2020年2月 8日 (土)

キャンプ用品を買いました

ツーリング車の次は、キャンプ用品です。

北海道旅行は、何泊にもなりますので、キャンプがどうしても必要となります。

ということで、モンベルさんのカタログを見てから、先日小清水のお店で買ってきました。

20200126_095556

今回購入したのは、右からテントのレインフライ(テントの外側カバー)、テント、

寝袋、寝袋の下に敷くエアパッドです。

Img_20200126_0513

テントは、ステラリッジテント2型、2人用です。

荷物を置くために2人用にしました。

Img_20200126_45746

レインフライは、ブルー。上にかぶせるとこのようになります。

20200126_095122

支柱、付属品はこんな感じです。

20200126_095710

寝袋は、畳むとこのくらいの大きさ。右は文庫本なので、比べてみてもかなりコンパクトになるのがわかります。

Img_20200126_54168

手に持つとこんな感じ。

20200126_095154

広げるとちゃんと寝れます。

購入したのは、ダウンハガー800の#5です。

カタログでは、コンフォート温度8℃、リミット温度4℃とあります。

中に羽毛が入っていて、ちょと高価な寝袋です。

20200126_095221

こちらはエアパッド。空気を入れてふくらませます。

90センチの半身としました。下のほうは、カバンなどを入れようと思います。

これだけ買うとかなりの金額になりますので、モンベツの会員となりました。

Img_20200126_2979

会費はかかりますが、ポイントがもらえるので、実質3000円以上の値引となりました。

これで、晴れてキャンプができるぞ!

って今は、ちょっと早いですね。

冬山の装備ではないですし。

ブルべが終わったら、1泊程度でキャンプを楽しみたいと思います。

後は、コンロ、クッカー、ランタンなどが必要かな。

今後、徐々にそろえていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年1月25日 (土)

ツーリング車がやってきた! TREK520

先日、ツーリング車がTREK520が納車となりました。

 

自転車屋さんの店頭に並んでいたものがサイズがぴったりだったので、

 

そのまま付属品類をつけて早めの納車となりました。

 

2階まで運び、写真撮影。

Img_20200116_33695

素材はクロモリ。ロードバイクと比べるとけっこう重いです。

Img_20200116_22276

タイヤは、700×38C。かなり太いです。

Img_20200116_46166

リアのキャリア。

Img_20200116_5527

フロントのキャリア。

Img_20200116_27725

ブレーキは、ディスクブレーキです。

Img_20200116_54852_20200125104401

コンポは、SORA。フロント3段、リア9段。

Img_20200116_29621

ペダルは、SPDペダル。半面、ビンディングペダル、半面フラットペダルを採用しました。

Img_20200116_59492

ホルダーは3つつけてみました。ダウンチューブの下にもう一個。

 

まだ一回も乗っていません。

 

乗れるのは3月下旬でしょうか?

 

それまで眺めて過ごそうと思います。 

 

 

 

 

2020年1月18日 (土)

北海道一周計画

20216月出発予定の北海道一周の計画を立ててみました。

まだまったくこのようになるかはわからないんですが、とりあえず見込みということで・・・

旅は計画を立てるときが一番楽しいと言われていますが、楽しく作成することが出来ました。

 

基本的なおさえ

1.1日150km程度

2.3日に1度は、ホテルや旅館を利用

3.その他はキャンプ場で宿泊

4.海岸線を周る

 

20200118_094348

 

出発地(2日目以降は省略) 経由地 目的地 1日の距離 通算の距離

 

