« センチュリーランの練習 | トップページ | 宇治原流練習法 »

2012年9月30日 (日)

パンク修理をしてみる

昨日は、休日だったので、先日パンクしたチューブの修理をしてみました。

20~30年前に、ノーマル自転車のパンク修理をしたことがあるので、できるだとうという気楽な感じで。

でも結論は、難しい。

ロードバイクの場合は、非常にチューブが細いのです。

で、パッチを貼ると、このようになってしまいます。

Panku


黒いのがチューブ、赤いのがパッチです。パッチの端がはみでてしまう。

何度かやり直しましたが、うまく貼ることができず断念しました。

そして、チューブ自体が1000円ちょっとで買えるので、そんなに苦労してパンク修理しなくてもいいやという結論に達しました。

年にそんなにパンクするものでもないし、チューブは消耗品として考えて。

多くのロディの皆さんは、パンク修理どうしていますか?

単にやり方が悪いだけなのか、疑問に思っています。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

« センチュリーランの練習 | トップページ | 宇治原流練習法 »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

貧乏性の僕は3回まではパッチ当てますね
4回目にパンクしたらチューブ交換
ただしバルブ周りに穴が開いたら即交換してます

dadadaさん、コメントありがとうございます。
3回まで大丈夫ですか。
パッチ小さめのを当てればいいのかな。
次回のパンクで挑戦してみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587287/55779152

この記事へのトラックバック一覧です: パンク修理をしてみる:

« センチュリーランの練習 | トップページ | 宇治原流練習法 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

日本ブログ村

無料ブログはココログ