転車を所有しているようですが、車が多いのと仕事が忙しいのであまり乗っていないとのことでした。

その点、雄武は、車も少なく、アップダウンのあるコースも豊富で恵まれた自転車環境です。

いつもの調子で走っていると、すぐ先行してしまうので、度々止まって写真を撮ります。

50分ほどで18km走行しました。

その他の日は、なにかと忙しく、二人でライドしたのはこの1回きりでしたが、楽しかったです。

また、乗れるは来年ですが、もう少し長い距離乗れたらいいなと思っています。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2013年8月14日 (水)

本 『かすてぃら』

Kasutera


『かすてぃら ~僕と親父の一番長い日~』 さだまさし著 小学館文庫

さだまさしさんの小説は、今まで読んだことなかったのですが、絶対に面白いだろうと思い、読んでみました。

結論は、面白い!!

さださんは、ミュージシャンとして活躍されていますが、ミュージシャンになる前は、落語家になるか迷った人です。また、数多いコンサートを行っていますが、中にはMCのほうが長くなることも度々とか。

このように稀代のストーリーテラーですので、小説もまたこの流れで笑わせてくれます。

この小説は、自伝的小説で、さださんの父親との別れについて書かれています。

父親の死という重いテーマですが、父親の数々の武勇伝、本当に面白いです。

いろいろなエピソードがありますが、そのエピソードには、必ず長崎名物「かすてぃら」が登登場し、この小説の背骨をつらぬいています。

そして最後に父親が亡くなったあとの「かすてぃら」に涙を誘われます。

主人公のさださんは、父親が亡くなったあと、不思議と涙が出てこなかったのに、最後に親族、家族が集まったとき、あるきっかけで涙があふれてきます。悲しみってそういうものかもしれませんね。

でも、さすがにさださんです。この泣いている間にも、集まったみなさんにうける一言を考え、みごと笑いをとります。

「この父親にしてこの息子あり」と思いました。

あまり重くないので、さくさく読めますが、私が読んだのは病院の待合室。

読むたびに笑っていたので、周りの人に不思議がられました。

皆さんは、家でひっそりと読んで楽しんでくださいね。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2013年8月11日 (日)

ロングライド 中川-豊富 105km

内陸から稚内を目指そう企画第2弾。中川町から豊富町往復105km走ってきました。

前回の終点、中川町の道の駅から出発。

Img00549

天気予報は曇りでしたが、小雨降ってます。30分くらい待機してましたが、止まないので出発することにしました。

Img00550

国道40号線を北上。10kmくらい走ると雨はあがりましたが、空はどんより。

Img00555

基本的に真っ直ぐな道。左右は牧草地。牧草ロールが、コロコロロールみたい。

Img00557_2

50kmほど走ると豊富町到着。看板はやっぱり牛です。

Img00559

豊富町のセイコーマートで、栄養補給。まだ10時半でしたが・・・。

Img00560

ウインナーマヨパンと牛乳。

Img00561

次回、出発点を探します。駅の裏に町民センターがありました。ここから出発しようと決めました。

帰りは、宗谷本線と平行に走っている道道を通ることにしました。

Img00562

途中、サイクリングコースがありました。でも何キロあるのか、どんなコースなのかわかりません。興味引かれましたが、先を急ぎました。

こちらの道道は、けっこうアップダウンがあります。

またしばらく行くと、豊富温泉です。けっこうホテルあります。

Img00564

30kmほど行くと、幌延町到着。

この町には、原発関係の廃棄物の貯蔵に関わる研究施設があります。

けっこう立派な建物がたくさんありました。

Img00569


トナカイの牧場もありました。

街に入って、お昼にしました。

Img00570


駅の近くの菜味季さん。

Img00571

かつラーメンを注文。さすがに町の食堂。カウンターにいろいろ私物が置かれています。

ラーメン500円、カツ丼700円など庶民的値段。かつラーメンも700円でした。

食べたあと、駅にも寄ってみました。

Img00573

ここからさらに道道を南下。雄信内というところで国道40号線と合流します。

Img00574

合流してすぐに雄信内トンネル。来る時も通りましたが、このトンネル狭くて怖い。

道路もがたがたしているので車が通ると、装甲車か戦車が走っているようなものすごい音がします。

Img00575

あと10kmくらいだと思いますが、疲れました。軽く頭痛もしたので軽い熱中症?

しばし、道端で休みます。

その後、少し元気を取り戻して再出発。

これまで雨なんとかもってくれましたが、この辺から本格的な雨!!