1日目

自宅(北見市) → 網走 → 知床野営場 122.1 122.1

2日目

  → 知床峠 → 築拓キャンプ場(根室市) 136.2 258.3

3日目

  → 納沙布岬 → 根室ホテル 79.7 338.0

4日目

  → 厚岸 → 釧路ホテル 162.3 500.3

5日目

  → 広尾キャンプ場 145.5 645.8

6日目

  → えりも岬 → 判官森館森林公園キャンプ場(新冠町) 152.1 797.9

7日目

  → チキウ岬 → 室蘭ホテル 147.2 945.1

8日目

  → オートリゾート八雲(八雲町) 113.7 1058.8

9日目

  → 恵山岬 → 函館ホテル 147.6 1206.4

10日目

  → 松前町 → 夷王山キャンプ場(上ノ国町) 145.7  1352.1

11日目

  → 浜中野営場(寿都町) 178.2 1530.3

12日目

  → 積丹岬 → 小樽市ホテル 153.9 1684.2

13日目

  → 黄金岬キャンプ場(留萌市) 148.8km 1833.0

14日目

  → 河川公園キャンプ場(遠別町) 93.1 1926.1

15日目

  → 野寒布岬 → 稚内ホテル 95.0 2021.1

16日

  → 宗谷岬 → はまなす交流広場キャンプ場(枝幸町岡島) 130.0 2151.1

17日目

  → コムケ湖国際キャンプ場(紋別市) 107.7 2258.8

18日目

  → 網走市 → 自宅(北見市) 112.6 2371.4

 

総日数 18日、総距離 2371.4kmの計画となりました。

こうして眺めてみると、北海道って改めて広いな~って感じますね。

 

2020年1月11日 (土)

体重管理

自転車に乗るのには、体重管理が欠かせません。

最初の内は、自転車に乗るだけでやせたものですが、年齢が上がるとなかなかそうもいきません。

体重が軽いにこしたことはないので、そこは努力が必要です。

私のダイエット方法は、体重計に毎日載って記録することです。

記録は、携帯のRecStyleという無料アプリを使っています。

シンプルなので比較的長続きしています。

ちょっと恥ずかしいですが、これまでの体重、体脂肪を公開。

Screenshot_20200111043118_recstyle

体重

Screenshot_20200111043205_recstyle

体脂肪

8月には目標まであと一息とせまりましたが、その後どんどん増えて、この年末年始で最高値になってしまいました。

体脂肪は、このごろ減少傾向です。

お正月も終わったし、これから反転攻勢をかけたいところです。

「自転車の軽量化よりも自分の軽量化をしろ!」と自転車の本にもよく書いてありますが、その通りだと思います。

3月末に自転車の乗れるようになるまで、なんとか減量を頑張りたいと思います。

急激な減量はできないいので、毎日少しずつですね。

 

2020年1月 5日 (日)

朝ランニング

冬季間は、自転車に乗れないので、その代わりに基本的に毎朝ランニングをしています。

 

自転車ローラー等は売り払ってしまったこと、筋トレは嫌いなので、冬季の運動はこれのみです。

 

朝、暗い中6時半に出発。今年は雪がなく、走りやすいです。

 

Photo_20200105142101

 

本日の気温は、マイナス15℃くらい。でも、完全装備をしているとそんなに寒さは感じません。

 

一区画ジョギングで、一区画はスピードアップという決まりで、だいたい5kmくらい。

 

平均ペースでキロ10分くらい。

 

たまに早歩きの方に合うのですが、それより遅い感じです(笑)

 

ゴール付近になると夜が明けてきます。

 

Photo_20200105142102

 

こんな感じでほぼ毎日走っているのですが、体重計に乗ると令和元年度の最大体重値を示しました。

 

Photo_20200105142103

 

年末・年始のごちそう続きで、摂取カロリーが消費カロリーを大幅に上回っているようです。

 

でも、継続は力といいますから、これからのランニングを続けて、体重減を目指したいと思います。

 

あと、イーブンペースでキロ89分で走れるように頑張りたいと思います!

 

 

 

 

 

2020年1月 4日 (土)

ツーリングの装備

2020年が始まりました。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 

さて、ツーリングするためには、装備について考えていかなければなりません。

 

そこで、先日紹介した本『北海道16の自転車の旅』に著者の長谷川さんの装備について書いてあるのでまとめてみて、今後の準備に役立てたいと思っています。

 

■自転車

ジェイミス「ノバ」2006年モデル。シクロクロス車。フレームはクロモリ鋼、フォークはカーボン。ギア比は変更してフロントが46/34T、リア12-27T。ハンドルエンドにバックミラー装備。

 

■タイヤ

シュワルベ「マラソン」、またはヴィットリア「ランドナー」。太さは32C。パンクに強く耐久性が高い。荒れた路面でもパンクしたことはない。

 

