« 相手にとって不足はない 日本シリーズ | トップページ | 日本シリーズ第4戦 日本ハム勝利!! »

2012年10月29日 (月)

お薦めの本7の2

『より速く、より遠くへ!ロードバイク完全レッスン』 西加南子著の続きです。

■なるほどと思ったこと

・顔は常に上げて、目標を20~30m先に置きます。<下を向いてると危ないですからね。>

・週5回トレーニング基本に。休養もトレーニングのうち。<確かに毎日乗っていると疲労が蓄積します。>

・トレーニングは量より質。<平日のトレーニングは30分ぐらでも十分。週末は50km~100kmを。>

・体幹=コアを鍛えよう。<インナーマッスルが大事なのね。>

ということがわかって、大変ためになりました。

最後の方に様々な体幹トレーニングが載っていて、少しやっていましたが、これが全然できません。

簡単な動きも多いのですが、それさえもできなかったのでびっくり。

例えば、壁から15センチくらい離れて立ち、身体を前に曲げていき足を伸ばしたまま指先を床につけると言う動作。全然つきません。体が硬い!

長年の運動不足ですっかり体がさび付いているのですね。

これからはオフシーズンになりますので、風呂上りなどにやってみて、ロードバイクに乗れる身体つくりをしていきたいと思います。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

« 相手にとって不足はない 日本シリーズ | トップページ | 日本シリーズ第4戦 日本ハム勝利!! »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

僕はフレームと平行に膝が動いてるかを確認する為に下を向く事が多いですねぇ。
単独もしくは、クラブメンバーと走る時は最後尾なので接触の心配はありませんが。
冬場のトレーニングはスケートがオススメです。

私もこの本、持っております。
トレーニングは量より質というところが、特にそうだなあと思いましたね。
私は住宅事情でローラー台は使えないものですから、9月からジム通いを始めて、エアロバイクでインターバルトレーニングを取り入れていますが、これが30分でもめちゃくちゃキツいです。
ただそのおかげか、ブルベ長万部400以来、ほとんどロードに乗っていないにも関わらず、紋別では上りでも息切れをおこすことなく、よいタイムで走れたかなあと思っています。

私も異常に体が固いもので、冬場に少しでも柔軟性を高めるように努力したいものです。
お相撲さんの「腰割りストレッチ」で、現在、股関節を柔らかくしようとしているところです。
http://www.youtube.com/watch?v=zI8l-1v39fw
相撲パワーで、来年はもっと軽快に、柔らかく走れるようになりたいものですね。

MCCさん、こんにちは。
私も下を向いて走っていること多いのですが、このあいだ車が左側で止まっていて、直前まで気が付かないことがあって、やはり前を見るべきだと感じました。

冬のスポーツ何かやりたいですね。スケートは持っていないのでやっぱりスキーかな?

gossyさん、こんにちは。
私も、ローラー台使える環境にありません。でも、この本、やたらにローラー練習の利点が紹介されているんですよね。
エアロバイクも近くにありませんし・・・。

「腰割ストレッチ」だけは手軽にできそうですね。ビデオで研究してみます。
情報ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587287/55999535

この記事へのトラックバック一覧です: お薦めの本7の2:

« 相手にとって不足はない 日本シリーズ | トップページ | 日本シリーズ第4戦 日本ハム勝利!! »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

日本ブログ村

無料ブログはココログ