« 『50代にしておきたいこと』 | トップページ | とうとう雪が積もる »

2012年11月21日 (水)

一生を一日に例えると

昔、何かで読んだかき聞いたかしたことに、一生を一日に例えると何時になるかというのがありました。

自分は、一日のうちどのくらいになるのか、なかなか面白い例えなので改めて考えてみました。

人生84年として、24で割ると、1時間あたり3.5歳、10分あたり0.6歳となります。

これをあてはめると、中学校卒業が、4時20分くらい。まだ夜も明けていません。

大学卒業で、6時15分。やっと目覚めたくらいですね。何もわからなくて当然なのでいろいろと教えてあげましょう。

42歳。職場で中堅どころですが、これで12時頃。やっとお昼です。

60歳。定年退職ですが、ここで17時10分くらい。勤務時間が終わって家に帰る時間です。現在少子高齢化が進み、もう少し働かなくてはならない時代になりました。まだ休めないみたいですね。18時過ぎに仕事を終え、帰ることができるかな。

ということで、私54歳は、15時30分くらい。もうすこしで家に帰れますが、最後の一仕事しなければならない時間です。また、家に帰ったら、何をしようか考える時間ですね。

54歳というのは、人生だいぶ過ぎたけど、まだ十分何事かするための時間が残っているという感じでしょうか。

時間は大切。限りがあります。大切にこれから過ごしていきたいと改めて思いました。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

« 『50代にしておきたいこと』 | トップページ | とうとう雪が積もる »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587287/56162201

この記事へのトラックバック一覧です: 一生を一日に例えると:

« 『50代にしておきたいこと』 | トップページ | とうとう雪が積もる »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

日本ブログ村

無料ブログはココログ