« サドルの調整 | トップページ | お勧めの本2 »

2012年6月 8日 (金)

ハンドルの高さを調整する

昨日の続きです。

サドルが高くなったので、ハンドルも高くしようと思いました。

それで、ねじを回し、このくらいだろうというところで固定し、10キロ程乗ってみました。

いい感じと思ってロードバイクを見てみると、なんと前輪ががたがたしているではありませんか。前部が分解しているといっても過言ではありません。大変危険な状態でした。

ハンドルを高くするためには、スペーサーというものをはさみこまなければならないということをこのとき初めて知ったのです。

さっそく自転車屋さんに行って、スペーサーを注文しました。在庫はなく1週間くらいかかるということでした。

昨日届いてさっそく取り付け。いろいろ長さがあって、2センチほど上げればと思っていたのですが、ハンドルを固定している垂直のねじがそれほど長くないので7ミリほどしか高くできませんでした。

それでも、前よりはよほど楽な姿勢となり、今のところ快適です。数ミリの調整でいろいろ変わるロードバイクってすごいですね。

Spacer

丸い輪がスペーサー。10mm、5mm、2mmとサイズがあり、これを組み合わせて使います。

« サドルの調整 | トップページ | お勧めの本2 »

ロードバイク」カテゴリの記事

コメント

なんの準備もないわたしのような人が、突然、自転車(ロード)に乗り始めると、うまく走れないし、サドルは高いし、ハンドルは遠いし、位置は低いし…。

おかしいんじゃないか?と、思いました。

買った店の店員さんは、何も知らないわたしにこう言いました。

「ロードに乗ってない人がいきなりロードに乗ったって、違和感しかありませんよ。ロードに乗る身体ができてこないと。
ポジショニングはそれからです。いや、同時進行かな?
身体ができてくると、サドルも更に上がっていくし、ハンドルも高くしようと思わなくなる。しゃくれにした人も下げる。」

要は自転車用の身体にならなければ、自分のものにならないと。

優游さんも、次第にポジションは変わって来ると思います。

yagitaさん、こんにちは。
雑誌を見ていると、身体データから理想のポジションを設定してくれるお店屋さんが紹介されていました。いいな~と思いましたが、まずは、とりあえずの設定で、身体づくりですね。
高いサドルには、だいぶ慣れてきました。
信号で止まるたび、ちょっと苦労しますが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587287/54913346

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドルの高さを調整する:

« サドルの調整 | トップページ | お勧めの本2 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

日本ブログ村

無料ブログはココログ