2017年7月22日 (土)

BRM716北海道300km北見に参戦 後半

弟子屈町を出発して、中標津町の開陽台を目指します。

なかなか調子が上がらず、平均速度の10km/hちょぼちょぼ。

雨も降り出し、だんだん激しくなってきます。

レインウェアを着こみ、開陽台の坂を登ります。

最後は10%以上の坂を登り、やっと頂上へ。ここまで145.5km。

ここは、360°のパノラマがみられるところですが、雨でまったく見えず。

また、疲れ切って見る気力もありませんでした。

ここは、有人チェックポイント。スタッフに方のチェックを受けます。

聞いたところ、走っている中で最後尾とのこと。

完走できるか、不安になります。

ということで、この後、写真も撮る気力もなく、文字のみになってしまいますが、ご容赦ください。

坂を下って、ガーミン君の指示通り進みます。どっちの方向に進んでいるのかわかりませんが、とにかく前に進んでいます。

16時6分、PC2中標津町セイコーマート計根別店に到着。ここまで165.8km。

緑のたぬき、ツナマヨのおにぎりで栄養補給。

その他、チョコレート、塩アメなどを補給。

ここからは北上。裏摩周展望台を目指します。

この辺もやけにきついなあと思っていたのですが、改めてデータを見てみると、500mくらい登ってます。

登っても登ってもまだ登りがある感じ。

清里峠を過ぎて左に折れて2kmほどさらに登り。

途中2度ほど休憩を取り、やっと着きました。裏摩周展望台!

Dsc_0436


雨のため、何も見えず(泣)

