« センチュリーラン紋別参加記 その1 | トップページ | ロングライド 猿払-宗谷岬 前半 »

2012年10月 8日 (月)

センチュリーラン紋別参加記 その2

センチュリーラン紋別参加記 その1 ↓

http://youyou-roadbike.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-056b.html

配られた冊子を見ると、ハーフ85km参加者が56名、クォーター43kmが21人です。

開会式の時、声をかけられたのが、なんと小学校の同級生。

昨年から運動不足のため、自転車に乗り始めたということです。お互いのお腹の脂肪を比べ、これからの健闘を誓いました。

名簿を見ると、60代、70代の方もいて、自転車は健康ならばかなり続けられるのだなと思い、嬉しくなりました。

いよいよ9時からスタート。ハーフ6組、クォーター3組、1分間隔でスタートです。

私は、クォーター。最後から2組目スタートです。

ピストルをならしてくれるので、まるでレースに出るようです。この雰囲気は、高体連に出場して以来。ドキドキして昔を思い出しました。

いよいよ我が組10人がスタート。最初はゆっくり目ですが、どんどん抜かして前に出ていきます。

誰か速そうな人についていこうと思いましたが、誰が速いかわからないので、とにかく前に出て行こうと思いました。抜かされたらその人についていこうという作戦です。

で、かなり飛ばしたので、心拍数が上がりすぎです。このままじゃもたないかもと思いましたが、2時間以内に終わるので、がんばることにしました。

前の組の人も何人か抜かしていくと、後ろに誰ががついてきます。

中渚滑の交差点まで先頭でしたが、ここで後ろの人が前に出ました。グリーンのシマノジャージの方で、私より年配のベテランライダーのようです。私は白のシマノジャージなのでシマノジャージ軍団で行くことにしました。

結局この方とゴールまで同行することになります。

後ろにつきましたが、思ったことは、すごく楽!!

風が強かったので、けっこう先頭を走るのはつらいものがあります。でも、後につくとペダルが軽い。

同じペースでこいでいると前にぶつかりそうになります。

で、後についていくのがいいのですが、そればかりではいけないと思い、また前に出て牽きます。

上渚滑の手前の交差点で左折。上り坂が始まります。この登りがポイントと思い、がんばってペダルを踏みます。

ハーフの方も何人かかわしてやっと頂上。あとはいっきに下ります。

ここ気持ちいいです。つきあたりを左折。ハーフはここを右折して鴻之舞を目指します。

ここからグリーンジャージの方と前に行ったり後ろに行ったりで国道を目指します。

風は追い風になるはずですが、そうでもないみたいで、かなり強く感じます。

また横風になることも多く、つけたゼッケンが風になびきます。

私の取り付け位置がちょうどふとももにあたるところで何度もあたります。で、位置を変えよと思ったらふとももに刺さること数度。途中で直すこともできないので、そのまま行きますが、次回ゼッケンの位置はよ~く考える必要があります。

ずっと、がんばって走っているので、のどが渇きます。給水も走りながらボトルからとります。まるでレースのようです。

国道238号線に出て、あと数キロ。でもここの坂がなかなかきつい。

でも最後と思い先頭で行きます。

で、最後の坂の頂点で、グリーンジャージの方が前に出ます。あっという間に差は開きます。いままで足を使うだけ使ってきたので着いていくことができません。

で最後の信号にもひっかかりかなり遅れてゴール!!

信号で3度ほど止まった以外は、一回もとまらず43kmを走りました。

よくがんばったな~とかなり満足です。

来年は、やっぱり85kmに挑戦したいですね。

記録は、ストップウォッチを押すのを忘れたのでわかりませんが、1時間30分台だと思います。後程、記録が郵送されてくるということなので楽しみです。

ゴール後、バナナとアクエリアスとチョコをもらい食べました。

最高においしかったです。

ふとももが痛いので見てみると、こうなっていました。

A100604

まあ、かすり疵ですが、かなり痛い。

教訓:ゼッケンは前のほうにつけましょう。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

« センチュリーラン紋別参加記 その1 | トップページ | ロングライド 猿払-宗谷岬 前半 »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
85kmで走ってました。
初音ミクのジャージで悪い意味で目立っていた者です。
85kmは地味にアップダウンがきついコースですが達成感があるコースですので是非来年はチャレンジしてみてください

朧月さん、はじめして。
あの伝説のでかふもまりさで有名な朧月さんにコメントしていただき光栄です。

アップダウンは苦手ですが、来年は、なんとかレベルアップして85km走りたいと思いますのでよろしくお願いします。

お疲れさまでした。
朧月さんのコメントにもあるように、85kmコースは後半のアップダウンがかなりえげつないですが、一気に下って、下りの反動を使って上れば、そんなに体力は消耗しないような気がします。
センチュリーラン紋別も終わり、ほぼ自転車シーズンは終わりを迎えてしまいましたが、来年はオホーツクサイクリング、センチュリーラン紋別で直にお会いできればと思います!

ごしさん、こんばんは。

来年のオホサイ、センチュリーラン紋別をモチベーションに毎日の練習がんばります。

でも、今日の朝も3度。すごく寒い!!あと1ヶ月くらい走れるかしら?

伝説にまでなってましたか・・・。
というのは冗談でかまって欲しいが為に色々やってますので
どんどん声を掛けてくださいな!
来シーズンになってしまいますがオホサイか紋別で会いましょう!

朧月さん、はい、わかりました。

よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587287/55846463

この記事へのトラックバック一覧です: センチュリーラン紋別参加記 その2:

« センチュリーラン紋別参加記 その1 | トップページ | ロングライド 猿払-宗谷岬 前半 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

日本ブログ村

無料ブログはココログ