« 富良野ライド2013に参戦 その1 | トップページ | 富良野ライド2013に参戦 その3 »

2013年6月25日 (火)

富良野ライド2013に参戦 その2

ラジオ体操の後は、準備体操。おいおいまだやるのかいと思っていると、「優游さん」と、スリムな若者にあいさつされました。

はて、誰かしらと思い、聞いてみると、なんとgossyさんでした。ブログを始めたとき、gossyさんのブログにいきあたり、フムフムこのように書けばいいのかと参考にさせていただいたり、ツイッターを始めたとき、最初のフォローをさせていただいたり、言わば私の自転車界の先生であります。

昨年の紋別センチュリーのときニアミスをしているのですが、あいさつに至らずこれが最初の生の出会いとなります。

gossyさんは、この4月から「孤独のBicycle」というブログを立ち上げ、さらに最近では、29erMTBを購入し、さらには、今週末には、「TOUR OF KAMUI ルスツ大会」に参戦と、ますます独自の自転車道を究めようとしています。

今後のgossyさんの活躍に目を離せません。私と同じように興味を持った方はぜひgossyさんのブログを見てくださいね。 → http://gossy54201.blog.fc2.com/

さて、7時30分、いよいよ出発の号砲が。でも、かなり後ろの方だったのでなかなか出発となりません。スタートしたのはなんと20分後。

さらに、出発点は市街地なので、渋滞です。

Dsc01906

スタート後は、こんな感じ。

あ、前回言った、この大会の目標について語るのを忘れていました。

自転車の楽しみはそれぞれです。ゆっくり景色を楽しむポタリング系、目的地までをひたすら前へ進むブルベ系、スピード勝負の競争大好きレース系といろいろあります。で、自分はどこを目指したらいいのか考えたた結論が、ブルベを走ってみたいという結論でした。

出るなら、200kmからかなと思うのですが、今年は日程が合わず断念。それで、富良野ライドを、来年度ブルベを走るための練習の一環にしようと思ったのです。

ブルベの制限時間は、平均すると時速15km/hくらいに設定されているのですが、途中何があるかわかりませんから、時速20km/hくらいで走りたい。200kmだと、朝7時に出たら、10時間後、午後5時までにはゴールしたいなと思います。

という計算で、富良野ライドでは、エイド4を11時には通過し、13時30分までにはゴールしたいと考えました。と言ってもせっかくの富良野ライド、おいしいものも食べつつ、目標達成を目指しました。

出発の時間は、思ったほど温度が上がらず、半袖、レーパンでは、ちょっと肌寒いくらい。市街地を抜けると渋滞が解消されて20kmオーバーくらいで進むようになりました。

ゆるゆる16kmくらい行くとエイド1の富田メロン到着。ここではメロンが提供されるのですが、混雑が予想されるのでパス。メロンは妻の実家から送られてきていて、すでに食べているので食べなくてもいいやとエイド2を目指します。

後で皆さんのブログを見ると、メロンにアイスが・・・。おいしそうだなあと少し後悔。でも、自分の選んだ道、ただ突き進むのみ。

交通量はぐっと減って、走りやすい道を進みます。26km地点、エイド2日の出公園到着。

Dsc01907

ここは、しっかり補給。ジンギスカン、じゃがいも(バター付)、アスパラ(マヨネーズ付)、おにぎり。どれもおいしいです。

何しろエイド4を11時までに通過しようと思うので、休憩もそこそこに出発。

ここから美瑛の丘めぐり。細かくアップダウンが続きます。でも、エイド4を過ぎたところからの長い坂があるので、ここでは足を温存しておかなければなりません。

昨年は、登り坂ってほんとに嫌いでしたが、今年ダンシングで登るようになってからは、そうでもなくなりました。

登り坂の極意は、とにかく早く登っちゃうこと。3分かかっている坂があったら、2分30秒くらいでのぼっちゃったほうがいい。そのほうが苦しい思いをする時間が少なくなるから。

ということで、数人のスパー速い人には抜かされましたが、あとはどんどん抜いていきました。

たまにカップルで参加しいる人がいて、ほほえましかったり、うらやましかったり・・・。

でも、私が二人で参加したら、ついつい本気で走ってしまい、彼女を置き去りに・・・。そして、「もう二度と出ない」なんて言われたりして・・・。なんて、妄想をしながら、美瑛の丘を登り降りします。

で、坂を上ったところにありました。エイド3、拓真館。42km地点。誰かの写真を飾ってあるらしい。

Dsc01908

ここでの提供は、チュロス&クッキーとなにやら黄色いスポーツ飲料。

Dsc01909

右側がチュロスですが、これがなかなかおいしい。ついもう一ついただきました。

ドーナツを伸ばしたようなものですが、もちもちとして気に入りました。これならおみやげに買ってもいいなと思う。

ここで、すでに10時近く。本当にエイド4を11時までに通過できるのか、ちょっと不安になります。

長くなりました。以下次回に続きます。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

« 富良野ライド2013に参戦 その1 | トップページ | 富良野ライド2013に参戦 その3 »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ~!
富良野完走ご苦労様でした^^

私は思い入れのある網走センチュリーに参加してきましたが、富良野のコースで景色を楽しんでみたいと思いましたよ^^

私もまだ200kmを走った経験が無いので、今年は1度でもいいので200kmに挑戦してみたいと思っています。

いつか雄武町までいってみたいなぁ~(笑)

この度は過分なるご紹介を賜り、ありがとうございます。
身に余る光栄で、ちょっと顔から火を吹き出しそうな恥ずかしさを感じたりしちゃったりするのでありました。

第一エイドでゆっくりアイスを食べた私は、そっから猛チャージをかけて優游さんに追いつこうなどと思っていたのですが、まるで追いつきませんでしたね。
(五郎の家の手前ですれ違ったのですが、お気づきになられましたか?)
このペースでしたら十分ブルベも行けるのではないかと思います。

上り坂に対する考え方は私と同じですね。
自転車は慣性のスポーツだと思いますので、かえってゆっくり行くと余計にしんどいです。
私も重いギアでガシガシ行くようになってから、そんなに疲れないで坂が上れるようになったと思います。

では、続き、楽しみにしております。

lalankaさん、こんばんは。
雄武のコースも、富良野に似てますよ。ただ遠くに見える山々はありませんが・・・。
富良野は、何という山かわかりませんが、2000m級の山が美しかったですよ。

雄武-斜里で212kmですから、羅臼からだと300kmあるかもしれませんね。
ぜひ機会があったらいらしてくださいね。

ごしさん、こんばんは。
五郎の家に向かう長い坂道で追いつかれるのではないかと思いましたよ。
でも、ごしさんのブログでを読んで予備知識を持っていたので、美瑛の坂で脚を使いきらないように気をつけましたよ。
おかげさまで、後半あまり失速しないで走れました。

>五郎の家の手前ですれ違ったのですが、お気づきになられましたか?
すいません、この辺記憶がありません。きっと妄想の世界に入っていたのかも(笑)

後で書こうと思うのですが、200km走るのにはいくつか課題があるような気がします。今後、改善して挑戦していきたいと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587287/57664467

この記事へのトラックバック一覧です: 富良野ライド2013に参戦 その2:

« 富良野ライド2013に参戦 その1 | トップページ | 富良野ライド2013に参戦 その3 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

日本ブログ村

無料ブログはココログ