おまけに霧の摩周湖というだけあって、視界も不良。

ここでライト点灯。いったん上がった雨もまた降り出してきました。

ここから国道を通って清里町、さらに小清水町へ。

やっと下り基調になり、スピードも上がってきました。

しかし、雨はけっこう激しくなってきました。

雨中のナイトライドを続けること数時間。

最初のほうは、気温高めで、雨に濡れても大丈夫でしたが、夜になり気温も下がり、寒く感じてきました。

道の途中で止まり、持ってきたウェアに着替えます。

国道244号線に突き当り、あとは網走まで26km。

普段なら1時間あまりのなんということない距離なのですが、疲れていると遠く感じます。

海岸線をぐるっと周り、22時29分、PC3網走大曲店に到着。ここまで259.8km。

もう夜もふけて来ています。ブルベ仲間も誰もいませんでした。皆様、だいぶ先行しているようです。

この時、体が冷えてきていたので、暖かい飲み物、ジョージアエメラルドマウンテンがとてもおいしく感じられました。

その他、クロワッサン、から揚げ君などを補給。

ここから国道39号線を女満別方面へ。

美幌の町道を走っている時、メインライトのキャッツアイVOLT1600の電池が尽きてしまいました。

ちなみにこのライト、明るくてすばらしいです。

でもモードが間違えてしまったのかゴールまでは持ちませんでした。

途中、充電もできないようなので、ライトについてはまた考えねばなりませんね。

美幌から津別へ入り、活汲で右折。

朝来た道を戻ります。

登り基調ですが、あともう少しということでがんばります。峠を越えてあとは下り。

日付をまたいで1時21分にゴールです。

時間は、19時間21分。20時間が制限時間なので、ぎりぎりでした。

受付でチェックをして、無事終了。

この後、頼んでおいた「オツカレー」を食べました。

あまり量は食べれなかったけど、とってもおいしかったです。

この後、お風呂上りの土屋さんと再会。

聞くと11時頃ゴールとのこと。2時間くらい差が開いてしまいました。

今回のブルベ、思うように走れず苦しかったですが、夜の雨のライド等、貴重な体験をすることができました。

雨でもけっこう走れるものだと実感しましたので、今後に生かせそうです。

次回は、ランドヌール札幌さん主催の7月29日釧路400kmに参戦予定です。

こんな調子では、走り切れるか不安ですが、なんとか今回の経験を生かして完走したいと思います。

参加の皆様、主催様、またよろしくお願いしますね~。

□ガーミンデータ□

平均速度   18.8m/h

高度上昇値  2,471m

最高高度   752m

消費カロリー 9,205kcal

最高気温   35℃

最低気温   15℃

Dsc_0438

ブルベ後のQシート。

雨でほとんど読めなくなっている。

激走の様子がわかります。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

BRM716北海道300km北見に参戦 前半

7月16日(日)に、地元北見300kmブルベに出場しました。

今年2回目のブルベです。

Kitami300km

最初は、前日に行われた200kmに出場しようと思っていたのですが、お友達の土屋さんから「新しいコースの300kmの出よう!」とのお誘いを受け、こちらに参加することにしました。

朝4時頃起きていろいろと準備。5時過ぎに車で出発会場の若松自然休養村へ。

20分あまりで着いてしまいます。これが地元開催のいいところですね。

Dsc_0429

受付をして5時30分から、ブリーフィング。その後、車検、出発となりました。

でも、一緒に参加するはずの土屋さんが来ない!

出発間際になって、やっと来ました。聞いてみると、7時出発と勘違いしてたのこと。

ブルベは、7時出発が多いですからね。でも確認しましょうよ~。

土屋さん、まだ準備がかかりそうなので、ゆるゆると先に行くことにしました。

若松から活汲峠を越えて津別町へ。

活汲からは、国道240号線を南下。阿寒へ向かいます。

240号線に出たところで土屋さんが追いついてきました。土屋さん、今回はDi2搭載のニューマシンで参加です。

なんか、毎年1台買っている~。うらやましい限りです。

私の方も、ささやかにニューアイテム導入。

Dsc_0437

ガーミン520Jです。ブルベのルートラボデータをコピーして入れると、現在どの地点に居るか示してくれます。

使ってみて、とっても便利でした。電池持続時間が12時間だったかな。でもモバイルバッテリーで途中充電して、最後までしっかり持ちました。

400kmでも600kmでも、たぶんモバイルバッテリー1本でなんとかなりそうです。

津別市街をぬけ、相生からは徐々に登り。

Dsc_0430


釧北峠。ここからやっと下り基調。

8時56分、61.7km、阿寒湖セブンイレブンに到着。

Dsc_0431


これから、今回の最高標高750mの山越えがあるので、アンパンで補給。

このあと、土屋さんには「追いつくから、先に行っていて」と言って、ライトのホルダーが簡単に緩んでしまうので、調整をしました。

ライトがかなり重かったので、今回選択したのホルダーは役不足でした。次回はライトの固定について考えねばなりません。

さて、弟子屈町へ向けて峠越えです。

けっこうがんばって登りましたが、土屋さんに追いつけず。

結果、この後一度もゴールまで土屋さんの姿を見ることはできませんでした(泣)

Dsc_0432


双岳台。標高750m以上です。雌阿寒岳だったかな?

写真では、わかりずらいですが、かなりいい景色です。

このあと下って弟子屈町市街へ。ここまで約100km。

145kmの開陽台を目指しますが、ペースが上がらず。

この日は、かなり気温が高く、熱中症みたくなってしまいました。

前日も、北見は猛暑で最高気温は36℃!