■キャリアとバック

キャリアはチューブス「ベガ」。ドイツのメーカー。バッグはモンベル「リアサイドバッグ」。容量は左右で30L。カーボンフォークのため、強度的にフロントバッグは装備できない。

 

■テント

モンベル「ストラリッジテント2型」2人用。重量2.06kg。快適性を考えれば一人旅でも2人用がおすすめ。

 

■ジュラフ

モンベル「U.L.スーパースパイラルダウンハガー #5」羽毛入り。+6℃以上用。重量0.46kg。軽量コンパクトだが濡れたら即アウトなので注意が必要。収納時は、漬物袋など丈夫なビニール袋で隔離する。

 

■マット

サマーレスト製の空気で膨らませるタイプを使用。足下はバッグなどを敷けばいいので半身でいい。

 

■調理器具

ガスストーブ(コンロ)は小型軽量なプリムス「P‐153」。クッカー(鍋)は1L程度のチタン製。ボンベは2~3泊なら230gボンベを1本で済ませる。それ以上なら予備を持つ。

 

自転車は発注済なので、まずは、大物のテントとシュラフですね。

そこで先日、モンベル小清水店に行き、カタログゲットしてきました。

Photo_20200104094601

 

Photo_20200104094602

 

予算と相談してこれからどれがいいか検討していきたいと思います。

 

 

 

 

2019年12月31日 (火)

2019年に観た映画・TVドラマ

家から車で10分ほどでイオンシネマがあること、ハッピー5555歳以上のサービス)が適用されるとことから(1,100円で観られます)、けっこう映画館で映画を観るようになりました。

 

2019年に観た映画は次の通り。

 

2月  『ファーストマン』

    『アリータ・バトルエンジェル』

4月  『アベンジャーズ・エンドゲーム』

    『キングダム』

6月  『ゴジラ・キングオブモンスター』

    『スパイダーマン・フォアフロムホーム』

7月  『アルキメデスの対戦』

8月  『ライオンキング』

    『ロケットマン』

11月  『蜜蜂と遠雷』

12月  『スターウォーズ・スカイウォーカの夜明け』

 

みんなそれなりに面白かったですが、No1は、『アリータ』かな。観る前にあまり予備知識がなかったので、それが良かったみたいです。

 

Photo_20191231105702

 

戦いのシーンに燃えました。

 

これ2作目の作って欲しいなあ。

 

映画館ではないですが、自宅でもTVドラマをよく観ました。だいたいアマゾンプライム、ネットフリックスでの視聴です。

 

『リベンジ』 シーズン4

『ローマ』  シーズン2

『ゲームオブスローンズ』 シーズン8

『ボーイズ』 シーズン1

『クラウン』 シーズン3(現在視聴中)

 

こちらもどれも面白かったのですが、なんと言っても『ゲームオブスローンズ』がNo1です。

 

Photo_20191231105701

 

架空の王国の興亡史なのですが、主役級の登場人物もどんどん死んでいったり、予測不能のところに引き込まれて行きました。

 

2020年も、良い映画、良いドラマにたくさん巡りあえたらいいなと思ってます。

 

 

 

 

 

2019年12月29日 (日)

本 『北海道16の自転車の旅』

20191229_083647-2

20191229_083658-2

本屋さんで見かけて買いました。

著者は長谷川哲さん。北海道の各地を2~3泊で自転車旅したものを写真と文章でまとめったものです。

『自転車人』という雑誌に連載中らしいです。

目に留まったのは、巻末にある装備のところ。わずか2ページたらずですが、自転車旅には何が必要か全く知識がないので参考にしようと思ったわけです。

これはとても参考になったので、後日まとめてみたいと思います。

 

で、ついでに16の旅にほうもパラパラ見ていたら、こちらも面白くて一気読みしてしまいました。

長谷川さんの旅は、いくつかルールがありまして次のようなものです。

  • 行き帰りは、JRを使う。輪行が必須です。
  • 基本的にキャンプ泊、場合によっては旅館、ホテルを活用。
  • 距離は200km350km。泊数は、2~3泊。
  • なるべく大きな幹線道路ではなく、未知の道を選ぶ。
  • シクロクロス車のため、砂利道を避けない。
  • ほぼ一人旅。