けっこうずぶぬれになって中川町の道の駅に到着。

Img00576


濡れたウェアを着替え、ごほうびのアイスクリーム。

Img00577

上にのっているのはキャラメル。けっこうおいしかったです。280円。

今回、100kmほど、ほとんど平坦でしたが、疲れました。

このごろ何かと用事があり、朝練習ができていないせいかなあと思います。

やっぱり毎日、走るのって重要だなと感じました。

次回で稚内まで到着できそうです。でも豊富まで車で行くの遠いなあ。

■走行データ

走行距離 105.49km

走行時間 4時間34分9秒

平均時速 23.0km/h

最高速度 44.9km/h

消費カロリー 1694cal

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2013年8月10日 (土)

日本航空母艦 瑞鶴 完成

本日は、外は雨なので、家でプラモを作りました。

↓クリックすると大きくなります。

Syoukaku01


ウォーターラインシリーズ 日本航空母艦 瑞鶴 1/700 タミヤ

Img00539


Img00541


Img00542


Img00545


■瑞鶴主要項目

基準排水量 25,675トン

全長 257.5m (飛行甲板長 242.2m)

速力 34ノット

搭載機数 84機

対空兵装 12.7cm連装高角砲8基 25mm三連装機銃12基

■瑞鶴について

ロンドン条約の効力が切れたことで海軍の要求通りの設計で建艦。翔鶴と姉妹艦である。

当時世界最高レベルの空母。

昭和13年5月 建造開始

昭和16年9月25日 竣工

昭和16年12月 真珠湾攻撃に参加

昭和17年4月 セイロン島沖海戦 イギリス空母ハーミス撃沈

昭和17年5月 珊瑚海海戦 アメリカ空母レキシントン撃沈 ヨークタウン大破

昭和17年6月 ミッドウェー海戦不参加

昭和17年8月 第2次ソロモン海戦

昭和17年10月 南太平洋海戦

昭和19年6月 マリアナ沖海戦 爆弾1発を受ける 僚艦翔鶴沈没

昭和19年10月 フィリッピンレイテ沖作戦のおとりとして出撃 25日フィリッピン沖に沈む

↓自転車と関係ないけどよかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2013年8月 8日 (木)

本 『あの戦争と日本人』

Img00532_2

『あの戦争と日本人』 半藤一利著 文春文庫

終戦記念日も近いので戦争について書いてある本を読んでみました。

「あの戦争」とは、「太平洋戦争」とも「大東亜戦争」とも呼ばれているもの。

どちらの呼称もイデオロギー的なものをはらんでしまうので「あの戦争」と呼称したということです。

半藤さんのベストセラー『幕末史』にも書かれているように、歴史というのは見方によっては、全く違ったものとして捉えらえるもの。歴史的事実を知り、その事実を積み重ねて自分なりの歴史観を持つことが大切であると語られています。

この本を読んで、いろいろと教科書的事実以外のことも知ることができました。

教科書的には、あの戦争は、軍部の独走により国民を不幸な結果に導いたという捉えですが、この本では、民衆や世論が大きく関係していたということがわかります。

日露戦争後、様々な国の外圧が高まり、それに反発する形で威勢のいい論調を載せている新聞が発行部数を伸ばします。平和派の新聞や穏健な新聞は、発行部数を減らし、ついには、強硬に主張する新聞ばかりとなってしまいます。ますます世論は、一方向へ・・・。

現在、嫌韓、嫌中の考えが広まっていますが、このように一方向だけに流れていくのって大いに問題があるようです。

特に日本は、幕末の攘夷のように、一度燃え上がったらどこまででも行ってしまう。今までの歴史に学び、冷静に考えることが必要なようです。

戦後68年。戦争は過去のことと片付けてしまうのはなく、私たちの未来のために、いろいろと知ることが大切だと感じさせてくれた本でした。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2013年8月 6日 (火)

ロングライド 雄武-枝幸 109km

日曜日から本日まで夏休みでした。

日曜日は、下の娘を迎えに札幌へ。

ついでに、劇団四季『美女と野獣』見てきました。

かなり前の席だったので迫力ありました。

月曜日は、旭川に寄り道して買い物。雄武に帰ってきました。

本日朝は、病院で定期検査。10時頃終わったので、ひさびさ自転車乗りました。5日ぶりかな。

夕方に用事があったので、時間限定、枝幸町まで往復しました。

ほぼ平坦、海沿いコースのなので、なるべく止まらないように走りました。

Img00533


よい天気!これからが北海道の一番いいシーズンですね。雄武町は、本日最高気温23℃くらいでした。

海風も気持ちいいです。風は海から。少し追い風なので、30kmくらいで巡航。

下り坂だと40km以上出てます。気持ちいいです。

10時30分くらいに出て、12時30分前に枝幸町のセイコーマート(国道沿い)に到着。

Img00534

おにぎり、飲み物を買うものの、止まると暑い!!

日差しをさえぎるところもないので、枝幸町で適当な公園を探してさまよいます。

2kmほど行くと、公園らしきところにたどり着きます。

Img00536


誰もいない。カラスの天下です。数十匹集ってます。

ベンチもカラスのふんだらけなので、芝生に座って一休み。

昼食を食べて帰路。ごみを捨てるところがないので、しょうがなく後ろのバックにくくりつけます。ちょっと場所が悪く、たびたび後輪にすれる。

帰りはさすがに疲れましたが(少し向かい風)、これもなるべく休まず、雄武町まで。

2時間ちょっとで帰着。

雄武町のセイコーマートで、アイスを買って家へのおみやげにしました。

真夏の海沿いの道は、とても気持ちがよかったです。

たくさんのツーリストさんとも出会いました。

旅行シーズンですね。北海道ツーリングの皆さん、がんばってくださいね。

■走行データ

走行距離  109.00km

走行時間  4時間2分57秒

平均時速  26.9km/h

最高時速  47.3km/h

消費カロリー 2212cal

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

日本ブログ村

無料ブログはココログ