この気温の中で昼は野球観戦、夜は前の職場のメンバーが集まり飲み会とけっこうハードなスケジュールでした。

加えて、気温が高い中の山登りと、疲れが一挙に出たようです。

ということで、前に進む気力をなくして、弟子屈市街の道の駅で休憩することにしました。

水をたくさん飲み、屋台で売っていた「焼き鳥」と「焼きそば」で栄養補給。

Dsc_0433

近くに足湯もあったので、足だけ温泉でまったり。

Dsc_0434

この足湯、けっこう温度が高いです。

と、しばし休憩して、40km先の開陽台へ出発。

でも、体調回復せず。登り基調になってきたこともあり、時速10km/h少ししか出ません。

おまけに、天気予報通り雨も降ってきます。

あと2/3もあるのに大丈夫だろうかと不安になります。

引き返す距離でもないので、ペースは速くなくても前に地道に進むことにしました。

大丈夫か、優游・・・。

後半に続く・・・

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2017年7月 2日 (日)

BRM618北海道200km新十勝に参戦 後半

PC2 上士幌市街を出て北へ向かいます。

目的地はチェックポイントの「ナイタイ高原牧場」。

よく地元の方が、鍛錬の場として登っている場所です。

Dsc_0400

牛がたくさんいます。

7~8kmくらい登りが続くのでさすがにきついです。

登り切った方がさっそうと降りてきます。とってもうらやましい気持ちですれ違います。

いつものことですが、ペダルを踏まなければこの苦しみは終わらないので、頑張って一歩一歩登ります。

13時34分、やっと頂上に到着。ここまで、111.5km。

眺めがいいです。十勝平野が見渡せます。

Dsc_0401

ここでのミッションは、あるアイスの値段を確認すること。380円だったかな?

一休みでアイスをいただきます。バニラ味。

Dsc_0403


おいしいです!

休憩の後は、ビューンとダウンヒル。

ブレーキをかけないと危ないです。坂の勾配かなりきついことを実感します。

後は、平地走行と思いきや、もう一ヶ所登りが用意されています。

士幌高原ヌプカの里。ここも6~7kmの登りです。

こちらに向かう途中で、コースを間違えてしまいました。

つき当たってから7kmほどで到着なのですが、なかなかつき当たらない。

スマホで調べてみると、右に曲がるところで真っ直ぐ来てしまったようです。

しかたないので、道なりに進むと、ヌプカの里まで10kmの標識を見つけました。

かなりの遠回りしてしまいました。余分に走ること10km!!

坂を登るためにとっておいた体力を使い果たし、かなりのスピードダウン。

心が折れてしまいました。

それでも前に進むしかありません。坂の途中で2回ほど休みを入れ、目的地のヌプカの里に到着。ここまで1391.8km。私のサイコンでは150km越えをしていました。

時間は記録していないので不明です。

Dsc_0404


ここでのミッションは駐車場の数字を確認すること。2番ですね。

ボトルの水をすべて飲んだので、ここで水道で水を補給しました。

またビューンとダウンヒルして、その後は広い十勝平野を西へ。10km走った後は南へ。

鹿追町を目指します。

17時15分、PC3 鹿追セイコーマートに到着。ここまで169.8km。

Dsc_0405


あと30kmほどで終わりですが、ブルベはここからがなかなかつらいところです。

帯広へ向かう道々54号線を20kmほど走るのですが、これがアップダウンをひたすら繰り返す道でした。

疲れてくるし、なかなか楽をさせてもらえません。

帯広市街地に入っても帯広の森は遠い。

暗くなってきたので、ライトを点灯して、ゴールを目指します。

そして、19時13分、帯広の森アイスアリーナに到着!!

203.1kmを走り切りました。上士幌でうろうろしたのとヌプカの里で迷ったので、実質走行距離は、220kmくらいになっていました。

Dsc_0406


ゴール受付をしてから、恒例のインデアンカレー。

Dsc_0407

ハンバーグカレーを注文。おいしかったです。

いつ来ても、インデアンさんはにぎわっています。十勝のソウルフードですね。

この後高速に上がり、北見に23時過ぎに到着。

お風呂に入ってぐっすり寝ました。

この日は、22時間くらい活動したことになります。大変疲れましたが、完走したので大満足です。

次回は、北見300kmに参戦予定。地元なので、道を間違えづらいとは思うのですが、中標津町は行ったことがない。どうなることでしょうか。

参加者の皆さん、またよろしくお願いします。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2017年7月 1日 (土)