 

長谷川さんは、このような北海道の旅を「寂旅」と呼んでいます。こんな旅に私も共感するところがあるので面白く読みました。

特に道北や道東は、自分も走ったことがあるところなので、自分の体験と重ねて「そうだな~」と思いながら読みました。

 

ただ一つ残念だと思ったのは、本文中に使われている写真が白黒のみなことでした。カラーだと本の単価あがるからしょうがなかったのかもしれませんが、1枚の写真が旅心を誘うということは多いので、少し欲しかったなと思ったのです。

 

『自転車人』の雑誌には、たぶんカラー写真たくさん使われているんだろうな~。

 

いいなあ~、寂旅!

北海道の自転車旅に興味を持っている方はぜひ一読ください。

2019年12月28日 (土)

2021年の目標

来年600kmブルべを完走してからの再来年のことになりますが、次なる目標を考えています。

 

それは、北海道一周です!

 

北海道の海岸線をぐるっと一周回ってみたいなあ~と。

 

これは、2000km以上あり、少なくても10日以上かかります。

 

ということで、仕事をしている間はほぼ無理なので、仕事をいったん終了してから挑戦しようと思います。

 

 ロードバイクで挑戦とも思ったのですが、これだけ長期になると難しいので、なにはともあれツーリング車が必要と考えました。

 

 で、先日、注文しました。

 

520

 

TREK520Disc サイズ51

 

カラーは赤。リア、フロントにバックが取り付け可能です。素材はクロモリ。

 

フロント3段リア9段の27段変速。コンポはSORA

 

タイヤは32Cとかなり太いです。

 

荷物を積んで、基本キャンプなどをしながら周りたいと思います。

 

で、何日かかるかまだ見通しが立たないんですが、これから計画を立てていきます。

 

自転車でない旅もそうですが、計画を立てていくところが楽しいですよね。

 

 我が家で第2号となるTREK号は、自転車屋さんに展示してあったものですが、いろいろ付属品をつけてもらうことから、来年1月に納車予定です。

 

今からとても楽しみです。これから1年かけて必要なものをそろえると同時に、キャンプなどのスキルを高めて本番に備えるつもりです。

 

 

 

 

2019年12月27日 (金)

令和2年ブルべ参加計画

令和元年も押し迫り、もういくつ寝るとお正月~♪ という時期になりました。

AJhokkaidoさん、ランドヌール札幌さんのHPも更新となり来年度の予定も公開となりました。

 

ということで、優游の来年度の計画を立ててみました。

 

来年度の最大も目標は、やはり今年果たせなかった600kmブルべの完走です。ぜひともリベンジしたいと思います。

でも、来年度の日程を見ると、8月には大きなイベントがあり、前倒しされて7月の開催となっていますね。

あと、ランドヌールさんで行われていた旭川周辺のブルべもないようです。

ということで、いろいろと考えて次のような計画を立てました。

1.BRM505北海道200km函館

5月の連休は、札幌以南の初めての遠征。行き帰りでたっぷり3日は要しますが、一度は走ってみたかった函館です。どんな風景なのか楽しみです。

 

2.BRM517北海道200km十勝

こちらは、おなじみの十勝コース。最初に走ったブルべでもあります。なつかしい十勝平野を楽しんで走りたいと思いと思います。

 

3.富良野ライド120km

こちらは、ブルべじゃありませんが、6月は近隣のブルべがないようなので、おなじみの富良野ライドに出場します。食べ物も豊富なので、楽しんで走りたいと思います。

 

4.BRM711北海道600km宗谷岬

   そしていよいよ宗谷岬600km。ぜひとも完走したいですね。

 

Photo_20191227140601  

 で、目標を達成できたときのことも考えていまして、現在準備を始めています。そこのことについてはおいおいブログで書いていきますね。

 

雪と氷に閉ざされたここ北海道では、自転車に乗れるのは、早くて3月後半となります。あと3か月ほどでできることは、体力作りと減量。7月のブルべに向けて、今からできること頑張っていきたいと思います!!

応援いただけるとありがたいです。

 

«デザイン変更してみました