« 夜も走ってみた | トップページ | 紋別ファミリーサイクリングに参加する 前半 »

2013年6月13日 (木)

本 『FUN RIDE 7月号』

Img003611

前回は、5月号を購入したのですが、先月号は買うのを忘れて、今回7月号を買いました。

ということで、定期購読になるかもしれません。

新しく発売になった自転車の紹介、自転車小物の紹介、ライドテクニックなどが載っていて、自分にはちょうどいい自転車雑誌です。

今回の特集で役に立ったのは、「上がりは楽しめ3つの法則」。

その中でもダンシングのコツが書いてあるところ。

「ゆっくりダンシングの法則」というのがあって、ダンシングを習得するために、上り坂で下ハン握って、重いギアでゆっくり回すと疲れないという内容です。

今までは、坂があるとギアを軽くしてケイデンスを落とさないようダンシングしていましたが、すぐに疲れてしまい、スピードダウンという感じでした。

で、書いてあるとおりやってみると、いいかもしれない。

ゆっくりと回してるので疲れません。慣れてくるとかえって坂が近づくとギアを重くするくらいです。

なぜ、下ハンを握るのかよくわかりませんが、きっと脚に力が入りすぎるのを防ぐのかもしれません。

何の運動でも、身体の動きを身に着けるときは、スピードを遅くして正確な動作を身体に覚えこませますが、それと同じことみたいです。

これが身についたら、ブラケットを握って上る(上体を起こしたダンシング)、白線に沿って走る(まっすぐ走る)という段階を踏んで、ダンシングが完成します。

このことを知るまでは、坂道はいやだなあと思っていたのですが、今は積極的に上るようになりました。

まあ、やっぱり坂はつらいのですが、練習を重ねて「坂、どんとこい!!」と言えるようになりたいですね。

坂に苦手意識を持っている皆さん、『FUN RIDE 7月号』いいかもしれません。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

« 夜も走ってみた | トップページ | 紋別ファミリーサイクリングに参加する 前半 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587287/57585523

この記事へのトラックバック一覧です: 本 『FUN RIDE 7月号』:

« 夜も走ってみた | トップページ | 紋別ファミリーサイクリングに参加する 前半 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

日本ブログ村

無料ブログはココログ