BRM0618北海道200km新十勝に参戦 前半

お久しぶりです。

赴任先にPCがないと、なかなか更新がままなりません。

でも、時間が経つとブルベに出たことさえ忘れてしまいそうで、だいぶ経ちましたが記録しておきます。

TREK号になってから初めてのブルベ、AJ-北海道さん主催のBRM618新十勝に参戦してきました。

Sinntokati


昨年までは、海ルートでしたが、今回は山ルート。そのうえ見晴らしの良いところから十勝の風景を見せてあげたいとの主催さんの優しい(?)こころづかいからか、やたらに登る時間が長いコースでした。

苦労しながら、12時間15分程で完走することができましたので、その概略をお知らせします。

この日は、週末雨パターンから抜け出せて、良いお天気になりました。

北見の自宅から午前3時に出発。出発地点の帯広の森には、受付開始後の6時15分頃着きました。

もう少し早く出たほうがゆとりがあって良かったかな。

Dsc_0394


ブリーフィングの後、7時に出発。帯広特有の、朝肌寒く、その後どんどん気温が上がるパターンの天気。

出発時は、アームカバー、レッグカバー装着。

市街地をぬけて、十勝川温泉へ。7時58分、通過ポイント十勝平野展望台に到着。ここまで22.1km。

Dsc_0397

眺めがよろしいです。ここでは石碑に書いてある人の数字を記録するというミッションがありました。

早々に坂を下り、池田方面へ。このコースは、昨年も走ったことがあるので迷わず池田町へ。

池田駅を通り越して左に曲がり、PC1、有人ポイントに9時03分に到着。ここまで41.5km。

Dsc_0398

ここから田舎道をひたすら走り、本別を経由して上士幌町へ。

気温が上がってきたので、アームカバー、レッグカバーを脱いで、走ります。

Dsc_0399


PC2上士幌セブンイレブンに到着。ここまで95km。時間は記録がないのでわからないのですが、たぶんお昼頃。

いくつかお昼を食べるお店をチェックしていたので、上士幌の街をうろうろしましたが、全部お休み。

ブルベあるあるで、大きな町でないと日曜日はお休みが多いんですよね。ということで、セイコーマートがあったので、地べたに座ってコンビニめしになりました。

こんなことなら、さっきのセブンイレブンで食べとくべきだったと思い、ホットモットのかつどんを食べました。かつどん、十分おいしかったですけど、グルメが出来ずにちょっと残念でした。

さて、距離は半分来ましたが、新十勝コース、これからが本番です。

後半に続く・・・

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2017年5月21日 (日)

雪の石北峠ライド 120km

ネット環境が北見の家しかないので、なかなかリアルタイムで更新できません。

かなり遅れることになるのと記憶があいまいになることをご容赦願います。

ゴールデンウィークの最終日の5月7日(日)に、石北峠ライドしました。

土屋さんと北見駅で待ち合わせ。

6時43分の特急オホーツクで上川町まで輪行です。

Dsc_0358

汽車は、連休にもかかわらず空席があり、自転車は余裕で積めました。

連休最初は、バカ陽気でしたが、この日は曇りで気温も10℃前後。

でも、5月だから峠は大丈夫だろうと思っていましたが・・・

Dsc_0359


2時間ほど汽車の旅で、9時に上川町に到着。

自転車を組み立てて、出発です。基本的に国道39号線をひたすら東へ向かう単純コース。

Dsc_0360


自転車のセッテング。峠があるので軽装です。

層雲峡まで登り基調ですが、追い風もあって順調に進みます。

お昼近かったので、層雲峡のラーメン屋さんで一休み。

Dsc_0361_2

お昼を食べて、これからの石北峠までが山場。

かなりの登りが続くのでがんばらければなりません。

峠に近づくにつれて、天気が悪化。

特にあと2kmくらいになって、雪がちらついてきました。

気温もどんどん下がり、ほぼ0℃。

峠付近は、ほぼ吹雪!!

