« にほんブログ村ランキング | トップページ | 初雪降りました »

2012年11月18日 (日)

お薦めの本10

Oikaze

『追い風ライダー』 米津一成著 徳間書店

『自転車で遠くへ行きたい』、『ロングライドに出かけよう』の作者が、初めて書いた自転車小説です。五つの独立したショートストーリーからなっていますが、各ストーリーが微妙につながっていて、自転車乗りは大きな輪でつながっていることが示唆されています。

ロングライド、ヒルクライム、自転車通勤、ブルべ、ホビーレースなど自転車乗りにとっておなじみの素材が取り上げられています。こんな気持ちで始めたなあとかこんな気持ちで走っていたなあとか胸がキュンとする設定がたくさんあり、ライダーであればいろいろな場面で楽しめるはずです。まだ、自転車に乗っていない人も、自転車乗りについて理解を深めることのできる小説です。

なにゆえ、人は自転車に魅せられるのでしょうか?それは、現代社会で失われた人間性を自転車の乗ることにより回復できるからではないでしょうか。子どものころ誰もが乗った自転車。わくわくしながら風をきって乗った楽しさ。でも年を取ると、その気持ちを忘れ電車や車などで移動をし、毎日の仕事に追われ、ギスギスした人間関係に疲れていく。そんなときにふと自転車と再会し、子どもの頃の感動に触れる。自分の力で自分の意志でどこへでも行けることを再発見するのです。つまり、いろいろなものから自由になれる。そんな魅力にとりつかれ、速く遠くを目指して人は自転車に乗ります。そして自転車乗り同志の連帯が広がっていく。

五つの中のストーリーで一番のお気に入りは、「さとうきび畑」。

ホビーレースに夢中になり、熱心に練習に励むが、ある事故をきっかけに自転車に乗る目的を見失う主人公。そんなときあるところで知り合った可愛い娘の誘いにより、多摩川サイクリングロードでの練習が始まる。なりゆきで再びツール・ド・おきなわ市民レースに出場することに。「だめなら棄権すればいいや」といつもの投げやりな考えの主人公に渡されたボトルにはあるメッセージが。ひさびさ小説を読み少し涙ぐみました。良かったです。優柔不断な彼氏には、最高の彼女ですね。

自転車を愛する人、また自転車に興味ある人にとってお薦めの一冊です

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

« にほんブログ村ランキング | トップページ | 初雪降りました »

」カテゴリの記事

コメント

拙い本をこんなに褒めていただいてありがとうございます。各ストーリーのつながりはホントに書いていて自然につながっていきました。自転車乗りはどこかでつながっている…それは本当にそうなのでしょう(^^

米津さん、こんにちは。
作者から、コメントいただけるなんて嬉しいです。happy01
これもネットならではのことですね。

これからも自転車の魅力発信していってくださいね。
私も私なりにいろいろ発信できたらと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587287/56141371

この記事へのトラックバック一覧です: お薦めの本10:

« にほんブログ村ランキング | トップページ | 初雪降りました »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

日本ブログ村

無料ブログはココログ