そんな中で、ひたすらペダルをこいで石北峠頂上です。

Dsc_0363


よく見ると雪が降っているのがわかると思います。

土屋さんより若干早く登ったので、峠の小屋のかげに避難して到着を待ちます。

この時、寒くて震えてました。

土屋さんが到着して、今度は峠からダウンヒル。

いつもは楽しいダウンヒルですが、この日は地獄でした。

指が出るグローブをはめていたのです。完全に選択間違いでした!

ブレーキをかけなければ、なんとかいけるのですが、石北峠ではそんなことは許されません。

常時ブレーキをかけなければならないのですが、、そうすると低温と雪で指先が凍傷になるかとおもうほど、痛い!!

とうとう立ち止まって、坂の途中で指先をさすります。

そんなこんなで、つらい思いのダウンヒルでした。

なんとか坂を降り切ると、雪や雨が止み、通常の天気となりました。

ここから下り基調&追い風10mで、今までにないアベレージで留辺蘂町まで走りました。

たぶん、35km/h~40km/mくらい。

風の力ってすごいですね。

体が冷え切っていたので、留辺蘂の国道沿のはせがわ亭へ。

温かいコーヒーと、ちょっと早い夕食を食べました。

Dsc_0364


はせがわ亭のタコライス。おいしかったです。

北見まで順調に走って自宅に到着!!

Dsc_0365


118.53km。今年初めての100km越えです。

Dsc_0366


雨と雪の中を走ってきたTREK号の雄姿です。

今回のライドで学んだことは、5月の連休と言えども、石北峠はなめちゃいけないということ。

雪が降ります!!

寒い以外は、全コース追い風だったので、天気予報を見ての上川輪行はありだなと思います。

とにかく自分の実力以上のスピードを体感できます。

でも指先までのグローブも忘れずに持っていきましょう!!(体験者からのアドバイスです)

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2017年5月 5日 (金)

ロングライド 訓子府まで 40km

今年2回目のロングライド。

4月30日(日)は、北見自宅から訓子府まで、片道18kmくらい。

普通の道を通って旧訓子府駅到着。

Dsc_0352


トレック号、拡大。

Dsc_0353


お昼をめがけてきました。

Dsc_0355


ふらっとカフェ駅茶屋さん。

Dsc_0354

ソースかつ丼。たまごでとじてないかつ丼。

おいしいです!大好き!

このカフェは、マンガもたくさんあって、食後はコーヒーで、マンガを読みます。

まったり休憩です。

帰りは北ルートを通り、自宅まで帰ります。

ちょっと距離が足りなかったので、自宅周辺をぐるぐる周り、ちょうど40kmでした。

あんまり登り坂もないコースで、このぐらいのゆるポタもいいですね。

今年は、まだ1度も100kmを越えていません。

ゆっくり距離を増やして行きたいと思っています。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2017年4月30日 (日)

誕生日プレゼント RC7

今年の4月、めでたく(?)59歳となりました。

時の経つのは早いものですね。来年は還暦となるのか~。

誕生日には、夫婦間で、お互いプレゼントをするのが慣例となっています。

ということで、今年のプレゼントは、サイクリングシューズ、シマノのRC7です。

Dsc_0351

先日、サイクリングシューズを見に自転車屋さん行ったところ、「いいのがありますよ」と見せてくれたのが、このシューズ。

普通は、ピッタリのサイズってなくて注文となることが多いのですが、私のサイズ、41.5がちょうどありました。

これは、買うしかないなあと思って、即決で買いました。

今までのシューズと比べて、とても軽いです。

ネットで調べてみると、245g(サイズ42)。ミドルグレードレーサーシューズです。

同じ運動を延々と繰り返す、ロードバイクは、わずかの重さの違いが、大きな違いとなります。

価格は、プレゼント予算、1万円では買えませんが、このお金がなければなかなか買えないシューズでした。

妻よありがとう!

この、シューズで今年はいろんなところに行ければいいなと思います。

Dsc_0349


マジックテープはつま先だけ。後は細いワイヤーで締めます。

ダイヤルをくるくるまわすと締まります。

先は、ワイドタイプで、足先が広がっている私の足にフィットします。

今のところ、痛みも出ずにいい感じです。

Dsc_0350

カラーは、白と赤があるようです。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2017年4月29日 (土)

お久しぶりです

昨年、日本ハムが日本一をなしとげて以来更新が滞っていました。

今年も日本一にと意気込んでいたのですが、なんと10連敗!!

昨日やっとの思いで連敗を抜け出し、明るい陽射しが射してきました。

大きく変わった日本ハムと同様、私の生活も大きく変わりました。

今年1月、度重なる引っ越しに嫌気が差し、自宅購入を決意。

不動産めぐりから始めて、家の決定、ローンの審査、本契約と、ばたばたと自宅への引っ越しを行いました。

と同時進行で、最後と思われる転勤が決定。

留辺蘂町から常呂町へと同じ北見市内ですが、80kmほど離れた町に住むことになりました。

ということで、4月1日に2回目の引っ越しをして、常呂町の公宅で単身赴任の身となりました。

自宅の北見市内と常呂町を行ったり来たりの生活を送っております。

さて、今年度の自転車計画ですが、7月下旬の釧路400kmブルベ完走を大きな目標に、練習やイベントに参加していきたいと考えております。

第2号ルイガノ号は北見宅に、第3号トレック号は常呂宅に置いて、なるべく朝トレをするようにしているのですが、なかなか忙しく、それほど距離は乗れてません。

今年は5月のブルベはないので、ゆっくり走れるようにしていこうかなと思っています。

ということで、これからたまたまマイペースで更新していこうと思ってますので、よろしくお願いします (=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2016年10月30日 (日)

やったー!日本ハム、日本一!!!

Dsc_0281


2016年の日本シリーズ、日本ハムVS広島は、4-2で日本ハムの勝利となりました。

敵地広島で2敗した時はどうなることかと思いましたが、札幌で徐々に自分達の野球を取り戻し、みごと4連勝。

念願の日本一になりました!!!

日本ハムファンを公言してから2年(まあ、表だって誰に言ったわけではないのですが・・・)、特に今年は、地上波がある時は、試合開始から試合終了まで応援し、地上派がないときはラジオで、それもかなわないときは、ネットの野球速報で試合経過をチェックしてきただけに、喜びもひとしおです。

栗山監督は、今年は優勝を掲げ、大谷を開幕戦に起用しましたが、ロッテに敗戦。開幕ダッシュに失敗し、勝率5割前後をうろうろ・・・。

野球解説者の優勝予想は、ソフトバンク100%。日本ハムを推す人は皆無でした。

そんな苦しい中でも、優勝を信じて止まない栗山監督。

苦しい中で、選手を信じ、打つ手をひとつひとつ打つ中で、試合を拾っていきました。

そして6月からの15連勝につながるのですが、連勝中も圧倒的な強さというわけではなく、日替わりヒーローで、奇跡的に勝利もたくさんありました。

そんな中でたどり着いた優勝!!!

そしてクライマックスシリーズでのソフトバンクとの対戦。

そして圧倒的不利に追い込まれながらも逆転した日本シリーズ。

栗山監督の言葉に「夢は正夢」というのがあります。

まさに日本一は、栗山監督、選手たち、そしてファンの夢。

その夢が正夢になったのです。

栗山監督、そして日本ハムの選手達。おめでとう!!!

そして感動をありがとう!!!

あと、#lovefitersタグの皆様、一年間野球を楽しませていただき、ありがとうございました。

ファンをやってみての感想ですが、決して嬉しいことばかりではないということ、。いや、苦しいことのほうが多いかもしれません。

試合に負けたときは、あそこでこうしていればよかったのに、何で打てないのに使うんだ、リーリーフのタイミングが遅いよ・・・、などと悔しい思いが・・・。

もっとみんな出来るはずなのに・・・という思いが・・・。

でも、それを乗り越えてきたからこそ、最後の喜びがあるのですね。

ファンというものは、苦しくて嬉しいもの。これが実感です。

今年は、いろいろとあったので、札幌ドーム応援は、出来なかったので、来年こそは行きたいなあと思います。

そして、来年も優勝して、2連覇を味わいたいと思います。

↓関係ないけど、よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2016年10月29日 (土)

アルテグラDi2ってどうなの?


Dsc_0280_2

3号トレック号の最大の特徴は、電動変速器が搭載されていること。

電動変速ってどうなのと思っている方に説明していきたいと思います。

Dsc_0270_2


右のシフトレバー。

右のぎざぎざ部分に触れると、リアのシフトダウン。(ギアが軽くなる)

左の部分に触れると、リアのシフトアップ。(ギアが重くなる)

左のシフトレバーは、フロントの変速。

右と反対になっていて、外側に触れるとシフトアップ(ギアが重くなる)

内側に触れると、シフトダウン。(ギアが軽くなる)

電動じゃないときは、どっこいしょという感じの変速でしたが、電動は軽く触れるだけで、変速しますので、すごく楽です。

特にフロントは、すごく軽く感じますので、こまめに変速できます。

坂道などでは、今までは、面倒なので重いギアのままでいいやと思うことが多いのですが、電動だとすぐに変速していまます。

根性は身につかないかもしれませんが、長距離を走る場合、こちらのほうが楽だと思います。

Dsc_0271_2


シフトレバーからの電線は、ステムの下のこの小さな機械につながっています。

そして電線で、ディレイラーにつながっています。

ゴムバンドでとめてあるだけなので、ちょっとこころもとない感じなんですが、振動あってもとれないところをみると、これでもいいのかもしれません。

シフトレバーを長押しするとバッテリー状態が表示されます。

Dsc_0278_2


写真のように、緑色は正常。バッテリーが減ってくると、緑色の点滅、さらには赤色に変わるようです。

Dsc_0276_2


バッテリー充電は、このようなコードを使います。

コンセントに差して、片方を先ほどの機械の接続します。

Dsc_0274_2


バッテリーは、ダウンチューブの中に内蔵されています。ボトルケージとその下のふたを外して取り出します。

ここははずしたことがないので、形状は不明です。

で、1回の充電でどれだけ走れるかと言うと、わかりません(笑)

買ってから今まで1回充電しただけなので、たぶん1000km以上は走ると思われます。

Dsc_0275_2


ハンドル周り。

ブレーキワイヤー2本以外は、細い線になっています。

今までと比べるとすっきりしています。

Dsc_0272_2


フロントディレイラー。

Dsc_0277_2


リアディレイラー。11速です。

リアに大きなギアがついれいるので、プーリー間は幅広くなっています。

ワイヤーではなく細い電線でつながっています。

以上、簡単な説明でしたが、イメージつかめたでしょうか?

電動で注意す点。自転車屋さんが言っていたことです。

イベントなどで出かける時に車の後部に寝せた状態で自転車を積むときがありますが、何かのはずみでシフトレバーが押された状態になってしまうことがあるそうです。

そんな時、いざ走り出すと、バッテリー0で、まったく変速できないということになるとのこと。注意しなくちゃいけませんね。

まとめると、電動変速はいいですよ~。

今回は、アルテグラDi2の紹介でした。

↓よかったらポチッとしてください。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

«2号ガヌー号をフラットペダルにしてみた

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

日本ブログ村

無料ブログはココログ